セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA のメッセージ フィルターとコンテンツ フィルターの違い

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)でメッセージ フィルターとコンテンツ フィルターの違いを記述したもので、操作かのどの型フィルタがのためによりよい記述します。

Tomki キャンプおよびエンリコ Werner によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

メッセージ フィルターとコンテンツ フィルターの違い

メッセージ フィルターおよびコンテンツ フィルターは同じスクリプト言語および正規表現一致を使用します。

コンテンツ フィルター

コンテンツ フィルターはメッセージ フィルターによって使用されるルールおよび操作のサブセットをサポートします。 コンテンツ フィルターはメッセージのコンテンツに識別し、機能するのに必要とされるルールがおよび操作すべてが含まれ GUI で設定し易いです。

メッセージ フィルター

メッセージ フィルターはより適用範囲が広く、受信リスナー、送信側 IP、送信側の SenderBase 評判スコア、メッセージの受信者の数、メッセージのサイズまたは添付ファイルのようなメッセージのメタデータにアクセスを、可能にします。 メタデータのサブセットはコンテンツ フィルターで同様に利用できます。 メッセージ フィルターはように ESA 電子メール パイプラインの最初のポリシー処理ステップ加えられます。 メッセージ フィルターが適用するとき、操作はメッセージのすべての受信者に適用します。 これは操作がドロップするである場合、ことを意味します、受信者はメッセージと一致したルールが 1 人の受信者だけ一致しても、メッセージを受け取りません。

すべての受信者のための操作

コンテンツ フィルターはメッセージが設定で定義されるメール ポリシー(従っておよび異なる受信者のグループ)によって別々のコピーに裂けた後、と同時に電子メール パイプラインの最後のポリシー処理ステップ加えられます。  このような理由で、コンテンツ フィルターは送信側または受信者の良粒状グループに加えることができます。 従ってすべての受信者の操作を行う場合、それはメッセージ分裂が起こる前にメッセージ フィルターでそうするべき効率的です。 これは操作が未配達に向かうメッセージの反スパムおよびアンチウィルス スキャンを避けるメッセージを廃棄するか、または跳ねることである場合コンテンツ スキャンの場合には言うことができます(ルールを本文含んでいるか、または添付ファイル含んでいます)、または。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 117825