ルータ : Cisco 7600 シリーズ ルータ

7600 シリーズ ルータ 隣接関係割り当て方式

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はどのように/アプローチ調節するために Cisco 7600 シリーズ ルータのための Policy Feature Card 記述したものです(PFC)-3A、3B、3BXL、3C および 3CXL モジュールの隣接関係割り当て。 この機能はイメージ 15.2(2)S およびそれ以降に含まれています。

ジャイナ教 Amit Goyal および Ruchir によって貢献される Cisco TAC エンジニア。

背景説明

隣接エントリ

ネットワークのノードは隣接するとリンク層を渡るシングル ホップと到達可能である場合考えられます。 Cisco Express Forwarding (CEF) オペレーションの 2 つの主要なコンポーネントは転送情報ベース (FIB)および隣接テーブルです。 FIB に加えて、CEF はレイヤ2 アドレッシング情報を付加するために隣接テーブルを使用します。 隣接関係テーブルは、すべての FIB エントリに対するネクスト レイヤ 2 ホップ アドレスを管理します。 隣接テーブルは隣接関係 CAM として呼出されるハードウェア Ternary Content Addressable Memory (TCAM)の助けによって形成されます。 隣接エントリが(ATM の場合には直通アドレス解決プロトコル (ARP)および相手先選択接続 (SVC)のような)作成されるたびに、その隣接ノードのためのリンク層ヘッダーは事前計算済みおよび隣接テーブルで保存されてです。 ルートが決定されると、ネクスト ホップおよび対応する隣接関係エントリを示します。 それはパケットの CEF スイッチングの間にカプセル化のために次に使用されます。

隣接関係 割り当て方式

ユニキャストおよびマルチキャスト 隣接関係は両方隣接テーブルの同じ領域を共有しますが、隣接エントリ 割り当て方式はユニキャストおよびマルチキャスト ストリームのために異なっています。 統計および非統計呼ばれる CAMテーブルに 2 つの領域が領域あります。 最初の 512,000 のサポート 統計情報レポートおよび残りが非統計情報 サポートである百万隣接関係までの 7600 シリーズ ルータ サポート。 512,000 が統計領域に行ったら、新しい隣接関係は非統計領域から作成されます。

ユニキャストのための隣接エントリ アロケーション

隣接関係 ドライバ コードはユニキャストストリームのための隣接エントリ アロケーションを統計/非統計の領域すべてを捜します。 隣接関係 ドライバ コードは全体の隣接テーブルの利用可能 な 隣接エントリを戻します。 検索は低い領域(統計領域)からより高いアドレス(非統計)領域に一般的に進歩します。

マルチキャストのための隣接エントリ アロケーション

マルチキャストアプリケ− ションはマルチキャスト(S 基づいて領域を G)ハッシュに選択します。 合計 32 の領域があります。 隣接関係 ドライバ コードはもし可能であれば指定領域および戻り 1 の自由な隣接エントリを捜します。 その特定の領域に自由な隣接エントリがない場合、ドライバ コードは他の領域からマルチキャストアプリケ− ションに隣接エントリが他の領域で利用できて隣接エントリを戻しません。

ソフトウェア アーキテクチャ

ソフトウェアアーキテクチャのダイアグラムはここにあります。

現在の設計においての問題

このセクションは現在の設計においてのいくつかの問題をリストします。

  • 典型的なルータでは、最初ユニキャスト エントリ割り当てられます起動して下さい。 ユニキャスト ルーティングが確立されれば、マルチキャストルートは構築され、エントリは割り当てられます。

  • マルチキャストアプリケ− ションが S に、G ハッシュ基づいて、特定の領域からの隣接エントリを時々要求するとき隣接関係 ドライバ コードはその領域が既にユニキャスト エントリが完全な原因である場合エントリを割り当てることができません。 ドライバ コードは他の領域から隣接エントリが他の領域で利用できて隣接エントリを割り当てません。

  • 顧客はユニキャスト ルーティングが最初にアップするときこの問題に、通常事実である直面し、完全にはじめの幾つかの領域を占めることを終了します。 マルチキャストがアップするおよび隣接エントリは S に、G ハッシュ基づいて、最初の領域からエントリ マルチキャスト ストリームのために利用可能ではないかもしれません必要となりますとき以降が。

一般的な問題

直面するよくある問題はその領域が既にユニキャストかマルチキャストエントリが完全な原因である場合隣接関係 ドライバ コードがエントリを割り当てられないことです。 ルータはこのエラーを印字します:

%MMLS-SP-STDBY-6-ADJ_ALLOC_FAILURE: Failed to allocate Adjacency for the multicast
flow (S, G) in region 31

%CONST_MFIB_LC-SP-STDBY-6-FIB_MCAST_INSTALL_FAILURE: Failed to install FIB multicast
entry (table:21, S:x, G:y)
Router#show mls cef adjacency usage 

Adjacency Table Size: 1048576
ACL region usage: 3
Non-stats region usage: 101110
Stats region usage: 495778 <<<<< adjacencies entries are being exhausted
Total adjacency usage: 596891

ユニキャスト アプリケ− ション要求が stats 領域から STATS 望ましいモードの隣接エントリ、隣接関係 ドライバ コードもし可能であれば隣接エントリを割り当てる時。 マルチキャストエントリがフローの活気に依存しているので統計によって必要とされる領域からマルチキャストアプリケ− ションが割り当てる必要があります

  • ユーザは十分な隣接エントリが統計領域(最初の 32 の領域)で利用できて隣接エントリがハイ スケール ネットワークでいくつかのマルチキャスト ストリームに利用できなかったことを観察するかもしれません。

  • ユーザがユニキャスト ルーティングを拡大する場合、マルチキャスト ストリームのほとんどについては利用できない隣接エントリの問題を見ます。

ソリューション- 7600 シリーズ用の新しい隣接エントリ 割り当て方式

機能拡張はマルチキャスト 隣接関係のために領域を予約する機能を促進する修正を供給します。

コマンド

機能拡張修正を有効に するために、このコマンドを入力して下さい:

Router(config)#mls cef adjacency-mcast ?

<1-16> number of 1K entries
region Configure per region adjacency entries for mcast

As per above command we can reserve the space for multicast adjacencies in two ways.

A: Reserve common space across all stat regions for multicast adjacencies:

Router(config)#mls  cef  adjacency-mcast <1K - 16K>

Unicast adjacencies cannot use these reserved space even in absence of multicast
adjacencies.

B: Reserve space in particular region for multicast adjacencies:

Router(config)#mls  cef  adjacency-mcast  region <region#1 - region#31> <1K - 16K>

If multicast consumes the reserved space in particular region, it can still use
non-reserved space also, if availability is there.

Note:
a) Region # 0 is left out of this reservation scheme.
b) For region # 31 maximum  reservation possible is only of 13K. For all other
feasible regions, possible limit is 16K.

Commnad Reference:

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/routers/7600/ios/15S/configuration/guide/
7600_15_0s_book/pfc3mpls.html#wp1421353

: 前のコマンドはリロードだけの後で実施されます。

新しい隣接関係 割り当て方式はこのロジックを用いる隣接エントリを割り当てます。

: この例はマルチキャストのために 4,000 の隣接エントリを予約します。

  • 統計領域のためのユニキャスト エントリは領域ごとの電流 16,000 の代りに 12,000 のまたは他のどの値にも制限することができます。

  • 4,000 へのマルチキャスト アロケーションはですユーザが与える他のどの値も予約することができます。

  • マルチキャスト アロケーションは予約済みの領域から開始します。 予約済みの領域が排出されれば、12,000 のエントリの他はもし可能であれば使用することができます。

  • ユニキャスト エントリに関しては: ドライバ コードはマルチキャストエントリのために予約される領域から隣接エントリを割り当てません。



  • ユニキャスト エントリはシステムがユニキャスト プレフィクスで最初にアップするので最初に割り当てられます。

  • ユーザが入力を定義した後、ユニキャスト エントリは 12,000 に制限されます。 この 12,000 のエントリはまだマルチキャストによって隣接関係 ドライバ コードによって検索の間に自由に見つけられた場合使用することができます。

  • 4,000 のエントリはマルチキャストのために予約済みです。

  • ユニキャストのための領域は 32 の領域上のラウンドロビン方式で今それらが一杯になるまで選択されます。 その後で、エントリは非統計領域から普通割り当てられます。

  • マルチキャストエントリのための領域は使用するハッシュ アルゴリズムによって選択されます、(S、G)統計領域を選択するペア。

show コマンド

関連した show コマンドはここにあります:

show mls CEF隣接リスト

show mls CEF隣接 使用方法

show mls CEF隣接数

内部 show mls CEF隣接


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118393