会議 : Cisco TelePresence MCU 4505

マルチポイント制御装置 カスケードする 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は単一 MCU で利用可能 な マルチポイント制御装置(MCU)ポートの数が不十分とき膨大な会議のための設定を説明したものです。 このような場合より大きい会議を作成するために別のものに 1 MCU を接続することは可能性のあるです。 この手法はカスケードすると呼ばれ、1 つの MCU 会議から別の MCU 会議にダイヤルすることを含みます。 各 MCU はローカル MCU 会議の追加参加要素として見られます。 この手法は参加要素に 1 人の参加要素の大きい比率しか会わない場合があるまたは別の MCU 制限しますので利用可能 なエクスペリエンスを。 カスケードは単一 マスター MCU と 1つ以上のスレーブ MCU の間に発生します。 エンドポイントはマスターかスレーブ MCU に接続することができます。 これらの接続は各スレーブ MCU のポートおよびマスター MCU のスレーブ毎に 1 つのポートを使用します。

カスケードされた会議の間にスレーブのアクティブなスピーカーからビデオはマスター MCU に MCU 送られます。 マスター MCU で、すべてのスレーブ MCU からのビデオおよび直接接続されたエンドポイントは会議レイアウトに従って混合されます。 エンドポイントにこれを転送するこのビューは各スレーブ MCU にそれから送られます。 これらのエンドポイントのそれぞれは機能に基づいてストリームの別々に符号化されたコピーを受け取ります。

Sateesh Katukam によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

MCU 1 を設定して下さい

  1. 最初 MCU で(この技術情報の MCU1 と呼ばれる)、エンドポイントを選択して下さい。
  2. H.323 を『Add』 をクリック して下さい。
  3. Name フィールドでは、MCU2 を入力して下さい。
  4. 呼出パラメータおよび視聴者参加番組一致パラメータ フィールドでは、MCU2 の IP アドレスを入力して下さい。
  5. デフォルト ファミリー意見で、フル スクリーン 1 人の参加要素を選択して下さい。

    : これは MCU1 に直接接続する参加要素が見るビューです。 この設定はカスケードがアクティブなとき MCU2 は MCU1 に 1 人の参加要素だけ一度に差し向けるようにするので重要です。

  6. 表示名上書きする フィールドでは、単一 スペースを入力して下さい。 これは MCU がカスケード リンクに沿う参加要素名前を MCU2 の参加要素の名前が表示されることを可能にする上書きすることを防ぎます。
  7. エンドポイントを『Add』 をクリック して下さい。
  8. > Add 新しい会議を『conference』 を選択 して下さい。
  9. Name フィールドでは、会議の名前を入力して下さい。
  10. 数字 ID フィールドでは、会議のための数値的な ID を入力して下さい(この技術情報で、333)。
  11. パーマネントを選択して下さい。
  12. 会議を『Add』 をクリック して下さい。 会議リストに戻ります。
  13. 新しい会議を選択し、参加要素をクリックして下さい。
  14. MCU1 に直接接続される参加要素を追加して下さい(これに関する詳細については、オンライン ヘルプを参照して下さい)。

MCU 2 を設定して下さい

MCU が直接通信し、次に会議に MCU1 を持って来ることができるようにステップ下記のセットアップ ゲートウェイ。 ゲートウェイはこの会議が発生する度にだけ一度設定される必要があり、使用されます。

  1. 第 2 MCU で(この技術情報の MCU2 と呼ばれる)、『Gateways』 を選択 して下さい。
  2. H.323 ゲートウェイを『Add New』 をクリック して下さい。
  3. Name フィールドでは、MCU1 を入力して下さい。
  4. Address フィールドでは、MCU1 の IP アドレスを入力して下さい。
  5. 必要であれば、2 MCU の間で呼出すのに使用する帯域幅を制限して下さい。
  6. 表示名上書きする フィールドでは、単一 スペースを入力して下さい。 これは MCU がカスケード リンクに沿う参加要素名前を MCU1 の参加要素の名前が表示されることを可能にする上書きすることを防ぎます。
  7. H.323 ゲートウェイを『Add』 をクリック して下さい。
  8. エンドポイントを選択し、H.323 を『Add』 をクリック して下さい。
  9. Name フィールドでは、MCU1 会議にカスケードを 333 入力して下さい。
  10. 呼出 Address フィールドでは、333 を入力して下さい。
  11. 323 Gateway フィールドでは、MCU1 を入力して下さい。
  12. デフォルト ファミリー View フィールドで、フル スクリーン 1 人の関係者を選択して下さい。
  13. 自動切断フィールドで、『Enabled』 を選択 して下さい。 これはカスケードが会議の終わりに自動切断されることを意味します。
  14. エンドポイントを『Add』 をクリック して下さい。

会議を設定して下さい

MCU1 の会議を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 会議を選択し、会議を『Add New』 をクリック して下さい。
  2. Name フィールドでは、会議の名前を入力して下さい。
  3. 約定義される数字 ID フィールドでは、数字 ID を入力して下さい(この例でこれは 333)あります。
  4. 数字 ID 登録チェックボックスが選択されないことを確認して下さい。
  5. パーマネントを選択して下さい。
  6. 勧誘では前もって構成された参加要素フィールドは、少なくとも 1 人の他の参加要素がいると選択します。
  7. 前もって構成された参加要素をクリックして下さい。
  8. 323 を選択して下さい: MCU1 会議に 333 カスケードして下さい
  9. 会議に加入したいと思う他のどの前もって構成された参加要素も選択して下さい。
  10. 会議設定への戻りをクリックして下さい。
  11. 会議を『Add』 をクリック して下さい。 会議リストに戻ります。
  12. 新しい会議を選択し、参加要素をクリックして下さい。
  13. この MCU に直接接続される参加要素を追加して下さい。

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

MCU1 の会議は開始するとすぐ、MCU2 会議 333 を含む前もって構成されたエンドポイントを呼出します。 これは意味します MCU を一緒にカスケードする MCU2 の会議 333 に直接呼出すことを。 両方の MCU の会議 333 に接続されるエンドポイントは同じ会議に加わります。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118763