セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA がヘリコプター バナーで与えるホスト名の変更

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)と関連付けられるヘリコプター バナーで呼出されるホスト名を変更する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア、John Yu、Robert Sherwin

ESA がヘリコプター バナーで与えるホスト名の変更

エンドユーザが ESA に接続するのに TELNET を使用するときヘリコプター要求を発行するとき使用される IP かホスト名は不正確なホスト名を示します:

$ telnet 172.19.0.117 25
Trying 172.19.0.117...
Connected to dhcp-172-19-0-117.example.com.
Escape character is '^]'.
220 ironport.example.com ESMTP
helo
250 ironport.example.com

GUI

ネットワーク > IP インターフェイスに行き、インターフェイスの名前をクリックし、Hostname Field を変更して下さい。

: バナーのホスト名形式を無効にすることを可能にするさまざまなメール フロー ポリシーに設定があることを覚えていて下さい。

GUI によって変更を入れ、保存して下さい

CLI

 
interfaceconfig を使用する、ホスト名を変更したいと思う設定済みインターフェイスを選択して下さい。 プロンプト表示されたとき「ホスト名」フィールドを編集する必要があります。  

(ironport.example) > interfaceconfig

Currently configured interfaces:
1. Management (172.19.0.117/24 on Management: ironport.example.com)
2. PrivateNet (172.19.1.117/24 on Data 1: ironport.example.com)
3. TestNet (172.19.2.117/24 on Data 2: ironport.example.com)
Choose the operation you want to perform:
- NEW - Create a new interface.
- EDIT - Modify an interface.
- GROUPS - Define interface groups.
- DELETE - Remove an interface.
[]> edit
Enter the number of the interface you wish to edit.
[]> 1
IP interface name (Ex: "InternalNet"):
[Management]>
IP Address (Ex: 192.168.1.2):
[172.19.0.117]>
Ethernet interface:
1. Data 1
2. Data 2
3. Management
[3]>
Netmask (Ex: "255.255.255.0" or "0xffffff00"):
[0xffffff00]>
Hostname:
[ironport.example]> newhostname.example

主要な CLI プロンプトに戻り、変更を保存して下さい

確認

より早い Telnetセッションを再試行して下さい。 要求するためにヘリコプターで参照される更新済ホスト名を見るはずです:

$ telnet 172.19.0.117 25
Trying 172.19.0.117...
Connected to dhcp-172-19-0-117.example.com.
Escape character is '^]'.
220 newhostname.example ESMTP
helo
250 newhostname.example

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118492