セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように Cisco コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルで有効に なる 認可された 機能を判別できますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルで有効に なる 認可された 機能を判別する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア、John Yu、Robert Sherwin

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)

  • Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)

  • Cisco セキュリティ管理アプライアンス(SMA)

  • AsyncOS

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

どのように Cisco コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルで有効に なる 認可された 機能を判別できますか。

コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルのソフトウェアコンポーネント、か機能のそれぞれは、認可され、使用の前に有効に なる必要があります。 これらのコンポーネントを有効に するために、Cisco 製品ライセンス登録によるグローバル な オペレーション認可(GLO)によって提供されるフィーチャーキーを加えて下さい。 各フィーチャーキーは個々のコンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルのシリアル番号に特定で、それと関連付けられる満了期間を過します。 フィーチャーキーが切れるとき、機能の使用を続けるために Cisco 代表が付いているその機能のための契約を更新して下さい。

: 永遠キーはその機能のための有効期限がないことを示します。 休止 キーはこと機能自体に受け入れる必要があるまたはことを機能は設定され、有効に する必要があるエンドユーザー 使用 許諾 契約(EULA)がある示します。 完了されて、機能はアクティブに移動し、期限切れタイマーは始まります。 

: バーチャル ベースのアプライアンスに関しては、1 仮想 な アプライアンス ライセンスだけ各アプライアンス製品のために必要です。 この 1 仮想 な アプライアンス ライセンスは複数の仮想 な アプライアンスの配備に使用することができます。  

コンテンツ セキュリティ アプライアンス モデルで有効に なる 認可された 機能を判別するために、アプライアンスに単にログイン し、CLI に featurekey コマンドを入力して下さい。 代替として、GUI からシステム 管理タブにアクセスし、キーを『Feature』 をクリック することができます。

featurekey CLI コマンドからの出力例はここにあります:

 

追加を更に詳しい情報についてはユーザガイドのフィーチャーキー セクションを管理すること参照すれば。

関連情報



Document ID: 117842