ワイヤレス : Cisco ASR 5000

ASR5000 コンソールケーブル 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco ターミナル サーバ(TS)に Cisco 集約 サービス ルータ(ASR) 5000 シリーズのスイッチ プロセッサ 入出力(SPIO)コンソールを相互接続する方法を記述されています。

: この資料は ASR5000 のためだけに関連しています。 ASR5500 に標準 Ciscoコンソール ピン配列があります。 公式 ドキュメンテーションは Cisco ASR 5000 インストレーションガイドシリアルコンソール ポートセクションに接続で提供されます。

コンソールは CLI にローカル管理 アクセスを提供するのに RS232 シリアル通信 ポートを使用します。 9-pin-to-RJ45 コンソールケーブルは各 SPIO カードと供給されます。 このケーブルは PC か標準 9 ピン シリアルインターフェイスを備えている別のターミナルデバイスに接続するために使用することができます。 ただし、事柄は Cisco (またはサード パーティ) TS に SPIO コンソール インターフェイスを接続する必要があるときより複雑になります。

スティーブン屋内トイレによって貢献される、Cisco TAC エンジニア

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料は特定のソフトウェア および ハードウェア バージョンに not retricted。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

SPIO のピン配列

SPIO にこのピン配列があります(公式 ドキュメンテーションから奪取 される):

RJ-45 ピン信号信号タイプ
1Clear To Send (CTS)入力- HW フロー制御
2Data Set Ready (DSR)入力- RS232 制御
3レシーブ データ(Rx)入力 データ転送
4信号用接地(Grnd)N/A 
5送信 するために用意して下さい(RTS)出力- HW フロー制御
6送信する データ(Tx)出力-データ転送
7Data Carrier Detect (DCD)入力- RS232 制御
8データ端末レディ(DTR)出力- RS232 制御

ピン配列番号はここに示されています(イメージは SPIO のメス型 RJ45 コネクタを示します):

ASR5000 の SPIO コンソールポートのデフォルト 設定

これは ASR5000 のデフォルト SPIO ポートコンフィギュレーションです:

port rs232 24/3
 terminal speed 115200
 terminal stopbits 1
 terminal parity none
 terminal databits 8
 terminal flowcontrol hardware off
 terminal carrierdetect off

以下に注意すべき事項を一部紹介します。

  • キャリア検知は消え、それを残す必要があります。

    インストレーションガイドはコンソールケーブルがヌルモデム 設定で使用されるべきならことワークステーション 規定 しますまたはターミナル サーバはキャリア検出信号を提供する必要があります。 ただし、これはもはや以前に示された default コマンドで要件ではないです。

  • Hardware Flowcontrol はデフォルトでまたあります。

    SPIO の設定でディセーブルにされるこれら二つの入力信号にもかかわらずこのコマンドの出力のハードウェア状態を次のように表示できます:

    [local]st40-3# show port datalink counters 24/3
     Counters for port 24/3:
     SPIO RS232 Serial Console
     Counter Data | Counter Data
     ----------------------- -------------- + ----------------------- -------------
     RX Bytes 547 | TX Bytes 106014
     Frame Errors 0 |
     Overrun Errors 0 |
     Parity Errors 0 |
     DCD Inactive |
     CTS Active |
     ----------------------- -------------- + ----------------------- -------------

Cab-Octal-Async が含まれている Cisco TS への接続応答

オクタル ケーブル(8 つのポート ブレイクアウトケーブル)のためのこのピン配列は CAB-OCTAL-ASYNC ケーブル ピン配列から奪取 されます:

RJ 45 ピンシグナルの名前信号タイプ
8RTS出力
7DTR出力
6TX データ出力
5TX グラウンドN/A
4Rx グラウンドN/A
3RX データ入力
2DSR入力
1CTS入力

TS のオクタル ケーブルに SPIO を接続するとき、ヌルモデム ケーブル接続をしなければなりません。

この場合、次を意味します。

  • RTS は CTS (またその逆にも) -ハードウェアフロー制御に接続する必要があります。
  • DTR は DSR (またその逆にも) -モデム制御に接続する必要があります。
  • Tx は Rx に接続する必要があります(またその逆にも)。
  • グラウンドはひくために接続する必要があります。
  • DCD は(SPIO 側で)接続するべきではありません(TS 側の対応した場合無し)。

注意: どのような場合でも Cisco TS と SPIO を直接接続するのにロール型 RJ45 ケーブルかまっすぐな RJ45 ケーブルを使用しないで下さい。 それははたらきません。 原因は TS のグラウンド電圧が non-0 であることです。 これは予想外 の 結果を非常に与えることができます。

複数のオプションがあります。

  • SPIO と提供された 優先 する オプションはカスタム SPIO RJ45-DB-9 ケーブルを使用することです:



    Cisco 標準 DB-9 コネクタによって Starent カスタム ケーブル(RJ45+DB-9)を相互接続します。 Cisco この DB-9 コネクタは Cisco TS のオクタル ケーブルの RJ45 出力に接続することができます。

  • DB-9 コネクタを必要としない代替は完全な RJ45 ケーブルです。

    これは 2 つの重要な原因で部分最適です:

    • Cisco TS 側面接続されていないのにグラウンドの 1 つを残さなければなりません。 
    • ケーブルは非対称的ですケーブルを正しく分類するために従って注意は奪取 されなければなりません。


    ピン配列および描画はここにあります:

    SPIO side --> TS side
                   1---> 8
                   2 --> 7
                   3 --> 6
                   4 --> 5
                   5 --> 1
                   6 --> 3
                   7 --> unconnected
                   8 --> 2




  • 何人かの顧客はただ ASR5000 に関連している 3 つの場合を使用したいと思います: RX、Tx、グラウンド。

    これはこのピン配列という結果に終ります:

    SPIO side --> TS side
                    3 --> 6
                    4 --> 5
                    6 --> 3


    短所:

    • show port データ・リンクのハードウェア(HW)場合(CTS)は非アクティブとして 24/3 のカウンター常に示します。
    • それは非対称的なケーブルです。
    • Cisco TS のグラウンドの 1 つは接続されていないです。

Cisco TS の設定

デフォルト SPIO 設定を一致するために、この設定は Cisco TS で適用する必要があります:

line 0/1/0 0/1/7
 exec-timeout 0 0
 no exec
 transport input all
 stopbits 1
 speed 115200

この設定はそれを確認します:

  • RS232 制御は無効です(従って DTR いつも上げられます)。
  • ハードウェアフロー制御は無効です(従って CTS いつも上げられます)。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118727