音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for Windows

CallManager Express 設定例の Cisco Jabber for Windows

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified CallManager Express (CME)バージョン 10.0 で導入される Cisco Jabber for Windows のためのサポートが含まれている新しい 機能を説明していたものです。 Jabber アプリケーションは「電話モードだけ」でだけ規則的な Session Initiation Protocol (SIP)電話のように機能するところではたらきます。 存在およびインスタント メッセージは(IM) Jabber のこのモードでの利用できません。

ホルヘ Armijo および Sreekanth Narayanan によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

HTTPS 設定

Cisco Jabber ははたらくために HTTPS が要求します。 従ってユーザが Jabber エンドポイントにログイン することができるように、最初に CME の HTTPS サーバを設定する必要があります。

CME(config)#ip http secure-server
CME(config)#ip http secure-port 8443

音声 レジスタ プール設定

このセクションは Jabber エンドポイントがように登録するプールを設定します。

CME(config)#voice register dn 1
CME(config-register-dn)#number 9999

CME(config)#voice register pool 1
CME(config-register-pool)#id device-id-name J4W
CME(config-register-pool)#type Jabber-Win
CME(config-register-pool)#number 1 dn 1
CME(config-register-pool)#dtmf-relay rtp-nte
CME(config-register-pool)#username 9999 password 9999
CME(config-register-pool)#codec g711ulaw
CME(config-register-pool)#no vad

SIP CME のコンフィギュレーション変更を加えて下さい

プロファイルはこれが自動 プロセスではないのですべての SIP 電話のために削除され、作り直される必要があります。

CME(config)#voice register global
CME(config-register-global)#no create profile
CME(config-register-global)#create profile

グローバル な 音声 レジスタは tftp パス フラッシュするが含まれている必要があります: 命じて下さい Jabber SIP Phone のためのフラッシュするでコンフィギュレーション ファイルを作成される確認する。 これなしで、Cisco Jabber は CME と登録できません。

Windows のための Jabber をインストールして下さい

Jabber をインストールするためにこれらの手順を完了して下さい:

  1. インストーラを Cisco Webサイトからダウンロードし、インストール ウィザードとのインストールプロセスを開始して下さい。
  2. 『Accept』 をクリック し、インストールして下さい

  3. 完了するためにインストールを待って下さい。

  4. [Finish] をクリックします。

Jabber にログイン して下さい

  1. Jabber がインストールされ、起動したら、ユーザ名 および パスワード ログインを入力して下さい。

  2. TFTP および CME サーバを設定して下さい。

  3. ユーザ名 および パスワードを音声 レジスタ プールの下で設定された入力し、署名しますクリックして下さい。

  4. アラートは CME からの自己署名証明書に関して活動化しますぽんと鳴ります。 認証および割り当て Jabber およびログイン認証するために受け入れるために『Accept』 をクリック して下さい。

    Windows のための Jabber は呼び出しを作り、受信して現在準備ができています。

既知の問題: Certificate エラー

ログインに早口に喋ることを試みるとき Certificate エラーに関してメッセージがあります:

この出力が表示されるために debug ip http をすべてのコマンド入力して下さい:

019193: *Jul  1 08:59:02.561: %HTTPS: http ssl get context fail (-41104)
019194: *Jul 1 08:59:02.561: HTTP: ssl get context failed (-40407)

解決策

上記の ouput に見られるようにそれは HTTPS 認証における問題です。

これを解決するために、CLI にログイン し、HTTPS 設定コマンドを削除して下さい。 また HTTPS のための CME によって生成される自己署名証明書を削除して下さい。

CMEconfig)#no ip http secure-server
CME(config)#no ip http secure-port 8443
CME(config)#no crypto pki certificate chain TP-self-signed-3120869618
This will remove all certificates for trustpoint TP-self-signed-3120869618
Are you sure you want to do this? [yes/no]: yes

それから、HTTPS 設定を再構成し、新しい自己署名証明書を作成されました確認して下さい。

CME(config)#ip http secure-server
CME(config)#ip http secure-port 8443
!
crypto pki trustpoint TP-self-signed-3120869618
enrollment selfsigned
subject-name cn=IOS-Self-Signed-Certificate-3120869618
revocation-check none
rsakeypair TP-self-signed-3120869618
!

これの後で、Jabber は CME と登録できます。

注意

新しい電話のタイプ、音声 レジスタ プールの下で Cisco Jabber クライアントを設定するために「Jabber CSF クライアント」は追加されました。 これはクライアント サービス フレームワーク(CSFS)ベースの Cisco Jabber あらゆるクライアントの設定に使用することができます。 CME バージョン 10.0 では Cisco Jabber クライアントを設定するために、タイプ「Jabber 優先」は使用されます。 CME バージョン 10.5 でこのタイプは非難され、新しい「Jabber CSF クライアント」は Cisco Jabber クライアントの設定にまた使用する必要があります。

詳細については、Cisco Jabber についてはサポートを参照して下さい。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118715