スイッチ : Cisco Edge 300

ロゴ、黒またはグレースクリーンのハングにおけるエッジ 300 回復手順- CSCul76460

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco エッジ 300 がブートアップの間にハングする問題を提起する方法を記述されています。

半導体素子シュナイダーによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

ブートアップの間に、Ciscoロゴは表示する続けるかもしれませんまたは黒かグレースクリーンは表示するかもしれません。 この問題は Cisco バグ ID CSCul76460 の下で文書化されています。

解決策

ソリューションはファームウェアのバージョン 1.6RB2 が付いているエッジ 300 をイメージ変更することです。

準備

  1. Cisco.com からのダウンロード ファームウェアのバージョン 1.6RB2

    ファームウェアのバージョン 1.6RB2: smi-usb-sunbird-1.6RB2-delivery.tar.gz

  2. エッジ 300 の MAC アドレスのメモを作って下さい。 これは MAC として分類されるユニットの下部ののステッカーで見つけることができます。

    リカバリプロセスの間に、エッジ 300 はリブートする必要があります。 場合によっては、エッジ 300 は十分に起動しないかもしれませんでしたりまだネットワークによってアクセス可能であるかもしれません。 ユニットの IP アドレスがエラー状態による画面で表示する場合どんな IP アドレスが DHCP によって与えられたか判別するために MAC アドレスを使用しなければならないかもしれません。

概要

この 2 つのステージに説明がある Cisco エッジ 300 のファームウェアをアップグレードするためにステップが必要となったドキュメント アウトライン:

  • 起動可能な USB ドライブを準備して下さい望ましいエッジ 300 ファームウェアが含まれている
  • エッジ 300 デバイスにファームウェアは点滅します

システム要件

  • Cisco エッジ 300 デバイス
  • ファイル アロケーション テーブル(FAT) 32 ファイル システムで(最小 2GB 空き容量)フォーマットされている 1 つの USB フラッシュ ドライブ*
  • 1 エッジ 300 ファームウェアイメージ ファイル(USB フラッシュ ドライブと併用するための)
  • 1 つのペーパークリップ/SIM カード(SIM)はツールを出します(引込められた Reset ボタンのために)

: エッジ ファームウェア点滅するために USB フラッシュ ドライブのコンテンツを空にして下さい。 起動可能なフラッシュ ドライブを作成するプロセスは一時的にそれをファイルの慣習的なストレージおよび転送のために使用不可能にします。 フラッシュ ドライブは元ファイル システムに戻ってファームウェアアップグレードが完了したら以降フォーマットし直すことができます。

準備して下さい起動可能な USB ドライブ-エッジ 300

: これらの手順は USB ドライブを準備するためにはたらくエッジ 300 を使用し、これが原因で、いくつかのコマンドのパスはエッジ 300 に特定です。 はたらくエッジ 300 が利用できなくまたは得難い場合、いくつかのファイルロケーションを修正する場合ステップを実行するために Ubuntu、Red Hat、または類似したのような別の Linuxシステムを使用できます。 起動可能な USB ドライブを準備するために分類されるセクションを-例のための一般的 な Linux 参照して下さい。

  1. コンピュータから、USB フラッシュ ドライブのルート ディレクトリにエッジ 300 ファームウェアイメージをコピーして下さい。 USB ドライブをコンピュータから切り離し、デバイスの側にあるエッジ 300 の USBポートにそれを接続して下さい。



  2. PuTTy (Microsoft Windows PC で)またはこのステップのコマンドを用いるターミナルが付いているデバイスへのセキュア シェル(SSH) (マッキントッシュで)。 エッジ デバイスの実際の IP アドレスとデバイス IP アドレスを取り替えて下さい。 ネットワーク管理者が付いているエッジ 300 のための正しい IP アドレスおよびルート資格情報を確認して下さい。

    # ssh root@{device IP}
    # root@{device IP} password: cisco
  3. USB ドライブを見つけるために blkid コマンドを入力して下さい。 のは通常 XX が b1、b2 または c1/dev/sdxx、c2 です。 この資料に関しては、それが /dev/sdb1 であることを仮定して下さい。

    # blkid
    /dev/sdb1: LABEL="USBDRIVE" UUID="7288-0792" TYPE="vfat"
  4. USB ドライブをマウントして下さい。

    # mount /dev/sdb1 /tmp/mnt
  5. USB ドライブをアンマウントし、エッジ 300 デバイスにファームウェアイメージをコピーして下さい(/apps/ ディレクトリに)。 終わるためにタスクを待って下さい。 イメージ ファイル コピーはコマンド・ラインの始めに完了しました時操作卓表示機構 a #記号。 この例では、1.6RB2 ファイルは使用されます(smi-usb-sunbird-1.6RB2-delivery.tar.gz)。

    # cp /tmp/mnt/smi-usb-sunbird-1.6RB2-delivery.tar.gz /apps/
    # umount /tmp/mnt
  6. ステップと異なるために 3)検出された場合 USB ドライブを出さないし、これらのコマンドを入力して下さい(blkidsdb1 を取り替えることを忘れないようにして下さい。 各コマンドが実行するのに時間をかけることに注目して下さい。 次のコマンドに進む前に各コマンドが完了するまで待って下さい(操作卓表示機構 a #)。 コマンドすべてが実行されたら、デバイスから USB ドライブを取除いて下さい。

    # mkfs.ext3 /dev/sdb1
    # mount /dev/sdb1 /tmp/mnt
    # tar xvzf /apps/smi-usb-sunbird-1.6RB2-delivery.tar.gz -C /tmp/mnt
    # umount /tmp/mnt

準備して下さい起動可能な USB ドライブ-一般的 な Linux

これらの手順は Linux の起動可能な USB ドライブを準備する方法を説明します。

  1. ルートとしてコンソールまたは SSH による Linux デバイスへの接続応答はこのコマンドでおよび USB ドライブのためのマウント ポイントを作成します:

    # mkdir /tmp/mnt
  2. USB ドライブを見つけるために blkid コマンドを入力して下さい。 のは通常 XX が b1、b2 または c1/dev/sdxx、c2 です。 この資料に関しては、それが /dev/sdb1 であることを仮定して下さい。

    # blkid 
    /dev/sdb1: LABEL="USBDRIVE" UUID="7288-0792" TYPE="vfat"
  3. USB ドライブをマウントして下さい。

    # mount /dev/sdb1 /tmp/mnt
  4. USB ドライブをアンマウントし、Linux デバイスにファームウェアイメージをコピーして下さい(/tmp/ ディレクトリに)。 終わるためにタスクを待って下さい。 イメージ ファイル コピーはコマンド・ラインの始めに完了しました時操作卓表示機構 a #記号。 この例では、1.6RB2 ファイルは使用されます(smi-usb-sunbird-1.6RB2-delivery.tar.gz)。

    # cp /tmp/mnt/smi-usb-sunbird-1.6RB2-delivery.tar.gz /tmp/
    # umount /tmp/mnt
  5. ステップと異なるために 2)検出された場合 USB ドライブを出さないし、これらのコマンドを入力して下さい(blkidsdb1 を取り替えることを忘れないようにして下さい。 各コマンドが実行するのに時間をかけることに注目して下さい。 次のコマンドに進む前に各コマンドが完了するまで待って下さい(操作卓表示機構 a #)。 コマンドすべてが実行されたら、デバイスから USB ドライブを取除いて下さい。

    # mkfs.ext3 /dev/sdb1
    # mount /dev/sdb1 /tmp/mnt
    # tar xvzf /tmp/smi-usb-sunbird-1.6RB2-delivery.tar.gz -C /tmp/mnt
    # umount /tmp/mnt

ファームウェアは点滅します

  1. エッジ 300 の電源ボタンを OFF 押し、それを回すために保持して下さい。 デバイスの側にある USBポートに新しく作成された起動可能な USB ドライブを再度接続して下さい。

  2. エッジ 300 の電源ボタンを押し、それを再び入れるために保持して下さい。 デバイスがそれ自身をリブートするまでペーパークリップ/SIM を Reset ボタンを約 5 秒のデバイスの電力ボタンの隣にあって押し、保持するために出しますツールを使用して下さい。

  3. リブートされて、エッジ 300 デバイスは USB のコンテンツを駆動し、点滅し始めますファームウェア読み込みます。 ファームウェアアップデートはプロセスにあることを示す電源 LED は絶えずこの時点で点滅します。 ファームウェア点滅は接続されたディスプレイの Login 画面を表示とき完了しました。





Document ID: 118760