Analytics and Automation Software : Cisco Data Virtualization

JSON 応答構造が上要素でラップされない場合の JSON への XML の CIS 変換

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料が描写的な状態転送(他)データ ソースによって受け取った JavaScript オブジェクト 表示法(JSON)応答を変換するために必要なステップを記述したものです[で Cisco インフォメーション・サーバー(CIS)] XML に CIS によって受け取った JSON 応答が上要素でラップされない場合。

Sadia アリによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

時々 JSON 応答は単一 文書としてラップしません。 たとえば、JSON 応答は次のとおりである可能性があります:

{"status":"OK",
"data":{"trends":{"55-64":[
                         {"date":"201312","value":"13.15"}
                                       ]
                          },
             "query_cost":6,
             "trends_frequency":"monthly"
          }
}

それが応答である場合、JSON 変換への XML はデフォルトでしか XML をとして与えません:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><test>
<status>OK</status>

最初の断片だけスタジオの内で戻ります。 ただし、RestClient で、完全な応答は返され、cs_server.log はまた完全な応答を示します。

望ましい XML 出力は次のとおりです:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Wrapper>
<status>OK</status>
<data>
<trends>
<_55-64>
<date>201312</date>
<value>13.15</value>
</_55-64>
</trends>
<query_cost>6</query_cost>
<trends_frequency>monthly</trends_frequency>
</data>
</Wrapper>

解決策

JSON または XML 形式の Web サービスからの他データ ソース取得する データ。 データがテーブル の フォーマットに抽出することができる場合これをするために XSL トランスフォーマーを使用して下さい。 基本命令はここにあります:

  1. 少なくとも 6.2.3.00.22 パッチへのアップグレード スタジオ。 これは表の出力に出力される JSON をマッピング するために使用するように拡張可能なスタイルシート言語変換(XSLT)プロシージャのためのスキーマを得ることもっと簡単にする例によって設計するために新しい機能を提供します。

  2. スタジオでは、50,000 のような大きい値に XML テキスト サイズを設定して下さい。 これは戻された XML がこのサイズ制限を超過する場合例によって設計をクリックするとき以降が、それ壊れるので重要です。 スタジオのこの設定を高めることができない状況に戻された XML のサイズを減らすために異なる入力 基準の使用を考慮して下さい。

  3. データ ソースを作成する、またはデータ ソースの後で作成されますときこのステップを実行できます。 他データ ソースを作成するとき、JSON 形式 チェックボックスをチェックして下さい。

  4. JSON 構造が上要素でラップされない場合、CIS は JSON 応答から作成される XML が可能な XML にきちんとフォーマットされているようにラッパーを追加できます。 応答はラップされるかどうか知らなければ、ラッパーを追加し、この以降を必要とするかどうか評価できます。 これはのためのルートノードを JSON > XML 出力設定 する JSON 裸応答フィールドのラッパーによって設定 されます。



  5. オペレーション セクションに追加されるオペレーションの 1 つを選択して下さい:



  6. ヘッダ/本文パラメータ セクションの例によって設計をクリックして下さい。 ちょうどこのオペレーションを追加した場合、他データ ソース パネルを閉じ、このボタン アクティブを作るためにそれを再開しなければならないかもしれません。



  7. JSON 応答の最上位要素を選択し、『OK』 をクリック して下さい。



  8. パラメータに名前をつけ、『SAVE』 をクリック して下さい。



    これは設定 されるデータ ソース リソースに現われる XML スキーマ定義を作成します。



  9. これはまた XSL トランスフォーマーがそれを処理できるように XML に出力される JSON をトランスフォームします。 オペレーションを開き、出力構造を検査して下さい。 それは XSLT プロシージャで使用すること構造を示します。



  10. オペレーションを実行して下さい。 JSON は XML に変換を出力しました。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118611