セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

どのように作成し、設定することは Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)をログオンしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問

どのように作成し、設定することは Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)をログオンしますか。

ジョン Yu および Siddharth Rajpathak によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

回答

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)内の重要な機能はロギング機能です。 ESA の AsyncOS は情報の様々 な タイプを記録するログの多くの型を生成できます。 ログファイルはシステムのさまざまなコンポーネントからの規則的なオペレーションおよび例外のレコードが含まれています。 この情報は貴重である場合もありま Cisco ESA を、また問題のトラブルシューティングの間に監視しているか、またはパフォーマンスをチェックします。

ログは設定することができ、「logconfig」コマンドを使用してまたは「システム 管理」> 「ログ サブスクリプションの下の GUI によって CLI から作成されて > 「追加して下さいログ サブスクリプションを…」

LDAP デバッグ ログ サブスクリプションを作成する例は CLI を使用して下記にあります:。

-------------------------------------------------------------------------------------

CLI> logconfig

Currently configured logs:
1. "antivirus" Type: "Anti-Virus Logs" Retrieval: FTP Poll
2. "avarchive" Type: "Anti-Virus Archive" Retrieval: FTP Poll
3. "bounces" Type: "Bounce Logs" Retrieval: FTP Poll
4. "brightmail" Type: "Symantec Brightmail Anti-Spam Logs" Retrieval: FTP Poll
5. "cli_logs" Type: "CLI Audit Logs" Retrieval: FTP Poll

Choose the operation you want to perform:
- NEW - Create a new log.
- EDIT - Modify a log subscription.
- DELETE - Remove a log subscription.
- SETUP - General settings.
- LOGHEADERS - Configure headers to log.
- HOSTKEYCONFIG - Configure SSH host keys.
[]>  NEW

Choose the log file type for this subscription:
...
2. qmail Format Mail Logs
3. Delivery Logs
4. Bounce Logs
5. Status Logs
6. Domain Debug Logs
7. Injection Debug Logs
8. System Logs
9. CLI Audit Logs
10. FTP Server Logs
11. HTTP Logs
12. NTP logs
13. Mailflow Report Logs
14. Symantec Brightmail Anti-Spam Logs
15. Symantec Brightmail Anti-Spam Archive
16. Anti-Virus Logs
17. Anti-Virus Archive
18. LDAP Debug Logs
[1]>  18

Please enter the name for the log:
[]>  ldap_debug

Choose the method to retrieve the logs.
1. FTP Poll
2. FTP Push
3. SCP Push
[1]> <Press Enter>

Filename to use for log files:
[ldap.log]> <Press Enter>

Please enter the maximum file size:
[10485760]> <Press Enter>

Please enter the maximum number of files:
[10]> <Press Enter>

Currently configured logs:
1. "antivirus" Type: "Anti-Virus Logs" Retrieval: FTP Poll
2. "avarchive" Type: "Anti-Virus Archive" Retrieval: FTP Poll
3. "bounces" Type: "Bounce Logs" Retrieval: FTP Poll

....

7. "ftpd_logs" Type: "FTP Server Logs" Retrieval: FTP Poll
8. "gui_logs" Type: "HTTP Logs" Retrieval: FTP Poll
9. "ldap_debug" Type: "LDAP Debug Logs" Retrieval: FTP Poll

.....

CLI> commit

既存のログを編集するための例は下記にあります。

-------------------------------------------------------------------------------------

CLI> logconfig


Currently configured logs:
1. "antivirus" Type: "Anti-Virus Logs" Retrieval: FTP Poll
2. "avarchive" Type: "Anti-Virus Archive" Retrieval: FTP Poll
3. "bounces" Type: "Bounce Logs" Retrieval: FTP Poll
4. "brightmail" Type: "Symantec Brightmail Anti-Spam Logs" Retrieval: FTP Poll
5. "cli_logs" Type: "CLI Audit Logs" Retrieval: FTP Poll
.....


Choose the operation you want to perform:
- NEW - Create a new log.
- EDIT - Modify a log subscription.
- DELETE - Remove a log subscription.
- SETUP - General settings.
- LOGHEADERS - Configure headers to log.
- HOSTKEYCONFIG - Configure SSH host keys.
[]> EDIT

Enter the number of the log you wish to edit.

[]> 9

Please enter the name for the log:
[ldap_debug]>

Choose the method to retrieve the logs.
1. FTP Poll
2. FTP Push
3. SCP Push
[1]>

Please enter the filename for the log:
[ldap.log]>  <Press Enter>

Please enter the maximum file size:


[10485760]> 52422880

Please enter the maximum number of files:
[10]> 100

Currently configured logs:
1. "antivirus" Type: "Anti-Virus Logs" Retrieval: FTP Poll
2. "avarchive" Type: "Anti-Virus Archive" Retrieval: FTP Poll
3. "bounces" Type: "Bounce Logs" Retrieval: FTP Poll
4. "brightmail" Type: "Symantec Brightmail Anti-Spam Logs" Retrieval: FTP Poll
5. "cli_logs" Type: "CLI Audit Logs" Retrieval: FTP Poll
....


CLI > commit

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118456