セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

ESA/SMA/WSA のハード ドライブを交換して下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に 1U および 2U アプライアンスのハード ドライブを交換する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

2U アプライアンスのハード ドライブを交換して下さい

ESA: C3x0、C6x0、X10x0

SMA: M6x0、M10x0

WSA: S3x0、S6x0

2U アプライアンスの RAID は基づくハードウェアです。  ハード ドライブは熱い取り外し可能およびホットスワップ対応です。

  1. 正常な動作の間に、オリジナル ハード ドライブの掛け金を外し、取除いて下さい。
  2. RMA ハード ドライブを挿入し、インポートに受けとって下さい。

短い時刻以降に、光は点滅し始めま RAID コンテナーを再製されています示します。 改造が起こっている間、より多くの RAID アラートを受け取ることができます-これは正常です。 改造は使用中システムのメール スループットを遅らせるかもしれませんが正常な動作に他では効果をもたらしません。 このプロセスは少数の時間がかかる場合があります。 それが完了した後、RAID アラートはもはや発生するはずです。

: 2つ以上のハード ドライブが失敗する場合、1 つのハード ドライブだけ一度に交換して下さい。  RAID 改造が交換される最初のハード ドライブから完了するまで第 2 ハード ドライブを交換しないで下さい。 バージョンの CLI からの RAID ステータスを監視できます。

レイアウトを、例駆動して下さい:

示されている *X1070

: 示されているように X1070 は完全に読み込まれたアプライアンスです。  すべてのアプライアンス モデルが完全に読み込まれたドライブ ベイ設定がありません。  未使用湾のためのドライブ トレイ挿入があります。  アプライアンスによって利用されないのでこれらの湾にハード ドライブを取除きませんでしたり、または挿入しないで下さい。

1U アプライアンスのハード ドライブを交換して下さい

ESA: C170

SMA: M170

WSA: S170

: ESA C160、SMA M160、または WSA S160 のハード ドライブは RMA のために適格ではないです。  アプライアンスが有効なサポート 契約の下でそれでもカバーされる場合、アプライアンスは取り替える必要があります。

C170、M170 および S170 の RAID は基づくソフトウェアです。 それは熱い取り外し可能ですが、ホットスワップ対応ではないです。  ハード ドライブ LED が失敗を示すハード ドライブは確かであるために電源が入れられる間、取除くことができます。 RMA ハード ドライブは電源が入れられる間、挿入するべきではありません。

  1. どのハード ドライブがフロントパネル ドライブ LED のか橙色/レッドである検知によって失敗したか確認して下さい。
    • 0 のほかの LED は一番下ドライブ障害を必要とする置換示し。
    • 1 のほかの LED は上ドライブ障害を必要とする置換示し。
  2. 電源が入れられる間、不良なハード ドライブを出すためにハード ドライブ ケージのためのボタンを押して下さい。
  3. アプライアンスをシャットダウンして下さい。
  4. RMA ハード ドライブを挿入し、インポートに受けとって下さい。
  5. アプライアンスの電源。

RAID は再製されているが、RMA ハード ドライブにそれの暗室灯があります。

レイアウトを、例駆動して下さい:

示されている *C170

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118568