音声 : メディア ゲートウェイ コントロール プロトコル(MGCP)

FAX-MGCP はガイドを解決します

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はこれらのステップを含むファクシミリを解決するために最も有効なアプローチの 1 つを記述したものです:

  1. 2 つのレグにコールを分割して下さい。
  2. 各レグのプロトコル(SIP/H.323/SCCP/MGCP)を確認して下さい。
  3. レグを選択し、次にコールがそのレグで着信または発信であるかどうか、そして関連付けられるゲートウェイ/エンドポイントは終端ゲートウェイ(TGW ことを)または相応じて発信ゲートウェイ(OGW)であるかどうか確認して下さい。

4 人の部にファックス コールを分割できます:

  1. 音声コールを設定して下さい
    • 、ダイヤル オフフック、リング、返事
    • (CNG)呼出すことおよび Equipment 呼出された Identification (CED)トーン
  2. スイッチオーバ
    • コーデック アップスピード/修正
    • DSP でディセーブルにされる Voice Activation Detection (VAD)
    • ジッタ バッファは適応性があるから固定最適値に移行しました
  3. 前メッセージ手順
    • ファクシミリ端末装置識別機構
    • 機能は設定交換し、
    • トレーニング
  4. 内部メッセージおよびポスト メッセージ手順
    • ページの伝達
    • 誤り検出 と 訂正(ECM)
    • メッセージの終わりおよびページ確認
    • オンフック 呼出し切断

このコールフローは Media Gateway Control Protocol (MGCP)が確認されるプロトコルのとき探すためにメッセージが含まれています。 エンドポイントが TGW または OGW であるかどうか基づく対応するセクションがあります。

: 次の セクションの表では、T.38 両方のリレーおよびパススルーは同時にテストされ、G3 と SG3 の違いは指摘されました。

Karan Moudgil によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

TGW - MGCP レグで着信 ファックス コール

次の注意してください。

  • T.38 - Delay<1000ms は、Jitter<300ms、パケットロス 冗長性の T.38 どれもであるはずではないです。
  • パススルー- Delay<1000ms は、Jitter<30ms、パケットロスどれもであるはずです。
  • プロトコルは基づかせていましたスイッチオーバ-これは基づく規格です。
  • NSE は基づかせていましたスイッチオーバ-これは専有で、Cisco 音声 ゲートウェイの間でだけはたらきます。
パススルーT.38 リレー
基づくプロトコル基づく NSE基づくプロトコル基づく NSE

基づくファクシミリ パススルー プロトコルは MGCP でサポートされません。

GW---------------CUCM/GW

<------------CRCX-------------

X が 1f L: p:20、a: pCMU、s: を離れて、t:b8
M: recvonly
R: D/[0-9ABCD*#]
Q: プロセス、ループ




------------200 OK----------->

I: 3
!--接続識別番号は 18
c=IN IP4 209.165.201.1

m=audio 18138 RTP/AVP 0 100
a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=fmtp:100 192-194


<-----------MDCX------------

I: 3
X が 1f
L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:b8
M: sendrecv
R: D/[0-9ABCD*#]
S:
Q: プロセス、ループ

!--接続識別番号は 18
s=Cisco SDP 0
t=0 0
m=audio 17314 RTP/AVP 0
c=IN IP4 209.165.201.2



VTSP があるように示します確認して下さい:
By=Voice 無効ポートをファックスして下さい、
プライマリ ファクシミリ Protocol=NONE_FAX
_RELAY、
フォールバック ファクシミリ Protocol=NONE_FAX
_RELAY



------------200 OK------------>

GW--------CUCM/GW

<--------CRCX----------

X が 1f

L: a:image/t38、s: を離れて、t:b8、fxr/fx:t38
M: recvonly
R: D/[0-9ABCD*#]
Q: プロセス、ループ

 ---------200 OK-------->

!--接続識別番号は 18
c=IN IP4 209.165.201.1
m=audio 18184 RTP/AVP 0 8 18 99 101 102 15 103 4 104 105 106 125 100
a=rtpmap:18 G729/8000
a=fmtp:18 annexb=no
a=rtpmap:99 G726-16/8000
a=rtpmap:101 G726-24/8000
a=rtpmap:102 G726-32/8000
a=rtpmap:103 G7231-H/8000
a=rtpmap:104 G7231-L/8000
a=rtpmap:105 G7231a-H/8000
a=rtpmap:106 G7231a-L/8000
a=rtpmap:125 GnX64/8000
a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=fmtp:100 200-202
a=X-sqn:0
a=X-cap: 1 可聴周波 RTP/AVP 100
a=X-cpar: a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=X-cpar: a=fmtp:100 200-202
a=X-cap: 2 イメージ udptl t38



<--------MDCX--------

I: 3
X が 1f
L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:b8、fxr/fx:t38
M: sendrecv
R: D/[0-9ABCD*#]、FXR/t38
S:
Q: プロセス、ループ
!--接続識別番号は 18
s=Cisco SDP 0
t=0 0
m=audio 18698 RTP/AVP 0
c=IN IP4 209.165.201.2
a=X-sqn:0

a=X-cap:1 イメージ udptl t38


VTSP があるように示します確認して下さい:
Relay=ENABLED をファックスして下さい
プライマリ ファクシミリ Protocol=T38_FAX
_RELAY、フォールバック ファクシミリ Protocol=NONE_FAX
_RELAY
Fax Relay CM 抑制: =ENABLED、
Fax Relay ANS 抑制: =DISABLED



---------200 OK-------->

GW------------CUCM/GW

<----------CRCX------------

X が 1f

L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:b8
M: recvonly
R: D/[0-9ABCD*#]
Q: プロセス、ループ


------------200 OK---------->

I: 4
!--接続識別番号は 18
c=IN IP4 209.165.201.1
m=audio 19126 RTP/AVP 0 100
a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=fmtp:100 200-202
a=X-sqn:0
a=X-cap: 1 可聴周波 RTP/AVP 100

a=X-cpar: a=rtpmap:
100 X-NSE/8000
a=X-cpar: a=fmtp:100 200-202
a=X-cap: 2 イメージ udptl t38



<----------MDCX-----------

I: 4
X が 1f
L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:b8
M: sendrecv
R: D/[0-9ABCD*#]
S:
Q: プロセス、ループ
!--接続識別番号は 18
s=Cisco SDP 0
t=0 0
m=audio 17168 RTP/AVP 0
c=IN IP4 209.165.201.2



VTSP があるように示します確認して下さい:
Relay=ENABLED をファックスして下さい
プライマリ ファクシミリ Protocol=
T38_FAX_RELAY、フォールバック ファクシミリ Protocol=NONE_
FAX_RELAY
Fax Relay CM 抑制:
=ENABLED、
Fax Relay ANS 抑制:
=DISABLED



-----------200 OK---------->

 

GW--------------------------------------------------CUCM/GW

<========AUDIO==========>



ファクシミリが話すと同時にこの段階で確立される可聴周波コールしかし可聴周波コールのトーンを交換します。

最初の T.30 はこれらが RTP で常に送信 されると同時にある調子を与えます(デバッグで見られる場合がありません。)


G3 FAX:

<<<<<<<<<<CNG<<<<<<<<<<<

1100 Hz、.5 秒の 3 秒毎に。 呼出す nonspeech ターミナルを示します。



>>>>>>>>>>CED>>>>>>>>>>>

2.6 - 4.0 秒の間に持続する 2100 Hz トーン。 伝送経路の反響抑制器をディセーブルにします。



SG3 FAX:
<<<<<<<<<<CNG<<<<<<<<<<<

1100 Hz、.5 秒の 3 秒毎に。 呼出す nonspeech ターミナルを示します。



>>>>>>>>>>ANSAM>>>>>>>>>

CED として 2100 Hz トーン、しかし振幅は位相の反転の 15 Hz で正弦波で 450 ミリ秒毎に調整しました

<<<<<<<<<<CM<<<<<<<<<<<<

>>>>>>>>>>JM >>>>>>>>>>>>

<<<<<<<<<<CJ<<<<<<<<<<<<

V.34 初期化(フェーズ 2-4)



TGW はトーンの V.21 プリアンブルを検出するために待っています。 それは CED トーン(G3)または ANSAM (SG3)でそれを見つけます。 それが V.21 フラグを検出する、スイッチオーバを初期化します。



VTSP があるように示します確認して下さい:
Event=E_DSMP_DSP_MODEM_TONE



スイッチオーバのタスクの 1 つはから固定最適値バッファリングさせますへのジッタに遷移を適応性があるです。

ファクシミリ パススルーはジッタか再生バッファのためにスイッチオーバの前に最後の音声 モード設定を使用します。 プレイアウト遅延の現在 の 値をチェックするために show voice port X/X/X コマンドを入力して下さい。

GW--------------------------------------------------CUCM/GW

<========AUDIO==========>



ファクシミリが話すと同時にこの段階で確立される可聴周波コールしかし可聴周波コールのトーンを交換します。


最初の T.30 はこれらが RTP で常に送信 されると同時にある調子を与えます(デバッグで見られる場合がありません。)


G3 FAX:

<<<<<<<<<<CNG<<<<<<<<<<<

1100 Hz、.5 秒の 3 秒毎に。 呼出す nonspeech ターミナルを示します。



>>>>>>>>>>CED>>>>>>>>>>>

2.6 - 4.0 秒の間に持続する 2100 Hz トーン。 伝送経路の反響抑制器をディセーブルにします。




SG3 FAX:
<<<<<<<<<<CNG<<<<<<<<<<<

1100 Hz、.5 秒の 3 秒毎に。 呼出す nonspeech ターミナルを示します。



>>>>>>>>>>ANSAM>>>>>>>>>

CED として 2100 Hz トーン、しかし振幅は位相の反転の 15 Hz で正弦波で 450 ミリ秒毎に調整しました



Ciscoゲートウェイ T.38 のサポート G3 ファックス コールだけ。 きちんと SG3 呼び出しのより高い速度を処理するために、モデム パススルーは使用する必要があります。

V.34 初期化(フェーズ 2-4)存在無し。 最初の V.8 フェーズ I はまた完了しません。 OGW squelchs は SG3 として CM トーン G3 に G3 ファクシミリ規格と下位互換、ファクシミリ フェールオーバーであり。



>>>>>>>>>CED>>>>>>>>>>>

2.6 - 4.0 秒の間に持続する 2100 Hz トーン。 伝送経路の反響抑制器をディセーブルにします。



TGW はトーンの V.21 プリアンブルを検出するために待っています。 それは CED トーン(G3)または ANSAM (SG3)でそれを見つけます。 それが V.21 フラグを検出する、スイッチオーバを初期化します。



VTSP があるように示します確認して下さい:
VTSP: Event=E_DSMP_DSP_FAX_TONE



DSMP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MC_START



スイッチオーバのタスクの 1 つはから固定最適値バッファリングさせますへのジッタに遷移を適応性があるです。

T.38 は 300 ms によって修復されるジッタか再生バッファを使用します。 遅延が高い場合バッファ時間を減らすために音声ポートの下で playout-delay ファクシミリ 100 コマンドを入力して下さい。 プレイアウト遅延の現在 の 値をチェックするために show voice port X/X/X コマンドを入力して下さい。

基づくプロトコル基づく NSE基づくプロトコル基づく NSE

基づくファクシミリ パススルー プロトコルは MGCP でサポートされません。

G3 FAX:

GW---------------CUCM/GW

======NSE192======>

パススルー モードへのアップスピード コーデックおよびスイッチ。



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MODIFY_
MEDIA_IND

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

Pt:100 Evt:192 Pkt:00 00 00 <Snd>>>



<====NSE192=======



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSMP_DSP_REPORT_
PEER_TO_PEER

_MSG

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

<<<Rcv> Pt:100 Evt:192 Pkt:00 00 00



SG3 FAX:

GW---------------CUCM/GW

======NSE192======>

パススルー モードへのアップスピード コーデックおよびスイッチ。



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MODIFY_
MEDIA_IND

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

Pt:100 Evt:192 Pkt:00 00 00 <Snd>>>



<=====NSE192========



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSMP_DSP_REPORT_
PEER_TO_PEER

_MSG

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:
<<<Rcv> Pt:100 Evt:192 Pkt:00 00 00


======NSE193=======>

ANSam ディセーブル ECAN の検出 位相の反転。



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MODIFY_
MEDIA_IND

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

Pt:100 Evt:193 Pkt:00 00 00 <Snd>>>



<=====NSE193========



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSMP_DSP_
REPORT_PEER_TO_PEER

_MSG

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

<<<Rcv> Pt:100 Evt:193 Pkt:00 00 00



: NSE-194 は無音または搬送波消失 検出の 4 秒のローカル検出によって引き起こされます。 このメッセージは音声 モードに戻るようにリモートゲートウェイに指示します。 基本的には、NSE-192 によって行うすべての変更をおよび NSE-193 は取消されます。



show call active voice brief は示します: MODEMPASS nse

GW--------CUCM/GW

----------NTFY--------->

N: ca@209.165.201.3:2427
X が 1f

O: FXR/t38(start)


<--------200OK---------

<--------MDCX---------

 I: 3
X が 1f
L: a:image/t38
M: sendrecv
R: D/[0-9ABCD*#]、
FXR/t38
S:
Q: プロセス、ループ
!--接続識別番号は 18
s=Cisco SDP 0
t=0 0 m=image 18698 udptl t38
c=IN IP4 209.165.201.2
a=X-sqn:0
a=X-cap:1 イメージ udptl t38



----------200OK-------->

!--接続識別番号は 18
c=IN IP4 209.165.201.1 m=image 18184 udptl t38
a=X-sqn:0
a=X-cap: 1 可聴周波 RTP/AVP 100
a=X-cpar: a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=X-cpar: a=fmtp:100 200-202
a=X-cap: 2 イメージ udptl t38




show call active voice brief は示します: t38

 

G3 FAX:

GW-----------CUCM/GW

=====NSE200======>

音声 モードからの T.38 への遷移



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MODIFY_
MEDIA_IND

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

Pt:100 Evt:200 Pkt:00 00 00 <Snd>>>



<====NSE201=======

受け取った T.38 ACK は T.38 セッションを開始するように TGW に指示します



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSMP_DSP_REPORT_
PEER_TO_PEER

_MSG

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

<<<Rcv> Pt:100 Evt:201 Pkt:00 00 00



SG3 FAX:

CM トーンを押しつぶすことによって SG3 に G3 をスプーフィングするので、T38 リレーに SG3 FAX シナリオがありません。



: NSE-202 は示す NSE-200 メッセージへピアゲートウェイはコールのための T.38 パケットを処理できないことを NACK です。 コールは音声 モードのままになり、T.38 に切り替えません。



コール アクティブな音声要約がどのように示すか:
t38

パススルーですべてのトーンが G711ulaw/alaw のオーディオのような RTP で入ると同時にデバッグからの T.30 メッセージを表示されることができません。 ただし、FAX トーン ネゴシエーションはリレーかパススルーに関係なく変わりません。



GW--------------------------------------------------CUCM/GW

>>>>>>>>>CSI>>>>>>>>>>> (オプションの) (着呼側加入者識別子)
>>>>>>>>>NSF>>>>>>>>>>> (オプションの) (標準外ファシリティ)
>>>>>>>>>DIS>>>>>>>>>>> (デジタル 識別 符号)

<<<<<<<<<TSI<<<<<<<<<<< (オプションの) (transmitting subscriber identification)
<<<<<<<<<DCS<<<<<<<<<< (デジタル コマンド場合)

<++++++++++TCF++++++++++ (高速) (トレーニング チェック)

>>>>>>>>>>>CFR>>>>>>>>>> (受け取るべき確認)

TCF、失敗されるトレーニング T1/E1 のチェック時間を記録することおよびスリップを意味する FTT をここに見れば。 パケットキャプチャ チェックで TCF はオール 0 であるはずです。

<++++Partial ページ RX+++++++ (高速)
<<<<<<<<PPS/EOM<<<<<<<< ((部分的なページ 送信 された)/メッセージの終わり)

>>>>>>>>>MCF>>>>>>>>>>> (メッセージ確認)



<++++Partial ページ RX+++++++ (高速)
<<<<<<<<PPS/EOP<<<<<<<< ((部分的なページ 送信 された)/プロシージャの終わり)

>>>>>>>>>MCF>>>>>>>>>>> (メッセージ確認)



<<<<<<<<<<DCN<<<<<<<<<< (接続解除)



: ECM は G3 のためにオプション、SG3 のために必須でありではない。 パススルーの SG3 速度を実現できるように ECM がファクシミリ用のファクシミリで成功するために有効に なることを確かめて下さい。
また、G3 に TCF トレーニング場合が必要となりますが、SG3 のための適用されないです。



: パススルーに関しては、64kbps (g711)の共通チャネルは割り当てられます。 このように、メッセージのより高いのおよび低速は関係がなくなります。

T38 スイッチオーバが正常である場合、これらのメッセージはデバッグで見られます:

VTSP があるように示します確認して下さい:
event:E_CC_T38_START



DSMP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MC_LOCAL_DNLD_DONE



debug fax relay t30 all-level-1:
timestamp=1321430729 fr-msg-det NSF
timestamp=1321431129 fr-msg-det CSI
timestamp=1321431879 fr-msg-det DIS
timestamp=1321435719 fr-msg-tx TSI
timestamp=1321436329 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト
timestamp=1321436329 fr-msg-tx よい CRC、0 バイト
timestamp=1321436439 fr-msg-tx DCS
timestamp=1321436619 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト
timestamp=1321441499 fr-msg-det CFR
timestamp=1321461449 fr-msg-tx PPS
timestamp=1321461639 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト
timestamp=1321463099 fr-msg-det MCF
timestamp=1321466789 fr-msg-tx DCN
timestamp=1321466869 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト
timestamp=1321466869 fr-msg-tx よい CRC、0 バイト



GW--------------------------------------------------CUCM/GW

>>>>>>>>>CSI>>>>>>>>>>> (オプションの) (着呼側加入者識別子)
>>>>>>>>>NSF>>>>>>>>>>> (オプションの) (標準外ファシリティ)
>>>>>>>>>DIS>>>>>>>>>>> (デジタル 識別 符号)

<<<<<<<<<TSI<<<<<<<<<<< (オプションの) (transmitting subscriber identification)
<<<<<<<<<DCS<<<<<<<<<< (デジタル コマンド場合)

<++++++++++TCF++++++++++ (高速) (トレーニング チェック)

>>>>>>>>>>>CFR>>>>>>>>>> (受け取るべき確認)

TCF、失敗されるトレーニング T1/E1 のチェック時間を記録することおよびスリップを意味する FTT をここに見れば。 パケットキャプチャ チェックで TCF はオール 0 であるはずです。

<++++Partial ページ RX+++++++ (高速)
<<<<<<<<PPS/EOM<<<<<<<< ((部分的なページ 送信 された)/メッセージの終わり)

>>>>>>>>>MCF>>>>>>>>>>> (メッセージ確認)



<++++Partial ページ RX+++++++ (高速)
<<<<<<<<PPS/EOP<<<<<<<< ((部分的なページ 送信 された)/プロシージャの終わり)

>>>>>>>>>MCF>>>>>>>>>>> (メッセージ確認)



<<<<<<<<<<DCN<<<<<<<<<< (接続解除)

基づくプロトコル基づく NSE基づくプロトコル基づく NSE
N/A

「conf t」は構成を水平にします:

## mgcp デフォルト パッケージ fxr パッケージ無し

## mgcp パッケージ機能 fxr パッケージ無し

## mgcp モデム パススルー VOIPモード nse

## mgcp モデム パススルー voip コーデック g711ulaw

## mgcp ファクシミリ t38 は禁じます

## mgcp ファクシミリ t38 NSF 000000

## ccm-manager ファクシミリ プロトコル無し

## mgcp ファクシミリ t38 ecm 無し   

「conf t」は構成を水平にします:

## ccm-manager ファクシミリ プロトコル無し Cisco

## mgcp ファクシミリ t38 ls_redundancy 0
## mgcp ファクシミリ t38 hs_redundancy 0

## mgcp デフォルト パッケージ fxr パッケージ

## mgcp パッケージ機能 fxr パッケージ

mgcp ファクシミリ t38 を禁じてはいけない ##

## mgcp ファクシミリ t38 NSF 000000

## mgcp ファクシミリ t38 ecm 無し

## mgcp Fax Relay sg3-to-g3

## mgcp ファクシミリ比率 14400

「conf t」は構成を水平にします:

## ccm-manager ファクシミリ プロトコル無し Cisco

## mgcp ファクシミリ t38 ゲートウェイ強制

## mgcp ファクシミリ t38 ls_redundancy 0
## mgcp ファクシミリ t38 hs_redundancy 0

mgcp ファクシミリ t38 を禁じてはいけない ##

## mgcp ファクシミリ t38 NSF 000000

## mgcp ファクシミリ t38 ecm 無し

## mgcp Fax Relay sg3-to-g3

## mgcp タイマー nse 応答 t38 200

## mgcp ファクシミリ比率 14400

OGW - MGCP レグで発信 ファックス コール

次の注意してください。

  • T.38 - Delay<1000ms は、Jitter<300ms、パケットロス 冗長性の T.38 どれもであるはずではないです。
  • パススルー- Delay<1000ms は、Jitter<30ms、パケットロスどれもであるはずです。
  • プロトコルは基づかせていましたスイッチオーバ-これは基づく規格です。
  • NSE は基づかせていましたスイッチオーバ-これは専有で、Cisco 音声 ゲートウェイの間でだけはたらきます。
パススルーT.38 リレー
基づくプロトコル基づく NSE基づくプロトコル基づく NSE

基づくファクシミリ パススルー プロトコルは MGCP でサポートされません。

GW--------------CUCM/GW

<-----------CRCX-------------

X が 1 つの L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:00
M: recvonly
R: D/[0-9ABCD*#]
Q: プロセス、ループ

-----------200 OK------------>

I: 2
!--接続識別番号は 18
c=IN IP4 209.165.201.1

m=audio 18138 RTP/AVP 0 100
a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=fmtp:100 192-194


<----------MDCX-------------

I: 2
X が 1
L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:b8
M: sendrecv
R: D/[0-9ABCD*#]
S:
Q: プロセス、ループ

!--接続識別番号は 18
s=Cisco SDP 0
t=0 0
m=audio 18912 RTP/AVP 0
c=IN IP4 209.165.201.2

 

VTSP があるように示します確認して下さい:
By=Voice 無効ポートをファックスして下さい、
プライマリ ファクシミリ Protocol=NONE_FAX
_RELAY、
フォールバック ファクシミリ Protocol=NONE_FAX
_RELAY



-----------200 OK----------->

GW--------------CUCM/GW

<-----------CRCX-------------

X が 1
L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:00
M: recvonly
R: D/[0-9ABCD*#]
Q: プロセス、ループ


------------200 OK----------->

I: 2

!--接続識別番号は 18
c=IN IP4 209.165.201.1
m=audio 18186 RTP/AVP 0 100
a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=fmtp:100 200-202
a=X-sqn:0
a=X-cap: 1 可聴周波 RTP/AVP 100
a=X-cpar: a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=X-cpar: a=fmtp:100 200-202
a=X-cap: 2 イメージ udptl t38



<----------MDCX------------

I: 2
X が 1

L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:b8、fxr/fx:t38
M: sendrecv
R: D/[0-9ABCD*#]、FXR/t38
S:
Q: プロセス、ループ
!--接続識別番号は 18
s=Cisco SDP 0
t=0 0
m=audio 16882 RTP/AVP 0
c=IN IP4 209.165.201.2
a=X-sqn:0
a=X-cap:1 イメージ udptl t38



VTSP があるように示します確認して下さい:
Relay=ENABLED をファックスして下さい
プライマリ ファクシミリ Protocol=T38_FAX_RELAY、フォールバック ファクシミリ Protocol=NONE_
FAX_RELAY
Fax Relay CM 抑制: =ENABLED、
Fax Relay ANS 抑制: =DISABLED



-------------200 OK----------->

GW-------CUCM/GW

<-------CRCX-----------

X が 1
L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:b8
M: recvonly
R: D/[0-9ABCD*#]
Q: プロセス、ループ


--------200 OK-------->

I: 3
!--接続識別番号は 18
c=IN IP4 209.165.201.1
m=audio 16724 RTP/AVP 0 100
a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=fmtp:100 200-202
a=X-sqn:0
a=X-cap: 1 可聴周波 RTP/AVP 100
a=X-cpar: a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=X-cpar: a=fmtp:100 200-202
a=X-cap: 2 イメージ udptl t38


<-------MDCX---------

I: 3
X が 1
L: p:20、a: PCMU、s: を離れて、t:b8
M: sendrecv
R: D/[0-9ABCD*#]
S:
Q: プロセス、ループ
!--接続識別番号は 18
s=Cisco SDP 0
t=0 0
m=audio 18806 RTP/AVP 0
c=IN IP4 209.165.201.2



VTSP があるように示します確認して下さい:
Relay=ENABLED をファックスして下さい
プライマリ ファクシミリ Protocol=
T38_FAX_RELAY、フォールバック ファクシミリ Protocol=NONE_
FAX_RELAY
Fax Relay CM 抑制:
=ENABLED、
Fax Relay ANS 抑制:
=DISABLED

 

--------200 OK--------->

GW--------------------------------------------------CUCM/GW

<========AUDIO==========>



ファクシミリが話すと同時にこの段階で確立される可聴周波コールしかし可聴周波コールのトーンを交換します。

最初の T.30 はこれらが RTP で常に送信 されると同時にある調子を与えます(デバッグで見られる場合がありません)


G3 FAX:

>>>>>>>>>>CNG >>>>>>>>>>>

1100 Hz、.5 秒の 3 秒毎に。 呼出す nonspeech ターミナルを示します。



<<<<<<<<<<CED<<<<<<<<<<<

2.6 - 4.0 秒の間に持続する 2100 Hz トーン。 伝送経路の反響抑制器をディセーブルにします。


SG3 FAX:
>>>>>>>>>>CNG >>>>>>>>>>>

1100 Hz、.5 秒の 3 秒毎に。 呼出す nonspeech ターミナルを示します。



<<<<<<<<<<ANSAM<<<<<<<<

CED として 2100 Hz トーン、しかし振幅は位相の反転の 15Hz で正弦波で 450 ミリ秒毎に調整しました


>>>>>>>>>>CM >>>>>>>>>>>>

<<<<<<<<<<JM<<<<<<<<<<<<

>>>>>>>>>>CJ >>>>>>>>>>>>

V.34 初期化(フェーズ 2-4)



OGW はトーンの V.21 プリアンブルを検出するために TGW を待っています。 TGW が V.21 フラグを検出する、スイッチオーバを初期化します。


スイッチオーバのタスクの 1 つはから固定最適値バッファリングさせますへのジッタに遷移を適応性があるです。

ファクシミリ パススルーはジッタか再生バッファのためにスイッチオーバの前に最後の音声 モード設定を使用します。 プレイアウト遅延の現在 の 値をチェックするために show voice port X/X/X コマンドを入力して下さい。

GW--------------------------------------------------CUCM/GW

<========AUDIO==========>



ファクシミリが話すと同時にこの段階で確立される可聴周波コールしかし可聴周波コールのトーンを交換します。


最初の T.30 はこれらが RTP で常に送信 されると同時にある調子を与えます(デバッグで見られる場合がありません)


G3 FAX:

>>>>>>>>>>CNG >>>>>>>>>>>

1100 Hz、.5 秒の 3 秒毎に。 呼出す nonspeech ターミナルを示します。



<<<<<<<<<<CED<<<<<<<<<<<

2.6 - 4.0 秒の間に持続する 2100 Hz トーン。 伝送経路の反響抑制器をディセーブルにします。



SG3 FAX:
>>>>>>>>>>CNG >>>>>>>>>>>

1100 Hz、.5 秒の 3 秒毎に。 呼出す nonspeech ターミナルを示します。



<<<<<<<<<<ANSAM<<<<<<<<

CED として 2100 Hz トーン、しかし振幅は位相の反転の 15Hz で正弦波で 450 ミリ秒毎に調整しました



>>>CM>>X



Ciscoゲートウェイ T.38 のサポート G3 ファックス コールだけ。 きちんと SG3 呼び出しのより高い速度を処理するために、モデム パススルーは使用する必要があります。

V.34 初期化(フェーズ 2-4)存在無し。 最初の V.8 フェーズ I はまた完了しません。 OGW squelchs は SG3 として CM トーン G3 に G3 ファクシミリ規格と下位互換、ファクシミリ フェールオーバーであり。



<<<<<<<<<<CED<<<<<<<<<<<

2.6 - 4.0 秒の間に持続する 2100 Hz トーン。 伝送経路の反響抑制器をディセーブルにします。


OGW はトーンの V.21 プリアンブルを検出するために TGW を待っています。 TGW が V.21 フラグを検出する、スイッチオーバを初期化します。

スイッチオーバのタスクの 1 つはから固定最適値バッファリングさせますへのジッタに遷移を適応性があるです。

T.38 は 300 ms によって修復されるジッタか再生バッファを使用します。 遅延が高い場合バッファ時間を減らすために音声ポートの下で playout-delay ファクシミリ 100 コマンドを入力して下さい。 プレイアウト遅延の現在 の 値をチェックするために show voice port X/X/X コマンドを入力して下さい。

基づくプロトコル基づく NSE基づくプロトコル基づく NSE

基づくファクシミリ パススルー プロトコルは MGCP でサポートされません。

G3 FAX:

GW--------------CUCM/GW

<=====NSE192======

パススルー モードへのアップスピード コーデックおよびスイッチ。



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSMP_DSP_REPORT_
PEER_TO_PEER

_MSG

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

<<<Rcv> Pt:100 Evt:192 Pkt:00 00 00



=====NSE192=======>



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MODIFY_
MEDIA_IND

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

Pt:100 Evt:192 Pkt:00 00 00 <Snd>>>



SG3 FAX:

GW--------------CUCM/GW

<=====NSE192======

パススルー モードへのアップスピード コーデックおよびスイッチ。



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSMP_DSP_REPORT_
PEER_TO_PEER

_MSG

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

<<<Rcv> Pt:100 Evt:192 Pkt:00 00 00



======NSE192======>



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MODIFY_
MEDIA_IND

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

Pt:100 Evt:192 Pkt:00 00 00 <Snd>>>


<=====NSE193======

ディセーブル ECAN。



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSMP_DSP_REPORT_
PEER_TO_PEER

_MSG

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

<<<Rcv> Pt:100 Evt:193 Pkt:00 00 00



======NSE193=======>



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MODIFY_
MEDIA_IND

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

Pt:100 Evt:193 Pkt:00 00 00 <Snd>>>



: NSE-194 は無音または搬送波消失 検出の 4 秒のローカル検出によって引き起こされます。 このメッセージは音声 モードに戻るようにリモートゲートウェイに指示します。 基本的には、NSE-192 によって行うすべての変更をおよび NSE-193 は取消されます。

show call active voice brief は示します: MODEMPASS nse

GW--------------CUCM/GW

<------------MDCX-----------

I: 2
X が 1
L: a:image/t38
M: sendrecv
R: D/[0-9ABCD*#]、FXR/t38
S:
Q: プロセス、ループ
!--接続識別番号は 18
s=Cisco SDP 0
t=0 0 m=image 16882 udptl t38
c=IN IP4 209.165.201.2
a=X-sqn:0
a=X-cap:1 イメージ udptl t38



------------200OK------------>

!--接続識別番号は 18
c=IN IP4 209.165.201.1 m=image 18186 udptl t38
a=X-sqn:0
a=X-cap: 1 可聴周波 RTP/AVP 100
a=X-cpar: a=rtpmap:100 X-NSE/8000
a=X-cpar: a=fmtp:100 200-202
a=X-cap: 2 イメージ udptl t38




show call active voice brief は示します: t38


 

G3 FAX:

GW--------CUCM/GW

<===NSE200=====

音声 モードからの T.38 への遷移



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSMP_DSP_
REPORT_PEER_
TO_PEER

_MSG

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:

<<<Rcv> Pt:100 Evt:200 Pkt:00 00 00



====NSE201====>

受け取った T.38 ACK は T.38 セッションを開始するように TGW に指示します



VTSP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MODIFY_
MEDIA_IND

voip rtp セッション名前付きイベントをデバッグして下さい:
Pt:100 Evt:201 Pkt:00 00 00 <Snd>>>



SG3 FAX:

CM トーンを押しつぶすことによって SG3 に G3 をスプーフィングするので、T38 リレーに SG3 FAX シナリオがありません。



: NSE-202 はことをピアゲートウェイ示す NSE-200 メッセージへ NACK です
コールのための T.38 パケットを処理できません。 コールは音声 モードのままになり、
T.38 に切り替えないため。



show call active voice brief は示します:

t38

パススルーですべてのトーンが G711ulaw/alaw のオーディオのような RTP で入ると同時にデバッグからの T.30 メッセージを表示されることができません。 ただし、FAX トーン ネゴシエーションはリレーかパススルーに関係なく変わりません。



GW--------------------------------------------------CUCM/GW

<<<<<<<<<CSI<<<<<<<<<<< (オプションの) (着呼側加入者識別子)
<<<<<<<<<NSF<<<<<<<<<<< (オプションの) (標準外ファシリティ)
<<<<<<<<<DIS<<<<<<<<<<< (デジタル 識別 符号)

>>>>>>>>>TSI >>>>>>>>>>>> (オプションの) (transmitting subscriber identification)
>>>>>>>>>DCS >>>>>>>>>>> (デジタル コマンド場合)

++++++++++TCF+++++++++> (高速) (トレーニング チェック)

<<<<<<<<<<CFR<<<<<<<<<< (受け取るべき確認)

TCF、失敗されるトレーニング T1/E1 のチェック時間を記録することおよびスリップを意味する FTT をここに見れば。 パケットキャプチャ チェックで TCF はオール 0 であるはずです。

++++Partial ページ RX++++++> (高速)
>>>>>>>>>PPS/EOM>>>>>>> ((部分的なページ 送信 された)/メッセージの終わり)

<<<<<<<<<MCF<<<<<<<<<<< (メッセージ確認)



++++Partial ページ RX++++++> (高速)
>>>>>>>>>PPS/EOM>>>>>>> ((部分的なページ 送信 された)/メッセージの終わり)

<<<<<<<<<MCF<<<<<<<<<<< (メッセージ確認)



>>>>>>>>>DCN >>>>>>>>>>> (接続解除)



: ECM は G3 のためにオプション、SG3 のために必須でありではない。 パススルーの SG3 速度を実現できるように ECM が FAX 用のファクシミリで成功するために有効に なることを確かめて下さい。
また、G3 に TCF トレーニング場合が必要となりますが、SG3 のための適用されないです。



: パススルーに関しては 64kbps (g711)の共通チャネルは割り当てられます。 このように、メッセージのより高いのおよび低速は関係がなくなります。

T38 スイッチオーバが正常である場合、これらのメッセージは対応したデバッグで見られます:

VTSP があるように示します確認して下さい:
event:E_CC_T38_START



DSMP があるように示します確認して下さい:
E_DSM_CC_MC_LOCAL_DNLD_DONE



debug fax relay t30 all-level-1:
timestamp=352583286 fr-msg-tx NSF
timestamp=352583686 fr-msg-tx CSI
timestamp=352583736 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト
timestamp=352583736 fr-msg-tx よい CRC、0 バイト
timestamp=352584426 fr-msg-tx DIS
timestamp=352584456 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト
timestamp=352584456 fr-msg-tx よい CRC、0 バイト
timestamp=352584906 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト
timestamp=352587656 fr-msg-det TSI
timestamp=352588376 fr-msg-det DCS
timestamp=352594056 fr-msg-tx CFR
timestamp=352594156 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト

timestamp=352613376 fr-msg-det PPS
timestamp=352615656 fr-msg-tx MCF
timestamp=352615776 FR_GOOD_CRC_LS_DATA 0x0 バイト
timestamp=352618716 fr-msg-det DCN



GW--------------------------------------------------CUCM/GW

<<<<<<<<<CSI<<<<<<<<<<< (オプションの) (着呼側加入者識別子)
<<<<<<<<<NSF<<<<<<<<<<< (オプションの) (標準外ファシリティ)
<<<<<<<<<DIS<<<<<<<<<<< (デジタル 識別 符号)

>>>>>>>>>TSI >>>>>>>>>>>> (オプションの) (transmitting subscriber identification)
>>>>>>>>>DCS >>>>>>>>>>> (デジタル コマンド場合)

++++++++++TCF+++++++++> (高速) (トレーニング チェック)

<<<<<<<<<<CFR<<<<<<<<<< (受け取るべき確認)

TCF、失敗されるトレーニング T1/E1 のチェック時間を記録することおよびスリップを意味する FTT をここに見れば。 パケットキャプチャ チェックで TCF はオール 0 であるはずです。

++++Partial ページ RX++++++> (高速)
>>>>>>>>>PPS/EOM>>>>>>> ((部分的なページ 送信 された)/メッセージの終わり)

<<<<<<<<<MCF<<<<<<<<<<< (メッセージ確認)



++++Partial ページ RX++++++> (高速)
>>>>>>>>>PPS/EOM>>>>>>> ((部分的なページ 送信 された)/メッセージの終わり)

<<<<<<<<<MCF<<<<<<<<<<< (メッセージ確認)



>>>>>>>>>DCN >>>>>>>>>>> (接続解除)

基づくプロトコル基づく NSE基づくプロトコル基づく NSE
N/A

conf t は」構成を水平にします:

## mgcp デフォルト パッケージ fxr パッケージ無し

## mgcp パッケージ機能 fxr パッケージ無し

## mgcp モデム パススルー VOIPモード nse

## mgcp モデム パススルー voip コーデック g711ulaw

## mgcp ファクシミリ t38 は禁じます

## mgcp ファクシミリ t38 NSF 000000

## ccm-manager ファクシミリ プロトコル無し

## mgcp ファクシミリ t38 ecm 無し

conf t は」構成を水平にします:

## ccm-manager ファクシミリ プロトコル無し Cisco

## mgcp ファクシミリ t38 ls_redundancy 0
## mgcp ファクシミリ t38 hs_redundancy 0

## mgcp デフォルト パッケージ fxr パッケージ

## mgcp パッケージ機能 fxr パッケージ

mgcp ファクシミリ t38 を禁じてはいけない ##

## mgcp ファクシミリ t38 NSF 000000

## mgcp ファクシミリ t38 ecm 無し

## mgcp Fax Relay sg3-to-g3

## mgcp ファクシミリ比率 14400

conf t は」構成を水平にします:

## ccm-manager ファクシミリ プロトコル無し Cisco

## mgcp ファクシミリ t38 ゲートウェイ強制

## mgcp ファクシミリ t38 ls_redundancy 0
## mgcp ファクシミリ t38 hs_redundancy 0

mgcp ファクシミリ t38 を禁じてはいけない ##

## mgcp ファクシミリ t38 NSF 000000

## mgcp ファクシミリ t38 ecm 無し

## mgcp Fax Relay sg3-to-g3

## mgcp タイマー nse 応答 t38 200

## mgcp ファクシミリ比率 14400

収集すべきデバッグ情報

  • debug vpm all (FXS の場合には)
  • debug isdn q931 (PRI の場合には)
  • debug mgcp packet
  • デバッグ voip vtsp すべて
  • デバッグ voip dsmp すべて
  • デバッグ voip hpi すべて
  • デバッグ DSP リソース屈曲すべて
  • デバッグ voip dspapi
  • debug fax relay t30 all-level-1
  • デバッグ voip rtp セッション名前付きイベント(NSE によって基づくスイッチオーバの場合には)


Document ID: 118725