ビデオ : Cisco TelePresence MX700

MX700 スピーカー トラブルシューティング 機能性および接続

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は単一および二重カメラのための Cisco TelePresence MX700 スピーカーおよび基本的なスピーカー トラブルシューティングの基本的な機能性を説明したものです。

Ankita Kanyal によって貢献される、Cisco TAC エンジニア

機能

MX700 スピーカー 機能性

個人がリモートサイトから話す場合、音声は両側(権限および左モニタのための第 3 スピーカー)のためのセンター スピーカーで主に聞かれます。

現在の TelePresence コーデック(TC)ソフトウェアによって(TC バージョン 7.3 現在で)、MX700/800 システムのコーデックはカスタム拡声器 2 台の論理的な(残/権利)拡声器を総合するためにアレイ処理を使用します。

すべての拡声器は 1 つのスピーカーだけがチャネルごとに使用されます、より低い周波数で使用中、が高周波でです。 より低い中央周波数に関しては、音は利用可能 な拡声器のサブセットの中で配られます。 この動作はコーデック ソフトウェアによって完全に定義されます、従って動作への以降アップグレードはフィールドのすべてのシステムに寄与します。

それ故に、オーディオはスピーカーすべてによってされません。 周波数のある特定のレベルだけ異なるスピーカーから聞こえます。 たとえば、コーデックに接続される PC からの曲をする場合センター スピーカーだけが曲を主にします、他が低音/ミュージック/低周波だけをする一方。

  • 下部の周波数 コンテンツは低音ドライバで常にされます。
  • より低い中央周波数は画面の上の複数の拡声器間で配られます。

トラブルシューティング

MX700 スピーカー 接続

ケーブル接続を確認するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. スピーカーが監視の上に直接置かれ、白いパネルでカバーされることを確認して下さい。 カバーを取り外す場合、両方の監視の上のスピーカーを表示できます。



  2. 最初の 2 台のカメラを(カメラの隣で)取除けば、これらのポートが表示されます:



    ポート 2 および 1 で接続されるケーブルはここにあります(前のイメージのレッドでマークされて)。



  3. 以前にマークされたそのポート 2 を接続してもらいますこのケーブルを確認して下さい(3 つのネットワーク):



  4. ポート 1 にそれに接続されるこのケーブルがあることを確認して下さい(2 つのネットワーク):



    : ポート 2 に接続されるケーブルが 3 つのネットワークとの 1 であり、ポート 1 に接続されるケーブルに 2 つのネットワークがあることを確認して下さい。 これら二つのケーブルが交換される場合、オーディオはきちんと展開しません。

二重カメラ ケーブル接続(二重カメラとの MX700)

左モニタの上のスピーカーに関しては、3 つの左端のスピーカーは分類されるポート 2 に(以前に示されている)接続し、右の 2 つのスピーカーは分類されるポート 1.に接続する必要があります。 右のモニタの上のスピーカーに関しては、カメラから最初の 3 つのスピーカーは(左から右)分類されるポート 2 に接続し、他はポート 1.に接続する必要があります。

単一カメラとの MX700

単一カメラと MX700 コーデックが付いている同じ接続を使用して下さい。 ケーブルが確認されたら、スピーカーが TC バージョン 7.3 および それ 以降のために機能することテストするためにこのコマンドを実行して下さい:

xcommand experimental audio speakercheck

CLI からのコマンドを実行した後、各スピーカーからの音を順次に聞きます(各スピーカーからの幾つかの秒のためにスピーカーを確認するためか。この出力が s 接続によって/機能性)および表示されます:

OK
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 1 Detected: "No"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 2 Detected: "Yes"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 3 Detected: "No"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 4 Detected: "Yes"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 5 Detected: "No"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 6 Detected: "No"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 7 Detected: "No"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 8 Detected: "No"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 9 Detected: "No"
*r AudioSpeakerarrayResult Speaker 10 Detected: "No"
** end

デフォルト測定単位長さは拡声器毎に 1秒です。 理想的にはコマンドからの出力はすべてのスピーカーのための Yes であるはずです偽陰性は起こるかもしれません。 オプションパラメータ測定単位長さの測定単位長さを増加する場合、テストのロバストネスを改善できます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118764