セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA からの免除されている IP アドレス/ドメイン/Eメールアドレスは設定を跳ねます

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)のための IP アドレス、ドメイン、または eメールアドレスを免除する受信および送信 メールを設定する方法を記述されています。

、ロバート Sherwin ケビン Luu によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ESA からの免除されている IP アドレス/ドメイン/Eメールアドレスは設定を跳ねます

  

ESA がそれらのドメインに渡すときバウンス確認をディセーブルにするため受信者のドメインを規定できます。 送信および受信 メールを設定する必要があります。

送信 メール

  1. メール ポリシー > 宛先制御に行って下さい。
  2. 「追加します宛先を…」選択して下さい。
  3. 新しい宛先「example.com」を呼出して下さい。
  4. 設定では、「バウンス確認」をにいいえ設定 して下さい
  5. 変更を入れ、保存して下さい。

: 送信 メールの場合、宛先 ドメインおよびない IP アドレスまたは eメールアドレスしか参照なできます。

受信 メール

  1. メール ポリシー > メール フロー ポリシーから、exisiting メール フロー ポリシーを使用しか、または新しいメール フロー ポリシーを作成し、バウンス確認を「はいに有効」であると考慮しますタグが付いていないバウンスが設定 して下さい。
  2. メール ポリシー > 帽子外観から、修正されたか、または作成されたメール フロー ポリシーを使用する送信側 グループにドメインを追加して下さい。

: 受信 メールを設定する失敗により ESA はメッセージのための有効なバウンス メッセージを廃棄しますかもしれません。

: バウンス確認がこのドメインのために無効であることを確認するために、「ドメイン デバッグ ログ」をイネーブルに設定し、確認するためにログを後につくことができます。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118502