セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

どのように HTTPS によって YouTube にアクセスをブロックしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問

どのように HTTPS によって YouTube にアクセスをブロックしますか。

著者:Cisco TAC エンジニア。

環境

AsyncOS 6.x およびそれ以降

症状

HTTPS によって YouTube にアクセスをブロックすることを望みます。

解決策

明示的 な(前方)モード

注: 最初に HTTPS がプロキシ正常に有効に なることを、確かめて下さい。

  1. Web セキュリティ マネージャへのナビゲート > カスタム URL カテゴリー。
    • 新しいカスタム URL カテゴリを作成して下さい。
    • それを「ブロック YouTube Cat」と挙げ、次を入力して下さい(両方): .youtube.com、youtube.com。


  2. 変更を入れて下さい。
  3. Web セキュリティ マネージャ > 識別へのナビゲート。
    • 新しい識別を作成して下さい。
    • それを「ブロック YouTube ID」と挙げ、順序 1 であるためにこの識別を設定 して下さい。
    • サブネットか仕様 IP アドレスによってメンバーをもし必要なら定義して下さい。
    • 「必要な」認証に設定 しない で下さい。
    • 下部ので、"Advanced"を クリックする、"URL Categories"を クリックする。
    • オプションを見たら、「ブロック YouTube Cat」を選択して下さい。
    • [Done] をクリックします。
    • 変更を入れて下さい。


  4. Web セキュリティ マネージャ > 復号化ポリシーへのナビゲート。
    • 新しい復号化 ポリシーを作成して下さい。
    • それを「YouTube 復号化 ポリシー」と挙げて下さい。
    • 「識別およびユーザに行って下さい: 」ドロップダウン ボックス。
    • "Select One or More Identities"を 選択する。
    • 「ブロック YouTube ID」と指名される識別を選択して下さい。
    • 変更を入れて下さい。


  5. Web セキュリティ マネージャ > 復号化ポリシーへのナビゲート。
    • 新しく作成された YouTube 復号化 ポリシーの側で「URLフィルタリング」と指名されるカラムはあります(「URL カテゴリー」AsyncOS 7.x の前に)。 このカラム(「グローバル な ポリシー」を言うかもしれません)の下でリンクをクリックして下さい。
    • 上で、「選り抜きを必要としましたり/」カスタム カテゴリを追加します。
    • 「ブロック YouTube Cat」カスタム URL カテゴリを選択し」、復号化するために「設定 して下さい。
    • 変更を入れて下さい。


  6. Web セキュリティ マネージャ > アクセスポリシーへのナビゲート。
    • 新しいアクセスポリシーを作成して下さい。
    • それを「YouTube アクセスポリシー」と挙げて下さい。
    • 「識別およびユーザに行って下さい: 」ドロップダウン ボックス。
    • "Select One or More Identities"を 選択する。
    • 「ブロック YouTube ID」と指名される識別を選択して下さい。
    • 変更を入れて下さい。


  7. Web セキュリティ マネージャ > アクセスポリシーへのナビゲート。
    • 「YouTube 新しく作成されたアクセスポリシーの側で URLフィルタリング」と」指名される「カラムはあります(「URL カテゴリー」AsyncOS 7.x の前に)。 このカラム(「グローバル な ポリシー」を言うかもしれません)の下でリンクをクリックして下さい。
    • 上で、「選り抜きを必要としましたり/」カスタム カテゴリを追加します。
    • 「ブロック YouTube Cat」カスタム URL カテゴリを選択し」、ブロックするために「設定 して下さい。
    • 変更を入れ、保存して下さい。

透過モード(WCCP)

注: 最初に HTTPS がプロキシ正常に有効に なることを、確かめて下さい。

  1. Web セキュリティ マネージャへのナビゲート > カスタム URL カテゴリー。
    • 新しいカスタム URL カテゴリを作成して下さい。
    • それを「ブロック YouTube Cat」と挙げ、次を入力して下さい(両方): .youtube.com、youtube.com。
    • 変更を入れて下さい。


  2. Web セキュリティ マネージャ > 識別へのナビゲート。
    • 新しい識別を作成して下さい。
    • それを「ブロック YouTube ID」と挙げ、順序 1 であるためにこの識別を設定 して下さい。
    • サブネットか IP アドレスによってメンバーをもし必要なら定義して下さい。
    • 「必要な」認証に設定 しない で下さい。
    • 下部ので、「進み」、クリックします「URL カテゴリー」をクリックして下さい。
    • 重要な STEP: カテゴリーを見たら、カスタム URL カテゴリ「ブロック YouTube Cat」を選択して下さい。 また、定義済みカテゴリ「検索エンジンおよびポータル」を選択して下さい。
    • [Done] をクリックします。
    • 変更を入れて下さい。


  3. Web セキュリティ マネージャ > 復号化ポリシーへのナビゲート。
    • 新しい復号化 ポリシーを作成して下さい。
    • それを YouTube 復号化 ポリシーと挙げて下さい。
    • 「識別およびユーザに行って下さい: 」ドロップダウン ボックス。
    • "Select One or More Identities"を 選択する。
    • 「ブロック YouTube ID」と指名される識別を選択して下さい。
    • 変更を入れて下さい。


  4. Web セキュリティ マネージャ > 復号化ポリシーへのナビゲート。
    • 新しく作成された「YouTube 復号化 ポリシーの側で URLフィルタリング」と」指名される「カラムはあります(「URL カテゴリー」AsyncOS 7.x の前に)。 このカラム(「グローバル な ポリシー」を言うかもしれません)の下でリンクをクリックして下さい。
    • 重要な STEP: 「検索エンジンおよびポータル」と指名される定義済みカテゴリにスクロールして下さい。
    • 」復号化するためにこれを「設定 して下さい。
    • 変更を入れて下さい。


  5. Web セキュリティ マネージャ > アクセスポリシーへのナビゲート。
    • 新しいアクセスポリシーを作成して下さい。
    • それを「YouTube アクセスポリシー」と挙げて下さい。
    • 「識別およびユーザに行って下さい: 」ドロップダウン ボックス。
    • "Select One or More Identities"を 選択する。
    • 「ブロック YouTube ID」と指名される識別を選択して下さい。
    • 変更を入れて下さい。


  6. Web セキュリティ マネージャ > アクセスポリシーへのナビゲート。
    • 「YouTube 新しく作成されたアクセスポリシーの側で URLフィルタリング」と」指名される「カラムはあります(「URL カテゴリー」AsyncOS 7.x の前に)。 このカラム(「グローバル な ポリシー」を言うかもしれません)の下でリンクをクリックして下さい。
    • 上で、「選り抜きを必要としましたり/」カスタム カテゴリを追加します。
    • 「ブロック YouTube Cat」カスタム URL カテゴリを選択し」、ブロックするために「設定 して下さい。
    • 変更を入れ、保存して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118419