セキュリティ : Cisco Email Encryption

どのように手動で Outlook E メール セキュリティ プラグインのための署名された BCE 構成をインストールしますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に手動で Microsoft Outlook への Outlook E メール セキュリティ プラグインのための署名されたコンフィギュレーション ファイルをインストールする方法を記述されています。

Mathew キースおよびロバート Sherwin によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

手動で Outlook E メール セキュリティ プラグインのための署名された BCE 構成をインストールする方法

Cisco によって登録されているエンベロープ サービス(ツレス島)からのビジネス クラス電子メール(BCE)構成の作成の間に、バルク リストに署名された設定を配るオプションを示されます。 ただ 1 人のユーザに署名された設定を提供する必要がある例があります。 署名された設定の手動インストールとこれをすることができます。

開始するために、また最初に署名された BCE XML コンフィギュレーション ファイルがツレス島アカウントの Admin ポータルを通って作成されるようにあることをおよび既に Outlook E メール セキュリティ プラグインをインストールする必要があります。 これは Outlook E メール セキュリティ プラグイン管理者ガイドでカバーされます。

: 最新の Outlook E メール セキュリティ プラグインをダウンロードし、Cisco 電子メール暗号化 プロダクトページを参照し、ダウンロード ソフトウェア リンクを選択するため。

: ファイルをコピーする間、Outlook が開いていれば、署名されたファイルは復号化 設定だけに変更され、電子メールを暗号化できません。

手動で BCE 構成をインストールするため:

  1. Outlook を閉じて下さい。

  2. Windowsエクスプローラを開き、次のパスにナビゲート して下さい:

    C:\ProgramData\Cisco\Cisco IronPort Email Security Plug-In\<username>\


    <username> はユニークな wwwinWindows ユーザアカウント名です。

  3. 既存のファイル config_1.xmlconfig_1.xml.orig の名前を変更して下さい。

  4. 署名された BCE XML コンフィギュレーション ファイル名前を変更します config_1.xml にファイルをコピーし、/貼り付け。

  5. 再始動 Outlook。

コンフィギュレーション ファイルは今ロードし、BCE_Config.xml で定義したオプションに従って動作する機能 Outlook E メール セキュリティ プラグインがあります。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118397