セキュリティ : Cisco Web セキュリティ アプライアンス

SNMP を使用して WSA の予防的にパフォーマンスの監視

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

質問

SNMP 監視ツールを通してどの値が予防的に監視します Cisco Web セキュリティ アプライアンスのパフォーマンスを確認することができますか。 しきい値アラートはどんなレベルで設定する必要がありますか。

著者:Cisco TAC エンジニア。

回答

Cisco Web セキュリティ アプライアンスを監視するとき、SNMP ポーリングのための最も重要な項目は次の通りです:

  • Client 要求/第 2
    • cacheThruputNow (.1.3.6.1.4.1.15497.1.2.3.7.1.1)
    • どたん場の要求 スループット
  • 応答時間
    • cacheTotalRespTimeNow (.1.3.6.1.4.1.15497.1.2.3.7.9.1)
    • キャッシュはどたん場の応答時間を合計します
  • CPU使用
    • cacheBusyCpuUsage (.1.3.6.1.4.1.15497.1.2.3.1.5)
    • CPU のパーセント忙しい時間

各顧客 の 環境は変わるので、飛び地がベースライン期間の間にあるかどうか見るために一定ある一定の時間にわたるベースライン作業統計機構を収集することを推奨します。 このベースラインの間に、期間にところ最大化される Client 要求/秒注意して下さい。 応答時間および可能性としては CPU使用に対応した徹底的な増加があった場合、これはこの特定の環境のピーク パフォーマンスを表す可能性があります。 それ以上のテストし、モニタリングはこの最高レベルを確認するために実行された必要があります。

ベースラインの後で期間は経過し、特定の最大 ピークは Client 要求 /second で観察されませんでした、人工的に 10% から目的を警告 するための最も高い観察された Client 要求/秒の 25% の閾値を設定 することを推奨しますあります。

パフォーマンスの監視および次のハードウェア の 状態の SNMPトラップを送信 するために警告仕様は別として超過したしきい値はまた、Cisco Web セキュリティ アプライアンス設定することができます:

デフォルトで有効

  • RAID ステータス 変更
  • ファン障害
  • 高温
  • キー有効期限
  • リンク
  • リンク
  • 電源の状態変更
  • アップデート失敗
  • アップストリーム プロキシ失敗

デフォルトでディセーブルにされる

  • 接続失敗
  • 超過する CPU稼働率
  • 超過するメモリ使用

特定のプロキシ CPU使用をチェックする必要がある場合「SNMP を使用して WSA の計算高いプロキシ CPU稼働率」と呼ばれる技術情報をチェックできます。



Document ID: 118421