セキュリティ : Cisco コンテンツ セキュリティ管理アプライアンス

セキュリティ マネジメント アプライアンス(SMA)からの I バックアップ トラッキング、レポートおよび検疫されたデータセットはできますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 4 月 23 日) | フィードバック

質問

セキュリティ マネジメント アプライアンス(SMA)からの I バックアップ トラッキング、レポートおよび検疫されたデータセットはできますか。

著者:Cisco TAC エンジニア。

回答

Ciscoセキュリティ 管理 アプライアンス(SMA)は管理者が CLI の backupconfig コマンドによって「ソース」SMA から「ターゲット」SMA にアクティブなデータセット(トラッキング、レポートおよび ISQ データベース)をコピーすることを可能にします。

バックアップ プロセスは 2 フェーズに実行されます:

フェーズ 1

バックアップ プロセスはソースとターゲット アプライアンス間のデータ転送から開始します。 データ転送の間に、ソース アプライアンスのサービスは残りま動作します、従ってデータ収集はまだ続くことができます。 サービスはターゲット アプライアンスでしかしシャットダウンされます。 アプライアンスを目標とするためにデータ転送がソースから完了したフェーズ 2 は開始されます。

フェーズ 2

フェーズ 2 が開始されるとき、ソース アプライアンスのサービスはシャットダウンされます。 最初のシャットダウンがターゲット アプライアンスおよびサービスにコピーされるのでソース間のデータ転送の間に集まり、アプライアンスを目標とするどの違いでもソースおよびターゲット両方のためのバックアップを持って来られます。 これはソース アプライアンスの最高稼働率およびどちらかのアプライアンスのデータ損失を可能にしません。

SMA で行うことができるスケジュールバックアップには 2 つの型があります:

定期的なバックアップ: 定期的なバックアップは予定 時間の間スケジュールすることができるまたは単一 バックアップのために構成されています絶え間ないバックアップで予定 時間に発生する。

即刻バックアップ: 即刻バックアップはユーザが CLI の backupconfig コマンドを始めるときすぐに発生します。

さらに、表示するか、またはスケジュールされた進行中のバックアップを取り消す、バックアップのステータスをチェックするか、またはバックアップがリモートマシンにスケジュールすることができるかどうか確認できます。



Document ID: 118459