セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA にドメイン スペシフィック免責事項を追加して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)にドメイン スペシフィック免責事項を追加する方法を記述されています。

Valter DaCosta およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ドメイン スペシフィック免責事項を追加して下さい

通常エンドユーザは送信リスナーに免責事項を追加します。 これは ESA GUI ネットワーク > リスナー > 下記のリスナー名前 > 免責事項の上のまたは免責事項ですることができます。 既に文書による免責事項を使うと、必要に応じてリスナーにこれを追加できます。

それがドメイン スペシフィック免責事項を追加する要件のかもしれない時があります。 ドメイン スペシフィック免責事項を追加することはツーステップ プロセスです。

免責事項を作成して下さい

免責事項は ESA GUI メール ポリシー > テキスト リソース > Add テキスト リソースから作成されます。

この例に関しては、免責事項 テンプレート タイプを使用し、3 つの別々の免責事項を作成します: example_com、example_net および example_org。

コンテンツ フィルタと特定のドメインに免責事項をリンクして下さい

 

免責事項はコンテンツ フィルタを通した特定のドメインにリンクすることができます。 ESA GUI メール ポリシーから > 発信コンテンツ フィルターは『Add Filter』 をクリック し。 によって、エンベロープ 送信側 オプションを使用して、条件を規定 します ドメインを追加して下さい。 最終的にはヘッダかフッターとして免責事項を使用したいと思ったらおよび前書かれていた免責事項を選択するために規定 して下さい、と処理を追加免責事項テキスト オプションを使用して追加して下さい

免責事項を作成したときに開始した例と続いて、ドメインとして example.com、および関連する免責事項を使用します:

メッセージ フィルタと特定のドメインに免責事項をリンクして下さい 

免責事項はまたメッセージ フィルタで特定のドメインに追加することができます。 メッセージ フィルターはフィルターを使用して ESA CLI から追加されます:

myesa.local> filters


Choose the operation you want to perform:
- NEW - Create a new filter.
- IMPORT - Import a filter script from a file.
[]> new

Enter filter script. Enter '.' on its own line to end.
example_com_Disclaimer:if (mail-from == "@example.com")
{
add-footer("example_com");
}
.

1 filters added. 

simlar スクリプトによって- mail-from および追加フッター行を変え、フィルター新しいサブコマンドを使用してメッセージ フィルターを追加することを繰り返しま、example.net のための関連するフィルター、および example.org を追加します。 新しく作成されたフィルターを見るのにリスト サブコマンドを使用できます:

[]> list

Num Active Valid Name
1 Y Y example_com_Disclaimer
2 Y Y example_net_Disclaimer
3 Y Y example_org_Disclaimer

主要な ESA CLI プロンプトに戻り、変更を保存して下さい

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118489