会議 : Cisco TelePresence Management Suite(TMS)

ユーザ セルフサービス ポータル設定例の TMS スケジューリング インターフェイス

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Unified Communications Manager (CUCM)リリース 10.5 で自己注意ポータルの会議タブ内の Cisco TelePresence Management Suite(TMS) ユーザ ポータルを開くために CUCM を設定するように導入される機能を説明していたものです。

Vivek Kumar Singh によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • CUCM リリース 10.5
  • TMS 予約ポータル

使用するコンポーネント

この資料は CUCM リリース 10.5 に制限 されます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

次の手順を実行します。

  1. 予約 URL へのリンクを得て下さい。 デフォルトは次のとおりです:

    https://IP_ADDR_OF_TMS/tmsagent/tmsportal/?locale=en_US#1
    または
    https://FQDN_OF_TMS/tmsagent/tmsportal/?locale=en_US#1

    この URL は Internet Information Services (IIS)レベルで実行された場合カスタムである場合もあります。 IIS のカスタマイゼーションは Cisco によって推奨されません。

  2. ポータルをスケジュールするテレビ会議のためのサービスを作成するために > ユーザ設定 > UC サービス『User Management』 を選択 して下さい。

  3. このスクリーン ショットに示すように TMS スケジュール URL (門脈 URL)のためのパラメータを設定して下さい。

  4. サービス プロファイルを作成するために、必要条件によって異なるサービスを選択できます。 テレビ会議スケジュール ポータルを確認するために予約するプライマリ ドロップダウン リストからテレビ会議を現われます選択して下さい。

  5. サービス プロファイルを作成した後、このサービスに現われてほしいすべてのユーザにそれを適用して下さい。

    : TMS ユーザ ポータルが自己注意ポータルにきちんと現われない場合、ブラウザはこの機能をサポートしないかもしれません。 この場合、示しますポップアップ ブラウザとして選択して下さい。

    設定結果はここに示されます。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 118480