サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS Central ソフトウェア

UCS 本部配備

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にユニファイド コンピューティング システム(UCS)本部を展開する方法を記述されています。

モハメッド Majid Hussain によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

Cisco は Cisco UCS Manager のナレッジがあることを推奨します。

要件

これらの TCP ポートは Cisco UCS Manager およびファームウェア 管理のための Cisco 登録済みの UCS 正しくはたらくドメインおよびバックアップ機能間で開く必要があります:

  • LOCKD_TCPPORT=32803
  • MOUNTD_PORT=892
  • RQUOTAD_PORT=875
  • STATD_PORT=32805
  • NFS_PORT="nfs"(2049)
  • RPC_PORT="sunrpc"(111)

サーバ 要件

この表は Cisco UCS 本部を展開するスタンドアロン ラック サーバのための最小限の要件を記述したものです。

Hypervisor による Cisco UCS 本部のための表 1 システム要件

RequirementESX 最小限の要件超V 最小限の要件
ディスクスペース60 GB60 GB
RAM4GB4GB
VCPU コア1 コア2 つのコア
ディスクは速度を読みました> 75 MBps
>125 MBps は推奨される速度です。
> 75 MBps
>125 MBps は推奨される速度です。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco UCS Manager バージョン 2.2 (1c)
  • Cisco UCS 本部バージョン 1.1(2a)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

UCS 本部を展開するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. 適切な UCS 本部開いた仮想 な アプライアンス(OVUM)を Cisco com からダウンロードするために、製品 > サーバ - ユニファイド コンピューティング > Cisco UCS Central ソフトウェアにナビゲート して下さい。



  2. OVUM を展開するために、『File』 をクリック し『Deploy』 を選択 して下さい OVF テンプレートを…



  3. 示されているように開いた仮想化 形式(OVF)テンプレートを配置するためにステップバイステップ プロセスによって続けて下さい:





    1. UCS 本部 Virtual Machine (VM)の名前を規定 して下さい。





    2. [Finish] をクリックします。



  4. OVUM テンプレートが配置されたら、UCS 中央 VM のコンソールを開き、示されているで設定して下さい:

    1. IP アドレス、ネットマスクおよびデフォルト ゲートウェイを規定 して下さい。

    2. VM にクラスタの一部でほしい場合はい入力して下さい; そうでなかったら、いいえ入力して下さい



    3. 中央 VM にホスト名を規定 して下さい。

    4. 必要に応じて Domain Name Server (DNS)サーバの IP アドレスを規定 して下さい。

    5. 必要に応じてドメイン名を規定 して下さい。

    6. 管理者 パスワードおよび共有秘密を規定 して下さい。

    7. 統計収集が必要となる場合はい入力して下さい; そうでなかったら、いいえ入力して下さい

    8. はい型設定を続行するため。



  5. UCS 中央 VM が設定されたら、Admin > UCS マネージャ(UCSM)の UCS 本部にナビゲート し、UCS 本部と『register』 をクリック して下さい。



  6. ステップ 4 で規定 された、入力し『OK』 をクリック して下さい UCS 本部のための IP アドレスおよび共有秘密を。



    UCSM が UCS 本部に登録に成功される場合、登録ステータスは登録されているように示す必要があります。



  7. UCS 本部に登録されていた UCS ドメインを表示して下さい:

    1. UCS 本部で、ドメイン > 機器 > UCS ドメインにナビゲート して下さい。

    2. UCS ドメインを拡張して下さい。 Ungrouped ドメインの下で UCS ドメインを見られますはずです。



  8. Ungrouped ドメインからドメイン グループ ルートに UCS ドメインを移動して下さい:

    1. ドメイン グループ ルートに移動する必要がある UCS ドメインをクリックして下さい。

    2. グループ 割り当てを『General』 をクリック し、次に『Change』 をクリック して下さい。

    3. ドメイン グループ ルート無線 ボタンを選択して下さい。



      UCS ドメインはドメイン グループ ルートの下で表示する必要があります。

プロファイル作成および割り当てを保守して下さい

サービス プロファイルを作成し、UCS 本部でそれを割り当てるためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. サーバ > 副組織へのナビゲート。

  2. サービス プロファイルを作成したいと思う組織を右クリックして下さい。

  3. サービス プロファイルを『Create』 をクリック して下さい。



  4. サービス プロファイルを UCS マネージャで同じ方法構築して下さい。 サーバにサービス プロファイルを割り当てることは、ちょうど作成したサービス プロファイル、そしてナビゲートを一般にクリックするために、およびサービス プロファイル アソシエーションを『Change』 をクリック します。 これらのサーバ割り当て メソッドの 1 つを選択して下さい:

    • 以降を割り当てて下さい
    • プールからサーバを選択して下さい
    • 手動
    • 識別して下さいスロット 位置(この例に選択された)




    サービス プロファイルがサーバに正常に関連付けられれば、progess は示されているように Status タブの下で 100% として、表示する必要があります:



  5. サービス プロファイルを表示して下さい UCS 本部から UCSM への押された:

    1. UCSM の UCS 本部のサービス プロファイルを作成した副組織にナビゲート して下さい。 UCS 本部から正常に押されたことを示すそれの側のグリーン範囲とのサービス プロファイルを見られますはずです。

    2. バーチャルネットワーク インターフェイス カード(VNICs)、VLAN、仮想 な ホスト バス アダプタ(vHBAs)、およびサービス プロファイルを作成したときに UCS 本部で定義された仮想 な ストレージ エリア ネットワーク(VSAN)を表示するためにサービス プロファイルを拡張して下さい。


    : サービス プロファイルは UCSM にサーバと関連付けられ、100% の進行状況を完了した後やっと現われます。





    UCSM の LAN タブの下で、UCS 本部から得られた VLAN にそれによってグリーン ダイヤモンド シンボルがあります。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

このセクションは UCS 本部に UCSM を登録するとき出会う可能性がある少数のよくある エラーをリストします。

UCS 本部に UCSM の登録ステータスを確認して下さい:

登録ステータスが未登録を読む場合、に FSM > UCS 中央館一括帯出者登録はより多くの詳細を参照するためにナビゲート します。

共有秘密 ミスマッチ

共有秘密 ミスマッチを示すエラーに出会えば、のステップ 4 で「設定する」セクションを入った正しい共有秘密を供給して下さい。

UCSM および UCS 中部標準時は同期されません。 再試行…

出会えば UCSM および UCS 中部標準時を示すエラーは同期されません。 再試行して…、そして Network Time Protocol (NTP) ソースを規定 するか、または手動で エラーを当たるために時間を定義できます。

NTP ソースを規定 するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 運用管理へのナビゲート > 操作上ポリシー > 時間帯

  2. NTP サーバを『Add』 をクリック して下さい。

  3. である中央 UCS およびファブリック相互接続から到達可能 規定 する NTP ソースことを確かめて下さい。



    NTP ソースは設定 された UCSM の refect べきです。

  4. 確認するため、Admin > 時間帯 管理にナビゲート するため。



    時間帯は UCS 本部から時間帯 管理に Globalオプション・ボタンを選択するときだけ引っ張られます。 さらに、のステップ 8 に「設定する」セクションを説明があるドメイン グループ ルートの下で UCS ドメインを移動したにちがいありません。

時間を手動で 規定 することを望んだ場合これらのステップを完了して下さい:

  1. 中央 UCSM および UCS 両方のコマンド・ラインに行き、これらのコマンドを実行して下さい:

     scope system
     scope services


  2. /system/services に行って下さい。

  3. UCSM および UCS 両方本部の時間を示されているように規定 し、相次いで『Enter』 を押して下さい。

    : 時間構文は次のとおりです: 月日付年時間分第 2。



時間が同期されれば、UCSM は UCS 本部に登録する必要があります。



Document ID: 118366