セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように ESA アプライアンス メッセージ 待 ち 行列のステータスおよびメッセージ数を表示しますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)でアクティブなステータスおよびメッセージ数を表示する方法を記述されています。

ドミニクによって貢献されてロバート Sherwin は、Cisco TAC エンジニア甲高い声で話し。

ESA アプライアンス メッセージ 待 ち 行列のステータスおよびメッセージ数を表示する方法

ESA で、tophosts を使用して CLI およびアクティブな受信者オプションを選択することで命じますすぐにキューのステータスを表示できます。これは配信ホストによってメッセージ 待 ち 行列を見ることを可能にします。

また CLI でステータス detail コマンドを使用できます。 これはずっと渡された未配達であるアプライアンスのメッセージの総数を見ることを可能にします。 ステータス詳細出力の下部ので適切な情報を見つけます。

ビューに興味がある作業待ち行列のメッセージ数場合、CLI からの workqueu コマンドを使用できます。 このコマンドは workqueue の状態およびメッセージ数を表示するものです。

mail.example.com> workqueue

Status as of:  Wed Jan 26 12:25:50 2005
Status:        Operational
Messages:      0

キューにある個々のメッセージを表示するできません。

関連情報



Document ID: 118424