オプティカル : Packet over SONET(PoS)

CDPパケット LACP パケットを透過的に渡す ML-MR-10 コンフィギュレーション

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は ML-MR-10 カードが使用され、問題を解決するために必要な特定のコンフィギュレーションを提供するとき Cisco Discovery Protocol (CDP)パケットおよび Link Aggregation Control Protocol (LACP)パケットを透過的に渡す必要があるとき直面する問題を記述したものです。

Sunil Poonia によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • 同期デジタルハイアラーキ (SDH) /SONET マルチサービス プロビジョニング プラットフォーム (MSPP) 回線構成
  • ML-MR-10 使用および設定
  • Cisco Transport Controller (CTC)
  • Cisco 標準 IOS ® コマンド

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • ONS 15454 SDH/SONET、ソフトウェア バージョン 9.0 およびそれ以降
  • 15454-ML-MR-10
  • Cisco WS-C3750G-48PS および WS-C3560G-24PS
  • Cisco 規格 IOS コマンド
  • CTC

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

ML-MR-10 カードについての重要な情報はここにあります。

  • ML-MR-10 カードは 10 ポート マルチレイヤ イーサネットカードです。 イーサネットポートは小さい形式要素によって Pluggables (SFP) 10 Mbps、100 Mbps、または 1000 Mbps の速度をサポートします。
  • ML-MR-10 カードに OC-N カードポートにある意味では類似した機能する 2 つの Resilient Packet Ring (RPR) ポートがあります。 各イーサネットポートは STS-12c、STS-24c、STS-48c、または STS-96c のサイズの同期転送信号 (STS) 回線を運びます。 2 つの RPR ポート インターフェイスは RPR インターフェイスをサポートするために結合します。 ML-MR-10 は SONET のためのフレーム マッピング された 一般的 なフレーム作成プロシージャ(GFP-F)カプセル化だけサポートします。 これに加えて 26 までの Packet over SONET(PoS) ポートをサポートするために、ML-MR-10 は SONET GFP-F を終える各自カプセル化された回線設定することができます。
  • ML-MR-10 カードはポート レベルで 1:1 保護をサポートします。 それはまたインストールされる冗長カードとの 1:1 カード保護をサポートします。
  • ML-MR-10 カードはユーザが独自に全面的なソフトウェア アップグレード プロセスの一部として ML-MR-10 カードをアップグレードすることを可能にするバージョン アップ機能をサポートします。 次に有効に されてこの機能がユーザは最初に ML-MR-10 カードではない、すぐにパス、アップデートします ML-MR-10 カードをアップグレードしノードのカードすべてを。
  • ML-MR-10 カードはスロット 1 に 6 およびスロット 12 に 17 に XC10G および XC-VXC-10G カードと使用されたときインストールすることができます。 それは XCVT カードと互換性がありません。

詳細については ML-MR-10 カード 外観を参照して下さい。

問題 1

2 つのスイッチはポイントツーポイント ML-MR-10 セットアップによって互いに接続されます。 ML-MR-10 はできる互いに会うこともしようにスイッチ透過的でなければなりません。 これは CDPパケットがまた ML-MR-10 カードによってパススルーにできるはずであることを意味します。 ただし、それらは一般に廃棄され、スイッチの show cdp 相手出力は ML-MR-10 を表示するものです。

問題 1 のためのトポロジー

物理接続はトポロジーで表示されます。 ML-MR-10 カードは両方の ONS 15454 ノードにインストールされています、ML-MR-10 インターフェイス Gi0 はスイッチのインターフェイスと接続され、両側に同じです。

2 ML-MR-10 カードを互いに接続するために、SDH/SONET 回線は構築された POS 0 から POS から 0 でした。

要件はパススルー CDPパケットにからの切り替えます透過的に設定される ML-MR-10 をここにあります。 これは show cdp 相手コマンドがスイッチで実行されるとき、ネイバーとして ML-MR-10 を見るべきではないことを意味します。 その代り、端に接続されるスイッチは見るはずです。 基本的にはできる互いに会うこともし、両方のスイッチ。

解決策 1

この問題は ML-MR-10 カードの特定の設定と解決することができます。

要求されたコンフィギュレーションはここにあります:

interface GigabitEthernet0
no ip address
speed auto
duplex auto
negotiation auto
no keepalive
no cdp enable
service instance 1 ethernet
  encapsulation untagged
  rewrite egress tag pop 1
  bridge-domain 100
 
interface POS0
no ip address
shutdown
pos mode gfp
no cdp enable
service instance 1 ethernet
  encapsulation dot1q 101
  rewrite egress tag push dot1q 101
  bridge-domain 100

この設定では、ギグ 0 および POS 0 インターフェイスは両方同じサービス インスタンスと同じブリッジドメイン 100 にあります。 これはそれらが接続されることを、そう POS 0 にギグ 0 にまた逆も同様通じる来るパケット意味します。

また POS 0 ポートで、着信パケットは余分な物 VLAN 101 によって追加されます; この VLAN はインターフェイス ギグ 0 でそれからパケットがそれを残すとき取除かれます。

両方の ML-MR-10 カードのこの設定によって、POS の着信パケットは VLAN 101 によって(VLAN は変更することができます)、そうそこにです POS ポートからの POS ポートへトンネル常にタグ付けされます。 パケットがスイッチからデータパケットを完全に透過的にさせるギグ 0 を通してカードを残すとき、このタグは取除かれます、CDP が含まれている。

また透過的にデータトラフィックおよび CDP を渡す他の設定例はここにあります。

interface GigabitEthernet0
 no ip address
 speed auto
 duplex auto
 negotiation auto
 no keepalive
 no cdp enable
 service instance 1 ethernet
  encapsulation default
  bridge-domain 1
 
 
interface POS0
 no ip address
 no keepalive
 pos mode gfp
 no cdp enable
 service instance 1 ethernet
  encapsulation default
  bridge-domain 1

この設定では、GigabitEthernet および POS ポートは同じサービス インスタンスの一部で、ブリッジ接続されます。 またサービス インスタンスの下で provisoned カプセル化は意味するデフォルトです、すべてのタグ付けされた/タグなしパケットを渡すことを。

問題2

ダイアグラムでは、スイッチの 2 つのインターフェイスが ML-MR-10 カードと接続されることがわかります。

ML-MR-10 のポート Gi0 および Gi1 がスイッチのポート 0/0 および 0/1 と接続される、こと同じ接続がスイッチと ML-MR-10 カード間のもう一方の端にそこにまたあることを仮定すれば。

ここに要件は両方のスイッチ インターフェイス 0/0 および 0/1 のチャネルグループを設定することでありスイッチは両方とも同位として直接形成する必要があります。

ML-MR-10 はこの場合透過的でなければなりません。 ML-MR-10 カードにチャネルグループ 設定があるはずです。

2 ML-MR-10 カードを互いに接続するために、SDH/SONET 回線は構築された POS 0 から POS 0 および POS 1 から POS から 1.でした。

解決策 2

問題 2 の要件から、この ML-MR-10 セットアップが透過的でなければならなければスイッチが LAN ケーブルかオプティカル ファイバによって互いに直接接続されるように設定する必要があります。

これを実現させるために、セットアップは POS 0 の ML-MR-10 の Gi0 ポートおよび POS 1 の Gi1 ポートを繋ぎ、次に POS 0 から POS 0 および POS 1 から POS 1.間のポイントツーポイント回線を作成します。 このセットアップによって、互いに接続されるべきスイッチポートを直接促進します。

またこの設定は LACP プロトコルの使用を必要とします。

要求されたコンフィギュレーションはここにあります。

ML-MR-10 のための設定

interface GigabitEthernet0
 no ip address
 speed auto
 duplex auto
 negotiation auto
 no keepalive
 no cdp enable
 service instance 1 ethernet
  encapsulation default
  bridge-domain 1
 !
!        
interface GigabitEthernet1
 no ip address
 speed auto
 duplex auto
 negotiation auto
 no keepalive
 no cdp enable
 service instance 2 ethernet
  encapsulation default
  bridge-domain 2
 
  interface POS0
 no ip address
 no keepalive
 pos mode gfp
 no cdp enable
 service instance 1 ethernet
  encapsulation default
  bridge-domain 1
 !       
!        
interface POS1
 no ip address
 no keepalive
 pos mode gfp
 no cdp enable
 service instance 2 ethernet
  encapsulation default
  bridge-domain 2
 !       
!        

次に ML-MR-10 カード設定を見てわかるようにこれはその間のギガビットイーサネットポートおよび POS ポートおよび同じブリッジドメイン間の共有サービス 例を作成します。

SDH/SONET 回線構成はここに示されていませんが、POS 0 から POS 0 および POS 1 から POS 1.間の回線を作成する必要があります。 回線の帯域幅は必要条件によって決まります。

スイッチのための設定

interface Port-channel1
 switchport trunk encapsulation isl
 switchport trunk allowed vlan 17
 switchport mode trunk
 
interface GigabitEthernet0/0
 switchport trunk encapsulation isl
 switchport trunk allowed vlan 17
 switchport mode trunk
 channel-protocol lacp
 channel-group 1 mode active
!        
interface GigabitEthernet0/1
 switchport trunk encapsulation isl
 switchport trunk allowed vlan 17
 switchport mode trunk
 channel-protocol lacp
 channel-group 1 mode active

スイッチ設定はかなり単純ですが、注意するべき 1 つの事柄は switchport trunk encapsulation isl コマンドです。 、このコマンドなしで、行プロトコルが起動しないので明示的にこのコマンドを設定して下さい。 これは ML-MR-10 が Inter-Switch Link Protocol (ISL)モードをサポートするという理由によります。

: ソリューション 1 で与えられる ML-MR-10 設定も使用することができます。

それ以上のクエリに関しては、Cisco Technical Assistance Center (TAC)に連絡して下さい。

: 詳細については Cisco テクニカル サポート Webページにログイン するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Ciscoワールドワイドコンタクツ Webページにアクセスして下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118679