音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager DTMF/MTP アロケーション

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は異なるコールフローで使用されるデュアルトーン複数周波数(DTMF) (DTMF)メソッドのための Cisco Unified CallManager (CCM) Media Termination Point (MTP) /Xcoder アロケーションを記述したものです。 それは顧客が使用するいくつかのよくあるコールフローをカバーします。 

Karthik Sivaram によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

概念的なダイアグラム

A. 使用して下さいから帯域(OOB)

このシナリオでは、Session Initiation Protocol (SIP)両方エンドポイント ポイント(EP)および Skinny Client Control Protocol(SCCP) EP サポート OOB DTMF。 従って、CCM は DTMF のために OOB を使用するために試み、MTP は必要ではないです。

B. RFC2833 を使用して下さい

このシナリオでは、SCCP EP は OOB および RFC2833 を両方サポートし、SIP EP は RFC2833 だけをサポートします。 これは RFC2833 マッチです。 従って MTP は必要ではないし、RFC2833 は DTMF のために使用されます。

C. 必要 MTP

このシナリオでは、SCCP EP は OOB だけをサポートし、SIP EP は RFC2833 だけをサポートします。 従って MTP は必要です。 MTP \ SIP EP からのレシーブ RFC2833 パケットに\送信 し、ために\ CCM からのレシーブ OOB DTMF パケットに\送信 して下さい。 CCM \ MTP および SCCP 電話からのレシーブ OOB DTMF パケットに\送信 します。

D. DTMF 表

この表は異なる構成設定に基づいて DTMF 選択の外観を提供したものです。 トランク プリファレンスが両方とも言うとき、1 つのタイプの方式のために一致する DTMF があってもトランクの後ろの EP が OOB および RFC2833 を両方サポートする場合 MTP を挿入する必要があることを意味します。

      SIPT ept

CCM ept

OOB &2833

Pref=Auto

OOB 及び 2833

Pref=2833

OOB&2833

Pref=OOB

OOB&2833

Pref=BOTH

OOB だけ

OOB

2833

MTP

OOB

OOB &2833

MTP

2833 のみ

2833

2833

OOB との

MTP

KPML 2833 (および OOB)

MTP

OOB 及び 2833

2833

(KPML) OOB

2833

OOB

KPML&2833

だけ国連) (2833

重要なコールフロー

A. MTP \ Xcoder からのパススルーを「必要とする」コールフロー

このコールフローでは、EP は両方とも RFC2833 だけをサポートし、Xcoder はコーデックのミスマッチが挿入された原因です。 エンドツーエンド RFC2833 DTMF 機能を使用するために Xcoder はパススルー RFC2833 パケットを必要とします。

B. MTP \ Xcoders のパススルー 要件無し

C. MTP の非対称的な RFC2833 ペイロードのタイプ 要件のコールフロー

このコールフローは送信および受信側の別のペイロードのタイプ 要件を示します。

  • 最初に事前割当てされた MTP は 101 の Payload Type (PT)の RFC2833 パケットを受信できることを報告します。

  • 100 の PT の DTMF パケットを受信したいと思うことを右側(RS)の SIP EP は示しました。

  • それ故に MTP は 100 の PT の RFC2833 パケットを送信し、101 の PT がある RFC2833 パケットを受信できる必要があります。

  • このイメージはまた CCM が定期講読する RFC2833 のパススルーが MTP によって必要とされないケースを示し。

D. CCM が MTP を定期講読し、パススルー RFC2833 にまた必要としますコールフローは MTP を



Document ID: 118708