セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA の多重 認証を加え、異なるインターフェイスかリスナーに割り当てることは可能性のあるですか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)の多重 認証を加え異なるインターフェイスかリスナーに割り当てる方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

ESA の多重 認証を加え、異なるインターフェイスかリスナーに割り当てることは可能性のあるですか。

Cisco ESA で、多重 認証をインストールし、リスナー 1人あたりに割り当てることができます。 どちらかを使用して TLS 接続に個々のパブリックか private リスナーに GUI 認証を割り当てることができます: ネットワーク > リスナーまたは CLI: listenerconfig > Edit > 認証

TLS 認証を GUI によって割り当てるために、リスナーを作成するか、または編集した場合ほしく、入り、選択して下さい変更を認証 セクションで保存して下さい認証を。

認証を CLI によってリスナーに割り当てるために、次の手順に従って下さい:

  1. 設定したいと思うリスナーを選択するのに listenerconfig > Edit コマンドを使用して下さい。
  2. 利用可能 な 認証を見る certificate コマンドを使用して下さい。
  3. プロンプト表示された場合リスナーに割り当てたいと思う認証を選択して下さい。
  4. 終了するときリスナーを設定します、変更を有効に する commit コマンドを発行して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118562