セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

SNMP を使用して WSA アプライアンスの CPU使用のモニタ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問

どのように SNMP を使用して WSA アプライアンス配備の CPU使用を監視する必要がありますか。

著者:Cisco TAC エンジニア。

環境

WSA アプライアンス配備

解決策

WSA 配備の健全性の監視の一部分は CPU使用を監視しています。 CPU使用はモニタリングの容易さのための SNMP によって露出されます。

SNMP MIB の関連した部分は .1.3.6.1.4.1.15497.1.2.3.1.5.0 の OID の cacheBusyCPUPct と、指名されます。 この OID をポーリングすることは 0 と 10,000 間の整数値情報という結果に、パーセントの第百に表現されて終ります。 たとえば、347 という値は 3.47% の CPU使用を示します。

CPU使用は最後の 10 秒のすべてのプロセスに使用されるデバイスの利用可能 な CPU のパーセントと定義されます。 これには下記のものが含まれます。

  • OS カーネル
  • 主要な HTTP プロキシ プロセス
  • 反malware スキャン エンジン
  • URL 分類および WBRS エンジン
  • ロギングおよびレポート
  • Web UI および CLI
  • 他の雑多なプロセス

この値は外観レポートと「比率」コマンドによって CLI の Web UI で露出される値に類似したであるはずです。 違いはわずかであるはずで 3 つの場所間のサンプリング時間のわずかな相違点を示します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118415