クラウドおよびシステム管理 : Cisco Prime Collaboration

ShowTech 収集 設定例を提供する主なコラボレーション

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は CLI ツールである ShowTech を記述したものです、単一圧縮された公文書ファイルの Cisco Technical Assistance Center (TAC)によって必要な Cisco Prime Collaboration プロビジョニング マネージャのためのトラブルシューティング情報/ログを集める。 このツールはプロビジョニング マネージャバージョン 2.0 およびそれ以降で利用できます。

A.M.Mahesh Babu によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Provisioning Manager
  • Cisco Prime Collaboration プロビジョニング

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Prime Collaboration プロビジョニング バージョン 10.5
  • WinSCP バージョン 5.5

: この資料はまた Cisco Unified Provisioning Manager バージョン 9.x に適用します。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

  1. 詳細ロギングを有効に して下さい:

    1. ルート資格情報とのセキュア シェル(SSH)の Cisco Prime Collaboration プロビジョニングにログイン して下さい。

    2. スクリプト ディレクトリに行くためにこのコマンドを入力して下さい:

      [root@PCP9 ~]# cd /opt/cupm/sep/ipt/bin


    3. 水平な詳述するためにログを変更して下さい:

      [root@PCP9 bin]# bash ./changeloglevel.sh -level DETAIL


      : 水平なログはデフォルトに後サーバ 再度ブートする戻りました。



    4. サーバの現在の時刻スタンプに注意して下さい:

      [root@PCP9 bin]# date 




  2. 問題を再現して下さい。

  3. ShowTech ファイルを生成して下さい。

    使用方法:

    bash ./showtech.sh -start <START_DATE> -end <END_DATE> 

    <START_DATE>     start date from which to collect data (START_DATE format:
    YYYY-MM-DD HH:MM)

    <END_DATE>     end date up to which to collect data (END_DATE format:
    YYYY-MM-DD HH:MM)


    最新ログファイルを集めるために、START_DATE は 1 時間引くステップ 1d で得られる値である必要があり END_DATE は時間と将来規定 する必要があります。

    例:

    [root@PCP9 bin]# bash ./showtech.sh -start 2014-12-06 11:52:44 -end 2014-12-06
    15:00:00




  4. サーバからログを集めて下さい:

    1. ルート資格情報との WinSCP にログイン して下さい:



    2. サーバの /tmp フォルダにディレクトリを変更して下さい:



    3. サーバから PC のあらゆる位置に ShowTech ZIP ファイルをコピーして下さい:



      : サーバのファイルおよびディレクトリが修正されないようにして下さい。



    4. ShowTech ファイルをサポート ケース マネージャからのアップロード オプションのケース ノートに添付するか、または電子メールで Cisco TAC エンジニアに直接送信 して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ShowTech 収集は比較的簡単であり、失敗の可能性はまれです。 問題またはエラーがある場合、Cisco TAC に連絡して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118709