セキュリティ : Cisco SSL Appliances

バージョン 3.6 または それ 以上に Sourcefire SSL アプライアンス 1500/2000 をイメージ変更して下さい

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はバージョン 3.6 または それ 以上に SSL アプライアンスをイメージ変更するために指示を提供したものです。

Nazmul Rajib およびジュリアン クラークによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

: イメージ変更プロセスはアプライアンスに物理アクセスを必要とします。

使用するコンポーネント

このガイドは次のハードウェアモデルに適用します:

  • SSL アプライアンス 1500
  • SSL アプライアンス 2000 年

はじめに

  • Cisco はイメージ変更する前に外部 ストレージにアプライアンスの設定、ポリシーおよびイベントデータのバックアップを作成することを推奨します。
  • SSL アプライアンスのための適切なイメージ ファイル(のような、3.6 またはより高い)ダウンロードした後、md5sum と Download ページで掲示されるダウンロードされたファイルの md5sum を比較することによってファイルの整合性をチェックして下さい。
  • USB 記憶装置(最小キャパシティ 1 GB)を得て下さい。 イメージング プロセスでは、USB 記憶装置のどの既存のデータでも完全に上書きされます。
  • アプリケーションにアクセスして下さい ISO イメージ ファイルからの起動可能な USB ディスクを作成することができる。
  • SSL アプライアンスにコンソールアクセスを提供します。 シリアルコンソールかモニタおよびキーボード使用することは可能性のあるです。 これらのオプションのための接続はアプライアンスのバックパネルで見つけることができます。

USB 記憶装置にディスクイメージ(.iso ファイル)を書いて下さい

Windows

Windows を使用している場合、USB 棒に .iso ファイルを書くのに使用しているソフトウェアのためのドキュメントを参照して下さい。

Linux および Mac OSX (「dd を使用して」)

1. イメージングのために使用するコンピュータに USB 記憶装置をプラグインして下さい。

2. USB 記憶装置のためのブロック デバイス パスを判別して下さい。

Linux では、パスは通常 X がオペレーティング システムによって割り当てられる /dev/sdX です。 デバイスの識別の 1 方式は USB デバイスを取り付ける前後にマウント コマンドを実行することです。 USB デバイスを取り付けた後リストされている新しいデバイスは USB デバイスにパスを表示する。

警告: 確信を持ってデバイスにパスを判別することができない場合支援に関してはサポートに連絡して下さい。

Mac OSX で、ブロック デバイス パスを判別するのに次のプロシージャを使用して下さい:

  • この Mac についての Apple メニュー> 行って下さい。
  • 『More』 をクリック して下さい情報を…
  • クリックして下さいシステム レポートを…
  • ハードウェアの下で、USB を選択して下さい。
  • USB デバイス ツリーの下で、USB 記憶装置を選択して下さい。
  • 下記の詳細では BSD Name フィールドのエントリを書き留めて下さい。 この値はブロック デバイス パス /dev/XX の代わりになります。

3. コマンド ライン インターフェースを使用する、ルート(メモとして次のコマンドを実行して下さい: 大文字/小文字の区別がある):

Linux OS

root@linux:~# dd if=</path/to/iso> of=<block device path> bs=1M; sync

Mac OSX

sh-3.2# dd if=</path/to/iso> of=<block device path> bs=1m

警告: 不正確なブロック デバイス パスが規定 される場合、規定 された ディスクのデータは失われます。

4. アンマウントしか、または USB 記憶装置を出し、次にコンピュータからプラグを抜いて下さい。 Linuxシステムのコマンド・ラインからの USB 棒をアンマウントするために、次のコマンドを使用して下さい:

root@linux:~# umount <block device path>

SSL アプライアンスをイメージ変更して下さい

1. SSL アプライアンスのフロントパネルの USB インターフェイスに USB 記憶装置をプラグインして下さい。

2. SSL アプライアンスをリブートして下さい。

3. 地虫メニューはコンソールで現われます。 (地虫が現われなければ: アプライアンスをリブートして下さい; ブートアップの間に F11 を押して下さい; USB デバイスを選択して下さい; そして『Enter』 を押して下さい。) 製造 DOM Install メニュー オプションを選択し、『Enter』 を押して下さい。

図 1: 製造 DOM が付いている地虫メニューは、選択されるオプションをインストールします。

4. 完了するために DOM インストールを待って下さい(図を 2)参照して下さい。 プロンプト表示された場合、アプライアンスが自動的にリブートすることができるように手動で SSL アプライアンスをリブートするか、または 10 秒を待って下さい。

図 2: リブートする前の完了された DOM インストール、ちょうど。

5. システムが再度ブートする プロセスの間にシャットダウンするとき USB 記憶装置のプラグを抜いて下さい。

6. 地虫メニューがコンソールで現われるとき、ファクトリを再インストールしオプションを、『Enter』 を押します選択して下さい。

図 3: ファクトリが付いている地虫メニューは、選択されるオプションを再インストールします。

7. 完了するためにファクトリ再インストール プロセスを待って下さい。 拭く HD ステージの間に数分を待つと期待して下さい(図を 4)参照して下さい。

図 4: ファクトリ再インストール プロセスの拭く HD ステージの間のコンソール。

8. インストールプロセスが完了する(ときアプライアンスが自動的にリブートすることができるように図を 5)参照しますか、手動で SSL アプライアンスをリブートするか、または 10 秒を待って下さい。

図 5: リブートする前の完了されたファクトリ再インストール、ちょうど。

9. SSL アプライアンスが起動したら、検出するに LCD パネルをマネージメントインターフェイスの IP アドレス(DHCP がネットワークで利用できたら)、または手動で IP アドレスを設定 するために使用して下さい。

10. マネージメントインターフェイスの IP アドレスを使用する、ブートストラップ プロセスを完了するために SSL アプライアンスの Web ユーザ ユーザー・インターフェースにアクセスして下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118653