音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CUCM および CUC は私にユーザ認証 設定例の会議会います

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は方法の例をユーザ認証で大会を私機能設定する提供したものです。 大会は私機能 Cisco Unified Communications Manager (CUCM)で利用でき、認証は Cisco Unity Connection (CUC)の助けによって実現します。

Aravind Krishna Murthy および Anirudh Mavilakandy によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は CUCM および CUC のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CUCM/CUC リリース 8.x におよびそれ以降基づいていましたり、また CUCM/CUC の以前のリリースに適用するかもしれません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設計

会議にダイヤルインに私に会議割り当てユーザ会って下さい。 これはディレクトリ番号が会議の排他的な使用のために割り当てられることを必要とします。 ユーザは会議に加入するためにディレクトリ番号を呼出します。 ここに認証が必要とならないし、ユーザは電話会議に接続されます。 詳細はシステム ガイドで見つけることができます。 

ユーザ認証を有効に するために、コールは CUC によって転送されます。 ユーザシステム転送メッセージ交換は発信者を認証するために使用されます。 このため、ユーザは CUC で作成されます。 このメッセージ交換は発信者を CUC に署名するためにプロンプト表示します。 発信者が CUC ID および PIN を入力した後、CUC は転送されたいと思う数を入力するためにそれらをプロンプト表示します。

コールフロー

発信者ダイヤルは 5000 > 音声メール > 拡張 5000 を用いるコール ハンドラへの Call forward all への拡張 5000 セットのコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイント > 発信者 ID および PIN > 発信者をダイヤルします大会に私数提供します(5002) > 私に会うために転送されるコール CUCM の数。 

設定

音声メール プロファイル 設定の詳細および Calling Search Space (CSS)の適切な選択に関しては、SCCP 統合ガイドか SIP 統合ガイドを参照して下さい。

外部 の 発信者に関しては呼出 し 番号を変換するために、変換パターンが必要となります。 この資料は数変換についての情報を提供しないものです。 CUCM の変換を設定するために、変換パターン コンフィギュレーションドキュメントを参照して下さい。 ゲートウェイの変換を設定するために、ボイス トランスレーション プロファイル 資料を使用して数変換を参照して下さい。

ユーザ認証で大会を私機能設定するステップはここにあります:

  1. 5000 として拡張で CTI ルートポイントを作成して下さい。 



  2. 拡張 5000 に適切な CSS および音声メール プロファイルをおよびすべて VM に順方向に設定 されて割り当てて下さい。

  3. [オプションの]外部番号から呼出すために、5000 に呼出 し 番号を変換するためにゲートウェイまたは CUCM の適切な変換パターンを設定して下さい。

  4. CUC のユーザを作成し、拡張を使用して下さい。 発信者は認証するためにこのエクステンションおよびこの拡張の PIN を入力しなければなりません。



  5. > パスワードの変更は PIN を変更するために編集することを行きます。



  6. 音声メールを選択し、ピンを入力します PIN を選択して下さい。



  7. 拡張 5000 でコール ハンドラを作成して下さい。



  8. > メッセージは編集し規格を選択することを行きます。 コールが日の標準のグリーティングにいつでも発信されるように閉じるメッセージが有効に ならないようにして下さい。





  9. コール ハンドラを設定して下さい:

    • 発信者の下で個人的な記録を聞きますセクションを選択して下さい。
    • Greeting セクションの後での下でユーザシステム転送メッセージ交換を選択して下さい。
    • 『play』 をクリック して下さいメッセージを記録するために/レコード。 メッセージは… Cisco への歓迎」である「可能性があります。 メッセージを必要としない場合、発信者の下で何も聞きますセクションを選択しないで下さい。
     

  10. 大会への転送に私を与えるために制限テーブルを数編集して下さい。 デフォルト転送はデフォルトユーザ テンプレートによって関連付けられるデフォルト サービスの分類 (CoS)のデフォルト制限テーブルです。 ユーザ テンプレートかユーザと関連付けられる CoS に変更があるか、または CoS と関連付けられる制限テーブルに変更があったら適切な制限テーブルを修正して下さい。



    この例では、5002 は MeetMe 数です。



  11. Modiy ボイスメールポートの CSS Session Initiation Protocol (SIP) トランクの再ルーティング。 この CSS は私数大会のパーティションがあるはずです。

  12. 大会を私数設定して下さい。 詳細については Meet-Me 番号/パターン 設定を参照して下さい。

  13. Meet-Me ソフトキーを含むためにソフトキー テンプレートを作成して下さい。 会議を始める電話にこのテンプレートを関連付けて下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 118722