セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように置換 ESA で設定をロードしましたり/ESA から他へ設定を移行できますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に置換 E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)に設定をロードする方法をおよび設定を移行する方法を記述されています。

Cisco TAC エンジニア、Fraidoon Sarwary および Robert Sherwin により寄稿されました。

置換 ESA で設定をロードする方法

IP アドレスを変更しないか、または現在のユニットを交換したらのに ESA およびそれの名前が使用されたら設定を復元するためにこれらのステップを完了して下さい。

設定の保存

  1. システム 管理 > コンフィギュレーション ファイルを選択して下さい。
  2. 現在のコンフィギュレーション セクションで、表示するか、または保存するためにローカル コンピュータにダウンロード ファイルの隣でオプション ボタンをクリックして下さい。
  3. コンフィギュレーション ファイルのマスク パスワードのチェックを外して下さい-覆われたパスワードでファイルはロード設定がロードすることができません。
  4. [Submit] をクリックします。 これはローカル コンピュータに自動的に XML 形式のアプライアンス 設定をダウンロードします。 既知 位置かデスクトップにファイルを保存することをローカル コンピュータおよびブラウザに基づいて、確かめて下さい。
  5. XML ファイルを編集して下さい。 Network Configuration セクションでは、コンフィギュレーション ファイルからイーサネットおよび Port エントリを取除いて下さい。 イーサネット エントリは </ethernet_settings> の <ethernet_settings> および端から開始し、Port エントリは </ports> の <ports> および端から開始します。 
  6. XML ファイルを保存して下さい。

設定をロードして下さい

: AsyncOS バージョンが(たとえば、AsyncOS バージョン 7.6.3-019)アプライアンスのそれぞれでロードされる同じ修正であることを確かめて下さい。

  1. システム 管理 > コンフィギュレーション ファイルを選択して下さい。
  2. ロード設定 セクションで、ロードの隣でオプション ボタンをローカル コンピュータからのコンフィギュレーション ファイル クリックして下さい: そして『Browse』 をクリック して下さい。
  3. 前の手順から保存した見つけ、『Open』 をクリック して下さいファイルを。
  4. 『Load』 をクリック して下さい。

コンフィギュレーションは新しいユニットで今ロードされます。

ESA から他へ設定を移行できますか。

ESA から他へ設定、しかしサポートされないそれを移行することは可能性のあるです。 ESA は両方とも AsyncOS 同じバージョンがなければなりません。 両方のアプライアンスのパスワードで saveconfig を行って下さい両方のコンフィギュレーションをダウンロードします。 設定は一般に同じです。 loadconfig の間に検疫サイズのアラートがある場合、XML ファイルを編集して下さい。 検疫区域を捜し、検疫部品のサイズを調整して下さい。

コンフィギュレーションの違いが広大であり、多くのシナリオが実行される場合があるので単一 文書内の可能性すべてをカバーすることはできません。 またこの複雑な状況が原因で発生するかもしれない問題から発展させることはできません。 ただし、いくつかの例はここにあります:

  • C6xx から C360 にダウングレードとき、検疫サイズは調整する必要があります。
  • C1xx から他のどのプラットフォームに移行するとき、インターフェイスの数は変更されます。
  • C360/C660 から C370/C670 に移行するとき、インターフェイスの数は増加し、設定で手動で訂正する必要があります。


Document ID: 117803