セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

送信側 確認ない、「ドメインが」エンベロープ 送信側

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要 

メール ログでは、「エンベロープ 送信側 ドメインのためのエラーが」。ないことを見るかもしれません

著者:Cisco TAC エンジニア。

説明

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)は送信側 アドレスのドメインのための MXレコード クエリを送信します。 それはそれから MX レコードの A レコード ルックアップを行います。 、これらのクエリの何れかのために、DNSサーバ戻りの NXDOMAIN が」非存在ように(このドメインのためのレコードがありません)、ESA そのドメインを扱えば。 これは「ドメインが」。ないエンベロープ 送信側のカテゴリに分類されます  NXDOMAIN はルート名サーバがこのドメインに権限ネーム サーバを提供していないことを意味できます。

例:

 Mon Nov 20 10:50:05 2006 Info: New SMTP ICID 1605269 interface InternalNet
(10.101.150.43) address 192.168.23.36 reverse DNS host small-mail.example.com
verified yes
 Mon Nov 20 10:50:05 2006 Info: ICID 1605269 ACCEPT SG UNKNOWNLIST match
sbrs[0.0:10.0] SBRS 3.5
 Mon Nov 20 10:50:05 2006 Info: ICID 1605269 Address: < jane@example.com> sender
rejected, envelope sender domain does not exist
 Mon Nov 20 10:50:05 2006 Info: ICID 1605269 lost
 Mon Nov 20 10:50:05 2006 Info: ICID 1605269 close

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118556