コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

CM 設定例の UCCE 統合

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はエンドユーザにすぐに通信マネージャ(CM)サーバセットアップによって歩き CM のコンタクトセンター 企業(UCCE) /Cisco によって統一されるコンタクトセンター Express 統一された(UCCX)統合のすべての適切な設定がきちんと整っていることを確認する方法を記述します。 これらの設定のうちのどれかが不正確である場合、さまざまな異なる問題は発生すると期待されます(あなたのようなエージェント ラインを制御受け取ります重複した識別名 (DN) エラー/共有 Line エラーを、等できません)。 テクニカル アシスタンス センタ (TAC)は不正確である場合パラメータの修正を要求します。 この資料は UCCX 統合にまた必要です。

William Ryan Bennett、Cisco TAC Engineer

前提条件

要件

Cisco は既に CM で設定され、UCCE の内で統合 DN で設定されるエージェントがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • インストールされる CM 6.X 修正 11.x
  • インストールされる UCCE 7.x Revision 10.5

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

ネットワーク図

「PGUser」型で設定された UCCE および CM は両側で関連付けました。

設定

  1. アプリケーションのユーザーが、ないエンドユーザ、CM と UCCE/UCCX 間の接続のために設定されることを確認して下さい。 CM リリース 5.x で導入されてからアプリケーションのユーザー設定が必要となりました。

    この例に示すように、アプリケーションのユーザーおよびないエンドユーザの内で設定される「pguser」があります。 これは非常に重要です。

  2. アプリケーションのユーザーは権限インフォメーション セクションで右のアソシエーションがあることを確認して下さい。

    ここに選択される 5 つのグループおよびロールは大部分の統合に選択する必要がある唯一のグループ/ロールです。 他に必要でであって下さい場合、TAC がその推奨事項を伝えるようにして下さい。

    これが他の問題を引き起こしているので「すべてのデバイスの選択の標準 CTI 割り当てコントロールを選択しないで下さい。 「Xfer および CONF 接続された」は選択をサポートする電話の標準 CTI 割り当てコントロールきちんとはたらくためにより新しい SIP Phone に必要模倣しますです。

  3. 電話を選択されます「制御装置の位置で確認して下さい。 ただしエージェントがエクステンションモビリティによってログオンしたらデバイスの代りのエクステンションモビリティ プロファイルがこの位置で選択されるように、して下さい。 デバイスをまったく含まないで下さい。

  4. CM クラスタにクラスタで単一 エージェント DN およびその DN の他のどの形式もまったくないただことを確認して下さい。 > Route Plan レポート > 検索『Call Routing』 を選択 して下さい(またはエージェントがログオンする)正確な DN で検索して下さい。 DN は 1 回だけ現われる必要があります。 重要な制限はここにリストされています:
    • 重複した DN はサポートされません
    • 異なるパーティションとの重複した DN はサポートされません
    • コール パークおよびコールピックアップはサポートされません
    • ハント グループはサポートされません
    • その問題を引き起こしているのでコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイントおよび CTI ポートは決して複写するべきではありません

  5. 「呼び出しおよび「が Busy Trigger」の最大数あるように DN 設定を確認して下さい。 「呼び出しの最大数 2 常にであり、「は Busy Trigger は」あらゆる UCCE エージェント DN のための 1 常にであるはずです。 他のどの数もある場合、さまざまな異なる問題(ログイン、エージェント レシーブ 複数のコールそれらを処理できないとき共有回線エラーを等)期待して下さい。

    これらの値を確認するために、エージェント電話をクリックし、エージェント DN を選択して下さい

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

どの問題でも起こるように設定に続き、UCCE および CM をトレースします検討して下さい。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

どの問題でも起こるように設定に続き、UCCE および CM をトレースします検討して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117777