ワイヤレス : Cisco ASR 5000 シリーズ

圧縮 タイムアウトによる ASR5000/ASR5500 コア ファイル 破損

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はクラッシュの後で集められる ASR5000/ASR5500 コア ファイルが場合によっては破損する発生すること記述します。 これは StarOS リリース 15.0 で見られます。 このファイル 破損は提示サポート 詳細(SSD)ログでここに示されているように示されます:

**show logs**
...
2014-Apr-02+19:48:56.870 [system 1001 error] [6/0/8378 <evlogd:1>
evlgd_syslogd.c:221] [software internal system syslog] CPU[2/1]:
xmitcore[21898]: Out of time after 20s while writing core type 2
to master 2014-Apr-02+19:48:56.870 [system 1001 error]
[5/0/6025 <evlogd:0> evlgd_syslogd.c:221] [software internal
system syslog] CPU[2/1]: xmitcore[21898]: Out of time after 20s
while writing core type 2 to master

Roshan Warrier およびジョー Opio によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

コア ファイル 破損のための原因は実際にコア ファイルを圧縮するために ASR5000/ASR5500 が 20 第 2 タイムアウトの既定値を超過するコア ファイル 圧縮 プロセスにそれです。

コア ファイルを圧縮するために必要な時間が 2 つのファクタによって判別されます:

  1. メモリであるコア ファイルのサイズは影響を受けた sessmgr プロセスによって、消費しました。
  2. コア ファイルにある偶発性のある程度。

解決策

より大きいタイムアウト値がコア ファイルを圧縮するようにするリリース 15.0 よりリリース 以降にソフトウェア修正プログラムがあります。 なお、修正は圧縮がディセーブルにされるようにします。 一方、正しいコア ファイルを集めるためにクラッシュ max-size およびタイムアウト値を増加する回避策があります。 これらの CLI コマンドはこれを達成します。

ASR5000 に関しては、デフォルト値は 1024 M バイトであり、タイムアウトは 20 秒です。 2048 M バイトに RAM サイズおよび 60 秒にタイムアウトを増加するためにクラッシュ max-size 2048 コマンドを入力して下さい。

[config]# crash max-size 2048

ASR5500 に関しては、デフォルト値は 2048 M バイトであり、タイムアウトは 20 秒です。 4096 M バイトに RAM サイズおよび 60 秒にタイムアウトを増加するためにクラッシュ max-size 4096 コマンドを入力して下さい。

[config]# crash max-size 4096

コア ファイルを集めた後、以前に提供されるデフォルト max-size 値に戻すためにそれを設定する必要があります。

ASR5000 に関しては、クラッシュ max-size 1024 コマンドを入力して下さい。 これはデフォルトに max-size および 20 秒にタイムアウトを戻します。

[config]# crash max-size  1024

ASR5500 に関しては、クラッシュ max-size 2048 コマンドを入力して下さい。 これはデフォルトに max-size および 20 秒にタイムアウトを戻します。

[config]# crash max-size  2048

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118747