マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) : MPLS

6PE および 6VPE ネットワークの Traceroute

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

IPv6 traceroute が 6PE か 6VPE ネットワークで戻すものをこの資料に記述されています。

これらの例は 6PE を実行するネットワークに倣います。 結果は 6VPE を実行するネットワークのため同じです。 6PE および 6VPE の場合にはネットワークは両方、P ルータ ラベルスタックの 2 つの MPLS ラベルが付いているトレースルート パケットを受信します。 切れる Time To Live (TTL)はそれオリジナル トレースルート パケットのラベルスタックを使用する言い、出力 Provider Edge (PE) ルータの方の ICMPエラーメッセージを転送すると P ルータがインターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) エラーメッセージを生成すれば。 その時、ICMPエラーメッセージは traceroute の発信元に戻って転送されます。

: この技術情報は Cisco IOS ® を実行する P ルータにだけ適用します。

Cisco TAC エンジニア、Luc De Ghein により寄稿されました。

ケース 1

  • P ルータは IPv6-capable です。
  • P ルータに有効に なる IPv6 ユニキャストルーティングおよび IPv6 CEF があります。
  • P ルータに IPv6 アドレスがありません。
CE1#trace                              
Protocol [ip]: ipv6
Target IPv6 address:  2001:10:100:1::7
Source address: 2001:10:100:1::5
Insert source routing header? [no]:
Numeric display? [no]:
Timeout in seconds [3]:
Probe count [3]:
Minimum Time to Live [1]:
Maximum Time to Live [30]:
Priority [0]:
Port Number [0]:
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 2001:10:100:1::7

  1 2001:10:1:5::1 1 msec 1 msec 0 msec
  2 ::FFFF:10.1.2.4 [MPLS: Labels 17/23 Exp 0] 2 msec 2 msec 1 msec
  3 2001:10:1:7::2 [AS 1] [MPLS: Label 23 Exp 0] 2 msec 1 msec 1 msec
  4 2001:10:1:7::7 [AS 1] 2 msec 1 msec 2 msec
  • IPv4-mapped IPv6 アドレスの P ルータ応答: :: FFFF:10.1.2.4.
  • 10.1.2.4 は P ルータの着信インターフェイスの IPv4 アドレスです。

ケース 2

  • P ルータは IPv6-capable です。
  • P ルータに有効に なる IPv6 ユニキャストルーティングおよび IPv6 CEF があります。
  • P ルータに IPv6 アドレスがあります。

CE1#trace
Protocol [ip]: ipv6
Target IPv6 address: 2001:10:100:1::7
Source address: 2001:10:100:1::5  
Insert source routing header? [no]:
Numeric display? [no]:
Timeout in seconds [3]:
Probe count [3]:
Minimum Time to Live [1]:
Maximum Time to Live [30]:
Priority [0]:
Port Number [0]:
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 2001:10:100:1::7

  1 2001:10:1:5::1 1 msec 1 msec 0 msec
  2 2001:2001::1 [MPLS: Labels 17/23 Exp 0] 2 msec 1 msec 1 msec
  3 2001:10:1:7::2 [AS 1] [MPLS: Label 23 Exp 0] 1 msec 1 msec 1 msec
  4 2001:10:1:7::7 [AS 1] 2 msec 2 msec 1 msec
  • P ルータは着信インターフェイスの IPv6 アドレスと応答します。
  • そのインターフェイスに IPv6 アドレスがない場合、別のインターフェイスからの IPv6 アドレスを見つけることを試みます。

ただし、より新しいコードで P ルータは IPv4-mapped IPv6 アドレスと応答します。

CE1#trace             
Protocol [ip]: ipv6              
Target IPv6 address:  2001:10:100:1::7
Source address: 2001:10:100:1::5  
Insert source routing header? [no]:
Numeric display? [no]:
Timeout in seconds [3]:
Probe count [3]:
Minimum Time to Live [1]:
Maximum Time to Live [30]:
Priority [0]:
Port Number [0]:
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 2001:10:100:1::7

  1 2001:10:1:5::1 1 msec 0 msec 1 msec
  2 ::FFFF:10.1.2.4 [MPLS: Labels 17/23 Exp 0] 2 msec 1 msec 2 msec
  3 2001:10:1:7::2 [AS 1] [MPLS: Label 23 Exp 0] 1 msec 2 msec 2 msec
  4 2001:10:1:7::7 [AS 1] 2 msec 2 msec 2 msec
  • IPv4-mapped IPv6 アドレスの P ルータ応答: :: FFFF:10.1.2.4.
  • 10.1.2.4 は P ルータの着信インターフェイスの IPv4 アドレスです。

ケース 3

  • P ルータは IPv6-capable です。
  • P ルータに有効に なる IPv6 ユニキャストルーティングおよび IPv6 CEF がありません。
  • P ルータに IPv6 アドレスがありません。
CE1#trace             
Protocol [ip]: ipv6              
Target IPv6 address:  2001:10:100:1::7
Source address: 2001:10:100:1::5  
Insert source routing header? [no]:
Numeric display? [no]:
Timeout in seconds [3]:
Probe count [3]:
Minimum Time to Live [1]:
Maximum Time to Live [30]:
Priority [0]:
Port Number [0]:
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 2001:10:100:1::7

  1 2001:10:1:5::1 1 msec 1 msec 1 msec
  2 ::FFFF:10.1.2.4 [MPLS: Labels 17/23 Exp 0] 2 msec 2 msec 2 msec
  3 2001:10:1:7::2 [AS 1] [MPLS: Label 23 Exp 0] 2 msec 1 msec 1 msec
  4 2001:10:1:7::7 [AS 1] 2 msec 1 msec 2 msec
  • IPv4-mapped IPv6 アドレスの P ルータ応答: :: FFFF:10.1.2.4.
  • 10.1.2.4 は P ルータの着信インターフェイスの IPv4 アドレスです。

ケース 4

P ルータは IPv6-capable ではないです。

CE1#trace             
Protocol [ip]: ipv6              
Target IPv6 address:  2001:10:100:1::7
Source address: 2001:10:100:1::5  
Insert source routing header? [no]:
Numeric display? [no]:
Timeout in seconds [3]:
Probe count [3]:
Minimum Time to Live [1]:
Maximum Time to Live [30]:
Priority [0]:
Port Number [0]:
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 2001:10:100:1::7

  1 2001:10:1:5::1 1 msec 0 msec 1 msec
  2  *  *  *
  3 2001:10:1:7::2 [AS 1] [MPLS: Label 23 Exp 0] 2 msec 1 msec 1 msec
  4 2001:10:1:7::7 [AS 1] 1 msec 2 msec 1 msec
  • P ルータは応答しません(出力される traceroute で「** *」見ます)。
  • P ルータは ICMPv6 エラーメッセージを生成できません。

ケース 5

  • P ルータは前MFI コード(Cisco IOS)です。
  • P ルータは IPv6-capable です。
CE1#trace             
Protocol [ip]: ipv6              
Target IPv6 address:  2001:10:100:1::7
Source address: 2001:10:100:1::5  
Insert source routing header? [no]:
Numeric display? [no]:
Timeout in seconds [3]:
Probe count [3]:
Minimum Time to Live [1]:
Maximum Time to Live [30]:
Priority [0]:
Port Number [0]:
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 2001:10:100:1::7

  1 2001:10:1:5::1 1 msec 0 msec 1 msec
  2  *  *  *
  3 2001:10:1:7::2 [AS 1] [MPLS: Label 23 Exp 0] 2 msec 1 msec 1 msec
  4 2001:10:1:7::7 [AS 1] 1 msec 2 msec 1 msec
  • P ルータは応答しません(出力される traceroute で「** *」見ます)。
  • 前MFI コード(Cisco IOS)を実行する P ルータは IPv6 がラベルスタックに続くかどうか見るためにチェックしません。

結論

  • P ルータが IPv6-capable でなければ答えません。
  • P ルータが IPv6-capable であるが、P ルータに前MFI コード(Cisco IOS)がある場合、答えません。
  • P ルータは IPv6-capable、IPv6 アドレスがない場合、IPv4 アドレスがトレースルート パケットの着信インターフェイスの 1 である IPv4-mapped IPv6 アドレスと答えます。
  • P ルータは IPv6-capable、IPv6 アドレスがある場合、IPv4 アドレスがトレースルート パケットの着信インターフェイスの 1 である、またはルータで設定された IPv6 アドレスと答えます IPv4-mapped IPv6 アドレスのどちらかの応答か。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118698