IP : ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)

BGPテーブル バージョン

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はトラッキングするために BGPピア BGP プレフィックスのベストパス変更が伝搬する Border Gateway Protocol (BGP)によって使用される数であるテーブルバージョンを記述したものです。 それは BGP ソフトウェアによって使用される数です。 ネットワーク管理者が問題を解決するのを助ける show コマンドを入力する場合テーブルバージョン番号を表示できます。

Cisco TAC エンジニア、Luc De Ghein により寄稿されました。

ネットワーク図

これはこの技術情報のために使用するネットワークダイアグラムです:

ベストパス

BGP プレフィクスが異なる BGPピアおよびソースから学習されるので、BGP プレフィクスに 1つ以上のパスがあります。

マルチパスとの BGP プレフィクスの例はここにあります。 2 つのパスがあり、ベストパスは第 2 ものです。

R1#show bgp ipv4 unicast 10.100.1.1
BGP routing table entry for 10.100.1.1/32, version 2
Paths: (2 available, best #2, table default)
  Advertised to update-groups:
     1        
  Refresh Epoch 1
  5 4
    10.1.5.5 from 10.1.5.5 (10.1.5.5)
      Origin IGP, localpref 100, valid, external
      rx pathid: 0, tx pathid: 0
  Refresh Epoch 1
  4
    10.1.3.4 from 10.1.3.4 (10.100.1.1)
      Origin IGP, metric 0, localpref 100, valid, external, best
      rx pathid: 0, tx pathid: 0x0

1 パスだけ BGP ベストパス アルゴリズムに基づいて BGP ベストパスとして選ばれます。 これは事実常にです。 詳細については BGP ベストパス選択アルゴリズム技術情報を参照して下さい。

パスは BGP への BGPピアまたはルーティング プロトコルからの再配布からののようなソースから、学ばれます。 ベストパスに変更があるとき、BGP はアップデートか撤回の送信によってピアを知らせる必要があります。 撤回は BGP プレフィクスの最後のパスが削除されるとき送信 されます。

プレフィクスが network コマンドによってローカルでソースをたどられる例はここにあります:

R4#show bgp ipv4 unicast 10.100.1.1
BGP routing table entry for 10.100.1.1/32, version 4
Paths: (1 available, best #1, table default)
  Advertised to update-groups:
     1        
  Refresh Epoch 1
  Local
    0.0.0.0 from 0.0.0.0 (10.1.3.4)
      Origin IGP, metric 0, localpref 100, weight 32768, valid, sourced, local, best
      rx pathid: 0, tx pathid: 0x0

出力は原点 IGP を示したものです。

プレフィクスが再配布によって接続されるコマンドによってローカルでソースをたどられる例はここにあります:

R4#show bgp ipv4 unicast 10.100.1.1
BGP routing table entry for 10.100.1.1/32, version 7
Paths: (1 available, best #1, table default)
Flag: 0x820
  Not advertised to any peer
  Refresh Epoch 1
  Local
    0.0.0.0 from 0.0.0.0 (10.1.3.4)
      Origin incomplete, metric 0, localpref 100, weight 32768, valid, sourced, best
      rx pathid: 0, tx pathid: 0x0

出力は不完全な原点を示したものです。

テーブルバージョンの型

テーブルバージョン数は 32ビット値であり、テーブルバージョンには 4 つの型があります:

  • BGPテーブル バージョン
  • Routing Information Base (RIB) テーブルバージョン
  • ピア テーブルバージョン
  • プレフィクス テーブルバージョン

これらはテーブルバージョン セクションの使用方法で更に説明されます。

最初のテーブルバージョン数

BGP があらゆるプレフィックスについてまだ学ばなかったら、グローバル な テーブルバージョン、RIB テーブルバージョンおよびピア テーブルバージョンはテーブルバージョン数のための開始点の 1 です。

サマリ キーワードの Bgp コマンドは 3 つのテーブルバージョン番号を与えます。 サマリ キーワードは BGP のすべてのアドレス ファミリーに提供することができます。

R1#show bgp ipv4 unicast summary
BGP router identifier 10.1.3.1, local AS number 1
BGP table version is 1, main routing table version 1

Neighbor     V       AS MsgRcvd MsgSent   TblVer  InQ OutQ Up/Down  State/PfxRcd
10.1.1.2     4        2       4       4        1    0    0 00:01:15        0
10.1.2.3     4        3       4       4        1    0    0 00:01:06        0
10.1.3.4     4        4       4       4        1    0    0 00:01:33        0

BGPテーブルのプレフィクスを検知 する場合プレフィクス テーブルバージョンを表示できます。

R1#show bgp ipv4 unicast 10.100.1.1/32
BGP routing table entry for 10.100.1.1/32, version 2
Paths: (1 available, best #1, table default)
  Advertised to update-groups:
     1        
  Refresh Epoch 1
  4
    10.1.3.4 from 10.1.3.4 (10.1.3.4)
      Origin IGP, metric 0, localpref 100, valid, external, best
      rx pathid: 0, tx pathid: 0x0

show ip bgp 内部コマンドを入力する場合テーブルバージョンを表示できます:

R1#show ip bgp internal
Time left for bestpath timer: 964 secs
Consistency-checker not enabled
Update generation pool version 8, messages 0, in pool 0, below 00:00:24.432.
Enhanced Refresh EOR Stalepath-time disabled
Enhanced Refresh max-eor-time disabled
Total number of BGP Accepter process: 50, Spawned count: 0
Total number of neighbors: 4
Total number of sessions : 4
  Established            : 4
  OpenConfirm            : 0
  OpenSent               : 0
  Active                 : 0
  Connect                : 0
  Idle                   : 0
  Closing                : 0
  Uninitialized          : 0
Address-family IPv4 Unicast, Mode : RW
    Table Versions : Current 39 Init 2 RIB 39


    Start time : 00:00:18.919    Time elapsed 22:15:38.198
    First Peer up in : 00:00:06.830    Exited Read-Only in : 00:01:07.966
    Done with Install in : 00:01:07.967    Last Update-done in : 00:01:07.969
    0 updates expanded
    L3VPN Tunnel Encapsulated Paths : 0
    Slow-peer detection is disabled     BGP Nexthop scan:-
        penalty: 0, Time since last run: 21:19:42.174,  Next due in: none
        Max runtime : 0 ms Latest runtime : 0 ms Scan count: 2
    BGP General Scan:-
        Max runtime : 1 ms Latest runtime : 0 ms Scan count: 0

    BGP future scanner version: 1333
    BGP scanner version: 0
Address-family IPv4 Multicast, Mode : RW
    Table Versions : Current 1 Init 1 RIB 1


    Start time : 00:00:18.919    Time elapsed 22:15:38.199
    First Peer up in : never    Exited Read-Only in : 00:00:10.286
    Done with Install in : 00:00:10.286    Last Update-done in : never
    0 updates expanded
    L3VPN Tunnel Encapsulated Paths : 0
    Slow-peer detection is disabled     BGP Nexthop scan:-
        penalty: 0, Time since last run: never,  Next due in: none
        Max runtime : 0 ms Latest runtime : 0 ms Scan count: 0
    BGP General Scan:-
        Max runtime : 1 ms Latest runtime : 0 ms Scan count: 0

    BGP future scanner version: 1334
    BGP scanner version: 0
Address-family MVPNv4 Unicast, Mode : RW
    Table Versions : Current 1 Init 1 RIB 1


    Start time : 00:00:18.919    Time elapsed 22:15:38.200
    First Peer up in : never    Exited Read-Only in : 00:00:10.286
    Done with Install in : 00:00:10.286    Last Update-done in : never
    0 updates expanded
    L3VPN Tunnel Encapsulated Paths : 0
    Slow-peer detection is disabled     BGP Nexthop scan:-
        penalty: 0, Time since last run: never,  Next due in: none
        Max runtime : 0 ms Latest runtime : 0 ms Scan count: 0
    BGP General Scan:-
        Max runtime : 1 ms Latest runtime : 0 ms Scan count: 0

    BGP future scanner version: 1334
    TX VPN optimization enabled.

BGPテーブル バージョンの変更のための条件

変更するべき BGPテーブル バージョン番号に関してはベストパスに変更および伝搬する RIB への変更がある必要があります。 BGP プレフィクスのための RIB への変更はプレフィクスが BGP プレフィクスとして RIB にある場合その時だけ発生します。 他のどのルーティング プロトコルもルーティングにプレフィクスを置く場合、BGP プレフィクスは RIB 障害としてマークされます。 そのケースでは、ベストパスが変更しても、テーブルバージョンは変更しません。

BGPテーブル バージョンが変更しないところに例はここにあります。 R4 から学習される BGP プレフィクス 10.100.1.1/32 はまた R1 で設定されるスタティック ルートによって学習されます。 このように、R1 は RIB にスタティック ルートをインストールし、R1 の BGP は RIB 障害としてのは RIB にプレフィクスをインストールする BGP ではないので、プレフィクスを示します。 RIB へのこのプレフィクスのための BGP パスへのどの変更でも伝搬しません。 従ってベストパス変更があるのに、BGPテーブル バージョンはアップデートが RIB へないのでぶつかりません。

R1#show bgp ipv4 unicast 10.100.1.1/32
BGP routing table entry for 10.100.1.1/32, version 8
Paths: (2 available, best #1, table default, RIB-failure(17))
  Advertised to update-groups:
     2        
  Refresh Epoch 2
  4
    10.1.3.4 from 10.1.3.4 (10.100.1.1)
      Origin IGP, metric 0, localpref 100, valid, external, best
      rx pathid: 0, tx pathid: 0x0
  Refresh Epoch 2
  5 4
    10.1.5.5 from 10.1.5.5 (10.1.5.5)
      Origin IGP, localpref 100, valid, external
      rx pathid: 0, tx pathid: 0

R1#show ip route 10.100.1.1 
Routing entry for 10.100.1.1/32
  Known via "static", distance 1, metric 0 (connected)
  Routing Descriptor Blocks:
  * directly connected, via Loopback0
      Route metric is 0, traffic share count is 1

テーブルバージョンの使用方法

ベストパスが BGP プレフィックスを変更するとき、いくつかの事は起こる必要があります:

  • RIB は知らせる必要があります。
  • BGPピアは知識のある必要があります。
  • ルータはどのベストパス変更するかどの BGPピアがの知識のあるかトラッキングする必要があります。

BGPテーブル バージョンは使用される代表番号です。 この数は特定 の アドレス ファミリー用のあらゆる BGP プレフィクスの最も高いプレフィクス テーブルバージョンと同じです。 プレフィクス テーブルバージョン 3、6、8、10、および 18 が付いている BGPテーブルに 5 つのプレフィックスが、あることを仮定して下さい。 BGPテーブル バージョンはそれから 18 です。

ピア テーブルバージョンはベストパスに変更があったどのプレフィックスかどの同位がの知識のある必要があるかトラッキングするために使用されます。 各ピアのピア テーブルバージョンはプレフィックスのプレフィクス テーブルバージョンに対してチェックされます。 プレフィクスのプレフィクス テーブルバージョンがピア テーブルバージョンより下部のである場合、BGP はその BGPピアにそのプレフィクスのためのアップデートを送信する必要があります。 たとえばピア 10.1.1.2 に 60 のピア テーブルバージョンがあれば、そしてそのピアは 60 のプレフィクス テーブルバージョンおよび下部ののすべてのプレフィックスのために最新です。 ルータは 60 より高いプレフィクス テーブルバージョンとのすべてのプレフィックスのための BGP更新を送信する必要があります。

ルータがベストパスによって変更されるプレフィックスのための BGPピアをアップデートすれば、ルータはこのピアのためのピア テーブルバージョンをアップデートします。 このピア テーブルバージョン値はこの BGPピアが更新済だったすべてのプレフィックスの最も高いプレフィクス テーブルバージョンの値を一致するために調節されます。 ピア テーブルバージョンが 60 であり、プレフィクス テーブルバージョン 61 および 62 との 2 つのプレフィックスがあることを仮定して下さい。 ルータがその BGPピアにこれら二つのプレフィックスのための新しいベストパスを送れば、そしてピア テーブルバージョンは 62 にアップデートされます。

プレフィクス テーブルバージョンは BGP プレフィクスに接続されるテーブルバージョン数です。 それはベストパスがそのプレフィクスのために変更するとき変更されます。 ベストパスが 1 BGP プレフィクスのために変更するたびに、意味するプレフィクス テーブルバージョンはぶつかります、次の利用可能なバージョン数と等しいアップデートすることを。 プレフィクス 10.0.0.0/8 にプレフィクス テーブルバージョン 27 があり、BGPテーブル バージョンが 30 であることを仮定して下さい。 この場合ベストパスがプレフィクス 10.0.0.0/8 のために変更するとき、プレフィクス テーブルバージョンは 31 にぶつかります。

RIB テーブルバージョンはトラッキングするために BGP ベストパス変更が発生した後 RIB がアップデートされる必要がある場合使用されます。 RIB はプレフィクス テーブルバージョンが高くある RIB テーブルバージョンより BGP プレフィックスの知識のある必要があります。 これらのプレフィックスに関しては、RIB が追加、削除または変更しますイベントをあります。

トラブルシューティングのための使用方法

BGP がコンバージしたら知るために、提示 bgp summary コマンドを入力して下さい。 ピア BGPテーブル バージョンが BGPテーブル バージョンに匹敵する場合、そのピアはコンバージしました。 本管ルーティング テーブル バージョンが BGPテーブル バージョンに匹敵する場合、RIB はコンバージしました。

R1#show bgp ipv4 unicast summary
BGP router identifier 10.1.3.1, local AS number 1
BGP table version is 2, main routing table version 2
1 network entries using 144 bytes of memory
1 path entries using 80 bytes of memory
1/1 BGP path/bestpath attribute entries using 144 bytes of memory
1 BGP AS-PATH entries using 24 bytes of memory
0 BGP route-map cache entries using 0 bytes of memory
0 BGP filter-list cache entries using 0 bytes of memory
BGP using 392 total bytes of memory
BGP activity 1/0 prefixes, 1/0 paths, scan interval 60 secs

Neighbor     V       AS MsgRcvd MsgSent   TblVer  InQ OutQ Up/Down  State/PfxRcd
10.1.1.2     4        2      69      69        2    0    0 01:00:54        0
10.1.2.3     4        3      69      70        2    0    0 01:00:45        0
10.1.3.4     4        4      72      70        2    0    0 01:01:12        1

BGPテーブル バージョンへの多くの変更がある場合もあり何かが間違っていることをそれは常に意味します。

ルータがインターネットに接続される仮定し、フル インターネット ルーティング テーブルをと持っています。 通常、少数の変更がインターネット BGPテーブルのほとんど各秒あります。 それから、ルータはいくつかのプレフィックスのためのベストパスを計算し直す必要があり RIB および BGPピアをアップデートします。 これは正常な動作です。

オフ BGPピア(セッションは再設定されます)、そしてルータそのピアに完全な BGPテーブルをアドバタイズしなければなりません仮定して下さい。 そのピアが増加するテーブルバージョンがあることができるようにそれに期待されます。 テーブルバージョンはピアが BGP プレフィックスを再度受け取ると同時に増加します。 送信 BGPピアは BGP プレフィックスのためにテーブルバージョンを高めません。

次に例を示します。 テーブルバージョンは 28 から開始します。

R1#show bgp ipv4 unicast summary     
BGP router identifier 10.1.3.1, local AS number 1
BGP table version is 28, main routing table version 281
network entries using 144 bytes of memory2 path entries using 160 bytes of memory
2/1 BGP path/bestpath attribute entries using 288 bytes of memory
2 BGP AS-PATH entries using 48 bytes of memory
0 BGP route-map cache entries using 0 bytes of memory
0 BGP filter-list cache entries using 0 bytes of memory
BGP using 640 total bytes of memory
BGP activity 1/0 prefixes, 16/14 paths, scan interval 60 secs

Neighbor     V       AS MsgRcvd MsgSent   TblVer  InQ OutQ Up/Down  State/PfxRcd
10.1.1.2     4       2     117     125       28    0    0 01:43:50        0
10.1.2.3     4       3     117     125       28    0    0 01:43:53        0
10.1.3.4     4       4      10      12       28    0    0 00:04:22        1
10.1.5.5     4       5      55      63       28    0    0 00:45:45        1

R1#show bgp ipv4 unicast 10.100.1.1/32
BGP routing table entry for 10.100.1.1/32, version 28


Paths: (2 available, best #1, table default)
  Advertised to update-groups:
     1        
  Refresh Epoch 2
  4
    10.1.3.4 from 10.1.3.4 (10.100.1.1)   <<< path from R4
      Origin IGP, metric 0, localpref 100, valid, external, best
      rx pathid: 0, tx pathid: 0x0
  Refresh Epoch 2
  5 4
    10.1.5.5 from 10.1.5.5 (10.1.5.5)   <<< path from R5
      Origin IGP, localpref 100, valid, external
      rx pathid: 0, tx pathid: 0

ピア 10.1.3.4 (R4)の R1 の方の BGPセッションのためのハードなオフを行なって下さい。 ピアは R1 の方の 1 プレフィクスだけ 10.100.1.1/32 アドバタイズします。 10.100.1.1/32 は R4 および R5 から学習されます。 ベストパスは R4 からのパスです。

debug ip bgp 内部イネーブルになったが BGPテーブル バージョンがどうなるか見るためにあることを確認して下さい。 アップデートが着くと何が起こるか見るために debug ip bgp updates を有効に してもらうはずです。

R1#debug ip bgp updates              
BGP updates debugging is on for address family: IPv4 Unicast

R1#debug ip bgp internal            
BGP internal debugging is on

R1#show debugging
IP routing:
  BGP internal debugging is on
  BGP updates debugging is on for address family: IPv4 Unicast
R1#
%BGP-5-NBR_RESET: Neighbor 10.1.3.4 reset (Peer closed the session)   <<< BGP
session to R4 goes down

BGP: TX IPv4 Unicast Net global 10.100.1.1/32 Changed.
BGP: TX IPv4 Unicast Net global 10.100.1.1/32 RIB done.
BGP: TX IPv4 Unicast Net global 10.100.1.1/32 Changed.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Resetting counters.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Ignoring dummy policy change.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Resetting counters.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Ignoring dummy policy change.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Changing state from ACTIVE to DOWN
(session not established).
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Removing from group (3 members left).
%BGP-5-ADJCHANGE: neighbor 10.1.3.4 Down Peer closed the session
%BGP_SESSION-5-ADJCHANGE: neighbor 10.1.3.4 IPv4 Unicast topology base removed
from session  Peer
closed the session
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 10.1.3.4 State is DOWN (session not established).
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Attempting to
install.   <<< RIB gets informed
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Built route type:
1024, flags: 200000, tag: 5,
metric: 0 path: 1.
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Path 1, type: DEF,
gw: 10.1.5.5, idb: N/A,
topo_id: 0, src: 1.1.5.5, lbl: 1048577, flags: 0.
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Installing 1 paths,
multipath limit 1 (from 1).
BGP(0): Revise route installing 1 of 1 routes for 10.100.1.1/32 -> 10.1.5.5
(global) to main IP table   <<< The remaining path through R5 gets installed
in the RIB
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Install successful.
BGP: TX IPv4 Unicast Net global 10.100.1.1/32 RIB done.
BGP: TX IPv4 Unicast Net global 10.100.1.1/32 RIB done.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab RIB walk done version 29, added 1 topologies.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Executing.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Processing.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Appending nets from attr 0x9362CB4.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Attr change from 0x0 to 0x9362CB4.
BGP(0): (base) 10.1.1.2 send UPDATE (format) 10.100.1.1/32, next 10.1.1.1,
metric 0, path 5 4
   <<< R1 sends update for 10.100.1.1/32 for Table Version 29.
(bestpath is still the one from R5, i.e. the only one R1 has at this moment)
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Net 10.100.1.1/32 (Pxt 0x9F58FA0:0x0)
Formatted.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global No attributes with modified nets.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Added tail marker with version 29.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Reached marker with version 29.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global No attributes with modified nets.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Replicating.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Done (end of list), processed 1 attr(s),
1/1 net(s), 0 pos.
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Checking EORs again (3/3).
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Start minimum advertisement timer (30 secs).
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Blocked (minimum advertisement interval).
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Reached end of list.
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Converged.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Processed 1 walker(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Generation completed.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Deleting first marker with version 28.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection reached marker 28 after 0 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection done on marker 29 after 1 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection done on marker 29 after 0 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 10.1.3.4 Policy change while no group and
member is DOWN.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 10.1.3.4 Changing state from DOWN to WAIT
(pending advertised bit allocation).
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Added to group (now has
4 members).
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Continuing into ACTIVE state.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Refresh Start-of-rib for afi 1,
safi 1.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Full refresh requested.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Refresh has to wait for pathext
prepend.
%BGP-5-ADJCHANGE: neighbor 10.1.3.4 Up    <<< BGP session to R4 is up again.
But, R1 did not learn the prefix 10.100.1.1/32 yet from R4
.
BGP: nbr_topo global 10.1.3.4 IPv4 Unicast:base (0x63D50D0:1) rcvd Refresh
Start-of-RIB
BGP: nbr_topo global 10.1.3.4 IPv4 Unicast:base (0x63D50D0:1) refresh_epoch
is 2
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Start pathext prepend.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Pathext prepend full table refresh.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Pathext prepend full table refresh.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Inserting initial marker.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Done pathext prepend (1 attrs).
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Starting refresh after prepend completion.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Starting refresh (first member,
1, 0, marker).
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Start at marker 1.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Unblocked
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection done on marker 1 after 0 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Executing.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Processing.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Attr change from 0x0 to 0x9362CB4.
BGP(0): (base) 10.1.1.2 send UPDATE (format) 10.100.1.1/32, next 10.1.1.1,
metric 0, path 5 4 
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Net 10.100.1.1/32 (Pxt 0x9F58FA0:0x0)
Formatted.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Reached marker with version 29.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Replicating (pending member_pos
processing).
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Completed refresh.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Refresh stop.
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Refresh complete.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Stop.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Blocked (not in list).
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Converged.
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.3.4 Send EOR.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Ref Suspending / blocked (member marker),
processed 1 attr(s), 1/1 net(s),
1 pos.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Processed 1 walker(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Generation completed.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Deleting first marker with version 1.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection reached marker 1 after 0 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection done on marker 29 after 1 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection done on marker 29 after 0 path
extension(s).
BGP(0): 10.1.3.4 rcvd UPDATE w/ attr: nexthop 10.1.3.4, origin i, metric 0,
merged path4, AS_PATH
BGP(0): 10.1.3.4 rcvd 10.100.1.1/32
   <<< R1 received 10.100.1.1/32 from
R4 again
BGP: TX IPv4 Unicast Net global 10.100.1.1/32 Changed.
BGP: nbr_topo global 10.1.3.4 IPv4 Unicast:base (0x63D50D0:1) rcvd Refresh
End-of-RIB
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Attempting to install.
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Built route type:
1024, flags: 200000, tag: 4, metric: 0 path: 1.
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Path 1, type: DEF,
gw: 10.1.3.4, idb: N/A, topo_id: 0, src: 1.1.3.4, lbl: 1048577, flags: 0.
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Installing 1 paths,
multipath limit 1 (from 1).
BGP(0): Revise route installing 1 of 1 routes for 10.100.1.1/32 -> 10.1.3.4
(global) to main IP table
BGP: net global:IPv4 Unicast:base 10.100.1.1/32 RIB-INSTALL Install successful.
BGP: TX IPv4 Unicast Net global 10.100.1.1/32 RIB done.
BGP: TX IPv4 Unicast Net global 10.100.1.1/32 RIB done.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab RIB walk done version 30
, added 1 topologies.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Executing.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Generation completed.
BGP: TX Member message pool under period (60 < 600).
BGP: TX IPv4 Unicast Mem global 1 1 10.1.2.3 State is ACTIVE (ready).
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Minimum advertisement timer expired.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Unblocked
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Executing.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Processing.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Appending nets from attr 0x9362D54.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Attr change from 0x0 to 0x9362D54.
BGP(0): (base) 10.1.1.2 send UPDATE (format) 10.100.1.1/32, next 10.1.1.1,
metric 0, path 4
   <<< R1 sends an update for 10.100.1.1/32 for Table Version
30 (bestpath is again the one from R4)
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Net 10.100.1.1/32 (Pxt 0x9F58FA0:0x0)
Formatted.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global No attributes with modified nets.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Added tail marker with version 30.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Reached marker with version 30.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global No attributes with modified nets.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Replicating.
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Done (end of list), processed 1
attr(s), 1/1 net(s), 0 pos.
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Checking EORs again (4/4).
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Start minimum advertisement timer (30 secs).
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Blocked (minimum advertisement interval).
BGP: TX IPv4 Unicast Wkr global 1 Cur Reached end of list.
BGP: TX IPv4 Unicast Grp global 1 Converged.
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Processed 1 walker(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Tab Generation completed.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Deleting first marker with version 29.
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection reached marker 29 after 0 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection done on marker 30 after 1 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Top global Collection done on marker 30 after 0 path
extension(s).
BGP: TX IPv4 Unicast Tab RIB walk done version 30, added 0 topologies.

すべてのテーブルバージョンは 30 に今あります:

R1#show bgp ipv4 unicast summary     
BGP router identifier 10.1.3.1, local AS number 1
BGP table version is 30, main routing table version 30
1 network entries using 144 bytes of memory
2 path entries using 160 bytes of memory
2/1 BGP path/bestpath attribute entries using 288 bytes of memory
2 BGP AS-PATH entries using 48 bytes of memory
0 BGP route-map cache entries using 0 bytes of memory
0 BGP filter-list cache entries using 0 bytes of memory
BGP using 640 total bytes of memory
BGP activity 1/0 prefixes, 17/15 paths, scan interval 60 secs

Neighbor     V       AS MsgRcvd MsgSent   TblVer  InQ OutQ Up/Down  State/PfxRcd
10.1.1.2     4        2     127     135       30    0    0 01:52:42        0
10.1.2.3     4        3     126     136       30    0    0 01:52:45        0
10.1.3.4     4        4      12      14       30    0    0 00:06:25        1
10.1.5.5     4        5      64      73       30    0    0 00:54:37        1


R1#show bgp ipv4 unicast 10.100.1.1/32
BGP routing table entry for 10.100.1.1/32, version 30
Paths: (2 available, best #1, table default)
  Advertised to update-groups:
     1        
  Refresh Epoch 2
  4
    10.1.3.4 from 10.1.3.4 (10.100.1.1)
      Origin IGP, metric 0, localpref 100, valid, external, best
      rx pathid: 0, tx pathid: 0x0
  Refresh Epoch 2
  5 4
    10.1.5.5 from 10.1.5.5 (10.1.5.5)
      Origin IGP, localpref 100, valid, external
      rx pathid: 0, tx pathid: 0

ついに、R1 で、2 つのベストパス変更がありました。 このように、得られたテーブルバージョンは 2.によってぶつかりました

最初に、ピア 10.1.3.4 は R1 で行きました。 ベストパスは R5 から届いたパスに変更しました。 テーブルバージョンは 29 だった次の利用可能 な数に増加しました。 プレフィクス テーブルバージョンは 29 に同様にぶつかりました。 RIB はこの新しいベストパスによってアップデートされました。 RIB のテーブルバージョンは 29 に高められました。 それから、R1 は新しいベストパスのための BGPピア 10.1.1.2 にアップデートを送信し、29 にピア テーブルバージョンをアップデートしました。 その他すべてのピアは同様にアップデートされました。

2 番目に、ピア 10.1.3.4 は再度かつて稼働していました、R1 は R4 から 10.100.1.1/32 のためのアップデートを受信し、ベストパスを計算し直しました。 R4 からのパスは 30 の次の利用可能 な数にぶつかるべきテーブルバージョンおよびプレフィクス テーブルバージョンを引き起こした新しいベストパスでした。 再度、RIB および他のすべての BGPピアは更新済であり、RIB およびピア テーブルバージョンは 30 にアップデートされました。 テーブルバージョンは 1 つによってだけここにいつもぶつかりました。 ただし、他の BGP プレフィックスが他の変更を経たら、このテーブルバージョンは次の利用可能 な数にいつも跳ぶので、複数ぶつかります。

clear ip bgp を入力したら BGPピアのために、そのルータ送り直しますそのピアに BGP プレフィックスを命じて下さい。 これにより受信 BGPピアのベストパスの変更を引き起こしません。 それ故に、そのピアのテーブルバージョンに変更がありません。

受信ルータの debug ip bgp updates を実行するとき、見ます:

BGP(0): 10.1.3.4 rcvd UPDATE w/ attr: nexthop 10.1.3.4, origin i, 
metric 0, merged path 4, AS_PATH
BGP(0): 10.1.3.4 rcvd 10.100.1.1/32...duplicate ignored

受信されたアップデートは重複として認識されます、従って無視され、ベストパス変更は発生しません。

BGPテーブルで 100.000 プレフィックスのルータがあり、BGPテーブル バージョンが 100.000 毎分増加することを仮定して下さい。 これは期待されないし、動作は検査する必要があります。 動作のための 1 つの原因は BGP プレフィックスのためのネクスト・ホップがすべてのプレフィックスのために毎分フラップしていることである可能性があります。

BGPテーブル バージョンが急速に増加するとき結果の 1 つは一定した高いルータのCPU を引き起こすかもしれない BGP IO が使用中であることです、およびプロセス BGPルータ。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116511