音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity 接続メッセージ ハンターは偶然送信 された メッセージを再呼び出しします

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はツールを、Cisco Unity Connection の送信されたメッセージを再呼び出しするために使用するメッセージ ハンター記述したものです。 完了する前に機密メッセージが間違った個人に送られるかもしれませんか、またはメッセージが送信 されるかもしれませんことは可能性のあるです。 以前、それはこれらのずっとメッセージを再呼び出しする困難なプロセスです。 この場合、メッセージ ハンターはこの問題と助けることができます。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

問題

メッセージは再呼び出しする必要がある分配リストかユーザに送られました。

解決策

Message Hunter と呼ばれるツールのメッセージを再呼び出しできます。 このツールを使うと、特定のメッセージをユーザ メールボックスを捜すことができます。 それから、他のユーザ メールボックスのそのメッセージのすべてのコピーを見つけ、すべてのコピーを削除できます。 メッセージ ハンターはまたレポート オプションが含まれています。

メッセージ ハンターをダウンロードし、使用するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 接続メッセージ ハンターからツールをダウンロードして下さい。 また PC で開放型データベース接続 (ODBC) ドライバをロードして下さい。 ダウンロード サイトは ODBC ドライバの詳細および割り当てダウンロードを提供します。 関連情報セクションのこのダウンロードについてのビデオがあります。

  2. Unity 接続アカウントのツールへのログイン リモート管理者権限がある。



  3. サーバを次にユーザを捜せますクリックすれば。



  4. メッセージのコピーを受け取ったユーザ メールボックスを捜すことができます。 Unity 接続を送信されたメッセージを保つために設定 してもらう場合送信されたメッセージを捜すことができます。



  5. メッセージ、インボックス メッセージだけ、または送信されたメッセージだけ『All』 を選択 することを可能にするドロップダウン メニューを表示するために『Next』 をクリック して下さい。



  6. このシナリオでは、検索はメッセージを送信 した、従って選択します送信されたメッセージだけですユーザ メールボックスのため。

    : Unity 接続の送信 された 項目を表示するこのオプションのために Webページ > システム設定> 進みました > メッセージング > 送信されたメッセージ ナビゲート して下さい: 保持期間は(幾日で)および送信されたメッセージを高めます: 0 を越える保持期間このメッセージの前の幾日は送信 されました。





  7. 複数 メッセージは表示されるかもしれません。 興味がある選択し、『Next』 をクリック して下さいメッセージを。

    ほしいメッセージのコピーが削除した選択することを可能にするドロップダウン・メニュー ディスプレイ、Next 画面-メッセージのすべてのコピー、見られたメッセージのコピー、または見られなかったメッセージのコピーだけ。



  8. メッセージのコピーを『All』 を選択 し、次にメッセージが現れるメールボックスすべてを表示するために『Search』 をクリック して下さい。



  9. それが含まれているメールボックスすべてからメッセージを削除するためにすべてを『Delete』 を選択 して下さい。

関連情報

これらのビデオをさらに詳細な情報は参照して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117733