セキュリティ : Cisco SSL Appliances

SSL アプライアンスの SNMP の設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

SSL アプライアンスの簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を有効に することができます。 SSL アプライアンス モデル 1500、2000 年および 8200 は標準 SNMP MIB2 表をサポートし、プロトコルの SNMP v2c バージョンを使用します。 この資料は SSL アプライアンスの SNMP を有効に するためにステップを提供したものです。

Nazmul Rajib およびホセ Escobar によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

使用するコンポーネント

次のコンポーネントはこの資料で使用されました:

  • SSL アプライアンス 1500、2000、8200
  • ソフトウェア バージョン 3.6 またはより大きい

Requirement

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

アプライアンスの Web ユーザ ユーザー・インターフェースを使用して SSL アプライアンスの SNMP を設定できます。 手順は次のとおりです。
 
1. プラットフォーム 管理 メニューにナビゲート し、管理ネットワークを選択して下さい。

: プラットフォーム 管理 メニューは SSL アプライアンスのホスト名を示します。 この例では、それは cisco です。

2. 設定を編集するために鉛筆アイコンをクリックして下さい。 編集管理ネットワーク ウィンドウは現われます。

3. 適切なフィールドを記入し、SNMP を有効に し、SNMP 管理 システムのために SNMP パラメータを適切に設定して下さい。 [OK] をクリックします。

4. プラットフォーム コンフィギュレーション変更を加えて下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118665