?????? : Cisco ONS 15454 M6 Multiservice Transport Platform (MSTP)

ECU 設定例の ONS 15454 M6 UDC ポート

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco ONS 15454 M6 の外部 接続 ユニット(ECU)で利用可能であるユーザのデータ チャネル(UDC)ポートの使用を説明したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア、Sunil Poonia

前提条件

要件

以下についての知識をお持ちの上でこの文書をお読みになることを推奨します。

  • マルチサービス転送する プラットフォーム(MSTP)システム、概念およびハードウェア
  • Cisco Transport Controller (CTC)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • ONS 15454 M6、ONS 15454 M6 ECU、および ONS 15454 M TNC
  • 光カード結合/分割 Optical Supervisory Channel (OSC)
  • CTC

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

ECU は ONS 15454 M6 シェルフの上に置かれる交換可能なモジュールです。 ECU モジュールは外部シェルフ ユニットのコンポーネントを検出し、管理します。 それはまた複数のシェルフ管理接続および時間同期化を処理します。

ONS 15454 M6 シェルフのために利用可能 な ECU モジュールには 3 つの型が即ち ECU (部品番号(PN)あります: 15454-M6-ECU=)、ECU2 (PN: 15454-M6-ECU2=)、および ECU-60V (PN: 15454-M6-ECU-60=)。

: このモジュールについてのその他の情報のための Cisco ONS 15454 ハードウェアインストールガイドの Reference セクション 5.7。

ECU モジュールで利用可能 な 2 つの UDC ポートがあります。 各ポートは別の転送する ノード コントローラ(TNC)カードによって管理され、設定されます。 左側のポートは slot-1 の TNC と関連しています。 右側の別のポートは slot-8 の TNC と関連しています。

ポートの位置はここに示されているようにあります:

高密度波長分割多重(DWDM) セットアップ

UDC ポートのアプリケーションをついて理解しておくために、距離にある互いに接続される 2 つの M6 ノードの例を想像して下さい。 これらのノードの名前が A および B.であることを仮定して下さい。

イメージで示されているこれら二つのノードは典型的な DWDM ノードです; それらは 2 つの光ファイバ繊維の使用と互いに接続されます。 管理に関しては、これらのノードは OSC を使用します。

OSC は DWDM ネットワークの管理のためにだけ使用する Transport Overhead 使用される光 チャネル バイトです。 OSC は 1510 nm 波長に別途の光 シグナル常にです。 それはオプティカル ファイバに送信される前に、実際のトラフィックを運ぶ、それから遠端で分かれます他のチャネルによって結合され。 イメージでは、OSC は Node-A で結合され、ノードB でまた逆も同様分かれます。

OSC 使用が STM-1 か OC-3 セットアップの種類に基づいてであるオーバーヘッド バイト。 D3 バイトのリジェネレータ セクション オーバーヘッドへの D1 は OSC によって DWDM ノード間の通信を提供するために使用されます。 バイトの他および STM-1 または OC3 のペイロードは OSC によって使用されないし、他の目的のために使用することができます。

アプリケーションの

STM-1 または OC-3 のペイロード ECU 使用で利用可能 2 つのノード間のトンネルを提供するためにである UDC ポート。 トンネルに 100Mbps の帯域幅キャパシティがあります。

UDC のアプリケーションをついて理解しておくのをよりよく助けるいくつかの例はここにあります。

例 1

このトポロジーに示すように、2 台のコンピュータは各 Node-A およびノードB の ECU の UDC ポートで接続されます。 コンピュータは両方ともトンネルによって互いに接続します 100Mbps の帯域幅を提供する。 このトンネルが透過的であるので、2 台のコンピュータが互いに接続された場合と同じです。 このセットアップは同じ方法 2 サーバが互いに接続することができるです。

この例では、OSC の STM-1 および OC-3 のペイロードバイトから 100Mbps を得ます。

例 2

このトポロジーに示すように、2 人のルータは ONS 15454 M6 シャーシの UDC ポートの使用と互いに接続されます。 この UDC トンネルによって、ルータは遠い距離にあるのに、管理され、接続されます。

例 3

スイッチポートは UDC によって 2's トポロジー例で示されていると同様に互いに接続することができます。

制限事項

VLAN タグ付けされたトラフィックは ECU にある UDC または VoIP ポートでサポートされません。 これはトランクで設定される 2 つのスイッチポートが ECU の UDC ポートによって互いに接続されるとき、トランクインターフェイスで設定される VLAN を渡せないことを意味します。

: Cisco ONS 15454 DWDM コンフィギュレーション ガイドG.23 インターフェイス Ports セクションを、リリース 9.8 参照して下さい。

設定

ONS 15454 M6 の ECU に 2 つの UDC ポートがあります。 左側の UDC ポートは slot-1 の TNC カードから設定可能常にであり、右側の UDC ポートは slot-8 の TNC カードから設定可能常にです。

: 関連 TNC カードは使用中であるはずです。 TNC Small Form-Factor Pluggable (SFP) ポートからの修正は行われ、UP 状態にあるはずです。

UDC コンフィギュレーションは OSC が TNC カードの SFP ポートで提供されるときだけサポートされます。

提供するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Node View (シングル シェルフ モード)または Shelf ビュー(multishelf ビュー)では、UDC および VoIP を設定したいと思う TNC カードをダブルクリックして下さい。

  2. プロビジョニング > UDC/VOIP タブをクリックして下さい。

  3. サービス タイプ ドロップするドロップするリストから、UDC を選択して下さい。

    : TNC カードごとの 1 つの SFP ポートだけの UDC か VoIP を一度に設定できます。 第 2 SFP ポートの UDC か VoIP を設定したいと思う場合最初のポートのためのサービス タイプ ドロップダウン リストから『None』 を選択 し、次に第 2 ポートのための UDC か VoIP を選択して下さい。



  4. [Apply] をクリックします。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

これ以外のクエリについては、シスコ テクニカル アシスタンス センター(TAC)にお問い合わせください。

: 詳細については Cisco テクニカル サポート Webサイトにログイン するか、または国のための料金無料テクニカル サポート数のディレクトリを得るために Ciscoワールドワイドコンタクツ Webページにアクセスして下さい。

関連情報



Document ID: 118599