会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

TMS インストールは Microsoft SQL 2008 インストールの失敗が原因でと失敗します

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は構造化照会言語 (SQL) 2008 年のインストールの失敗による Cisco TelePresence Management Suite(TMS)をインストールするとき見つけられるエラーを記述したものです。 それはまたこの問題を解決する方法を詳述します。

Alok Jaiswal によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

背景説明

Cisco TelePresence Management Suite(TMS)は tmsng と指名される SQL データベースで顧客データをすべて保存します。 この完全独立 ストレージはカスタマー情報の便利なバックアップ と リカバリーを可能にします。

新しいインストールに関しては、インストーラは SQL サーバ デフォルトで tmsng を作成します。 アップグレードは Cisco 現在の TMS データベースを再使用します。

SQL Server のバージョン

これらのサーババージョンの 1 つが必要となります:

問題

TMS インストールはインストーラを実行すると失敗します。 インストール フェーズでは SQL インストールを経営するとき、それはこのエラーと中間停止します。

インストーラを再度実行するとき、部分的にインストール済み SQL を検出する、sa パスワードを入力するためにプロンプト表示します。 しかしそれを入力した後、エラーメッセージが再度現れます。

原因

SQL 2008 インストール ログはここに見つけることができます: C:\Program ファイル(x86)\Microsoft SQL Server\100\Setup ブートストラップ\ログ。

インストールは停止するとき、インストール ログのための特定のフォルダを作成します。 フォルダでは、detail.txt と名付けられるファイルがあります。 インストールが SQL のために失敗するとき、このエラーは現われます。

2014-11-09 06:29:55 Slp: Error result: -2068643839
2014-11-09 06:29:55 Slp: Result facility code: 1203
2014-11-09 06:29:55 Slp: Result error code: 1
2014-11-09 06:29:55 Slp: Sco: Attempting to create base registry key HKEY_LOCAL_
MACHINE, machine
2014-11-09 06:29:55 Slp: Sco: Attempting to open registry subkey
2014-11-09 06:29:55 Slp: Sco: Attempting to open registry subkey Software\Microsoft\
PCHealth\ErrorReporting\DW\Installed
2014-11-09 06:29:55 Slp: Sco: Attempting to get registry value DW0200
2014-11-09 06:30:29 Slp: Submitted 1 of 1 failures to the Watson data repository
2014-11-09 06:30:38 Slp: Detected localization resources folder: 1033
2014-11-09 06:30:38 Slp: Detected localization resources folder: 1033

このエラーはユーザにこのレジストリキーの完全 な 制御がないので発生します: HKLM \ソフトウェア\ポリシー\ Microsoft \ Windows \インストーラ。

解決策

問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. SQL サーバを 2008 R2 アンインストールして下さい。 コントロール パネルに行き、SQL サーバ 2008 年を選択し、右クリックし、Unistall を選択して下さい。 インストールとインストールされるすべての SQL コンポーネントのためのこのプロシージャに従って下さい。

  2. C:\Program ファイル(x86)の下で Microsoft SQL サーバ フォルダを削除して下さい。

  3. システムをリブートします。

  4. システムが稼働していたら、このファイルでインストールを行うユーザを追加して下さい:

    Start | Run | Type: gpedit.msc | OK | Navigate to Computer Configuration\Windows
    Settings\Security Settings\Local Policies\User Rights Assignment\Debug programs




  5. デバッグ プログラムをダブルクリックして下さい。



  6. ユーザを『Add』 をクリック しか、またはインストールを行うユーザをグループ化し、選択して下さい。



  7. [Apply] をクリックします。



  8. システムをリブートし、TMS インストーラを再度実行して下さい。 今回、インストールは正常であるはずです。 

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118683