会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

TMS 自動ログオンははたらきません

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco TelePresence Management Suite(TMS)の自動ログオン機能が動作しないためにかかもしれませんなぜ原因を記述したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア。

自動ログオンははたらきません

時々自動ログオンが Cisco TMS ではたらかない、ユーザ名 および パスワードのためにプロンプト表示されます問題に直面し。 統合認証を用いる単一 サインオンは Webブラウザ、URL およびネットワーク 互換性を必要とします。

: Microsoft Windows にログオンするのに使用されるユーザ名 および パスワードを Cisco TMS にログオンするのに使用されています確認して下さい。

互換性のある ブラウザ

自動ログオンは Microsoft Windows の Internet Explorer (IE)でサポートされましたり、ブラウザのインターネット オプションセキュリティ設定およびゾーンが無効原因であるかもしれません。 これは IE のより信頼されたセキュリティ ゾーンに Cisco TMS サーバを追加するか、またはゾーンのセキュリティ設定のユーザ認証設定を変更すれば修正することができます。

Mozilla Firefox は単一 サインオンをデフォルトでサポートしません、そうするために設定することができます:

  1. URL フィールドでは、: 構成
  2. フィルタ フィールドでは、型 ntlm
  3. ダブルクリックか右クリック network.automatic-ntlm-auth.trusted-uris 設定を修正するため。
  4. Cisco TMS ドメインを打ち込んで下さい。 より多くのドメインを追加する必要がある場合領域なしでカンマとそれらを分けて下さい。
  5. [OK] をクリックします。 変更はすぐに加えられます。

互換性のある URL

自動ログオンはマシンのための正しい内部 完全修飾ドメイン名 (FQDN)にマッピング する URL の使用を、サーバのちょうど正しい IP アドレス必要とします。

たとえば、マシンが CORPTMS2.example.int と名付けられ、IP アドレスが 43.33.23.2 なら、そして自動ログオン:

  • ユーザが http://CORPTMS2.example.int/tms を入力する場合可能性のあるです
  • ユーザが http://43.33.23.2/tms を入力する場合可能性のあるではないです

ドメイン ネーム システム(DNS)名の使用 IP アドレスにマッピング する、ない内部 FQDN は、自動ログオンを可能にしませんが。

たとえば 43.33.23.2tms.example.com をマッピング して いれば DNS A レコードがあればそして http://tms.example.com/tms を入力するユーザは自動的にログオンできません。 これはマシンのアクティブ ディレクトリ FQDN 名前にの代りに IP アドレスにアドレス マップ直接という理由によります。

 

互換性のあるネットワーク

Web プロキシが含まれているネットワークは頻繁に統合認証が Web プロキシが横断されるように要求しない内部ネットワークのために設計されていたので Kerberos または Windows NT LAN Manager (NTLM)認証方式を壊します、統合認証を使用不可能にする。 この場合、Webブラウザおよび Webサーバは次の利用可能 な 認証方式をネゴシエートします。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118385