セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのようにシリアルケーブルを使用してアプライアンスに接続しますか。

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)、Cisco Web セキュリティ アプライアンス(WSA)、またはシリアルケーブルで Ciscoセキュリティ 管理 アプライアンス(SMA)に接続する方法を記述されています。

キャンベル Krueger およびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

シリアルケーブルを使用してアプライアンスに接続する方法

Command Line Interface (CLI)セッションを設定するためにイベントではネットワーク接続はヌルモデムケーブル(9 ピン シリアル)を使用してアプライアンスの COMポートにアプライアンスを管理するためのオプション、また直接接続するかもしれませんではないです。 これはデバイスの初期設定 プロセスの間に特に役立ちます。

続行するために、次を必要とします:

  • 9 ピン メスからメス シリアルケーブル(ヌルモデム)
  • シリアルコンソール クライアント(ハイパーターミナルか PuTTy のような)

ガイドとして次のプロシージャを使用して下さい:

  1. 標準 9 ピン ヌルモデムケーブルを使用してユニットの背部のシリアルポートにラップトップ(か他のクライアントデバイスを)接続して下さい。
  2. 優先 する シリアルコンソール クライアントを起動させて下さい。 ローカルマシンで使用するために適切な COMポートを規定 し接続のために次の設定を使用して下さい:

    ビット/秒: 9600
    データ ビット: 8
    パリティ: なし
    ストップ ビット: 1
    フロー制御: ハードウェア(RTS/CTS、DSR/DTR)
  3. セッションが開いたら出力を引き起こすために、『Enter』 を押す必要がある場合もあります。 現時点で、同類ログインプロンプトが表示される見られるものがと Telnet-または SSH ベースの CLI セッションではずです。
  4. 適切な資格情報を使用するログイン。

直接情報に関してはアプライアンスのためのクイックスタートガイド(QSG)を参照して下さい。

関連情報



Document ID: 118401