コラボレーション エンドポイント : Cisco Virtualization Experience Client Manager

VXC-M HTTP 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Virtualization Experience Client マネージャ(VXC-M)の HTTP を有効に する方法を記述されています。 典型的な VXC-M インストール(デフォルト)は FTPプロトコルだけを有効に します。 HTTP か HTTPS を使用したいと思う場合 HTTP は有効に する必要があります。

フェリペ de メッロによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は FTP だけとの VXC-M サーバのナレッジが有効に なったあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Microsoft Windows Server 2008 R2
  • VXC-M バージョン 4.9.1
  • Internet Information Services (IIS)バージョン 7 マネージャ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

次の手順を実行します。

  1. IIS マネージャ(inetmgr.exe)を開いて下さい。
  2. サーバおよびサイトを拡張して下さい。



  3. 関係 HTTPサーバを右クリックし、『Add』 を選択 して下さいアプリケーションを…

    エイリアス: MyWDM

    物理パス: C:\inetput\ftproot



  4. 関係 HTTPサーバを拡張し、MyWDM をクリックして下さい。
  5. /MyWDM Home 画面で、認証をクリックして下さい。



  6. 基本的な認証を有効に し、認証の他の 2 つの型をディセーブルにして下さい。



  7. 関係 HTTPサーバの下で MyWDM、およびダブルクリック MIME 型をクリックして下さい。
  8. 選択して下さい。*.ini.raw および .info



  9. VXC-M > 設定 Manager> ソフトウェア リポジトリはナビゲート し、マスターを右クリックし『Properties』 を選択 します。
  10. 転送型を HTTP に変更し、FTP して下さい。 質問がポップアップするとき、『Yes』 をクリック して下さい。



  11. 新しく作成された HTTP セクションの下で、関係ユーザ向けのパスワードを入力して下さい: r@p8p0r+



  12. [OK] をクリックします。

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

VXC-M > 設定 Manager> ソフトウェア リポジトリはナビゲート し、マスターを右クリックし、接続を『Test』 を選択 します。 FTP および HTTP は両方渡る必要があります。

すべてが予想通りはたらくようにするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Web ブラウザを開きます。
  2. http://localhost/MyWDM/Rapport/package-name/ に行って下さい。
  3. 関係ユーザーの資格情報とのログイン。
  4. パッケージの各ファイルがダウンロードすることができるようにして下さい。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117738