会議 : Cisco TelePresence Server

TelePresence FAQ: どのように TelePresence サーバからの診断情報を得ますか。

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に TelePresence サーバからの診断情報を得る方法を記述されています。

Cisco TAC エンジニアによって貢献される

TelePresence サーバからの診断情報を得る方法

サポートを要求するとき収集することを必要とするかもしれない TelePresence サーバについての複数の重要な情報があります。 この資料にこの情報を得る方法を説明されています:

  • ソフトウェアのバージョン

  • 診断ファイル

  • システムログおよび設定

  • 呼び出し統計

ソフトウェア バージョンが TelePresence サーバで実行するものを判別する方法

TelePresence サーバにログイン し、ステータスに行って下さい。 ソフトウェア バージョンおよび他の情報はシステム状態 セクションで示されています。

TelePresence サーバからの診断情報を得る方法

TelePresence サーバがリブートする場合、ステータスに行き、診断情報 セクションでダウンロード ファイル リンクを取付けて下さい。 /顧客 カスタマー サポートが連絡する場合ダウンロードされた .zip ファイルすべてを提供する必要があります。 ネットワーク キャプチャ ファイルは TelePresence サーバ クラスタでマスター ブレードだけで利用できます。 問題に直面したらが、TelePresence サーバがリブートしなかったら、トラブルシューティング情報(ログ > イベントログ)のためのイベントログを見て下さい。

TelePresence サーバからのログおよび設定を得る方法

TelePresence 呼び出しを接続するとき問題を経験すれば、カスタマー サポートは H.323/Session 開始 プロトコル(SIP)ログ、イベントログおよびコンフィギュレーション ファイルを供給するように頼むかもしれません。 3 つはすべて 1 ファイルでダウンロードできること提供されます。

: H.323/SIP ロギングはキャプチャ される 情報の高いボリュームが理由で、デフォルトで有効に なりません。 ただしネゴシエーションがこの段階で起こすコールの後の方で動作の説明を助けるかもしれませんので、ログが確立される最初 の 接続を表示することは必要です。 H.323/SIP ロギングを有効に し、次にコールを再生して下さい。

  1. TelePresence サーバにログイン して下さい。

  2. イベント > H.323/SIP ログに行き、H323/SIP ロギングを『Enable』 をクリック して下さい

  3. 壊れるコールを再生して下さい。

  4. 問題を再生した後、Log ページ H.323/SIP をログオンする H323/SIP を『Disable』 をクリック して下さい。

  5. Status ページに行き、システムログ フィールドを見つけ、ファイルを『Download』 をクリック して下さい

    logs.zip ファイルは複数のログファイルおよびコンフィギュレーション ファイルが含まれています。

  6. それを再生するために奪取 したステップおよび問題の説明を含むサポート連絡先にこのファイルを電子メールで送って下さい。

TelePresence サーバから呼び出し統計を集める方法

  1. TelePresence サーバに会議をホストするログイン し、会議に行って下さい

  2. 興味を起こさせられるコールが含まれている会議をクリックして下さい。

  3. 統計情報を収集する必要がある参加要素をクリックして下さい。

    エンドポイント Status ページ ディスプレイ。

  4. 『Statistics』 をクリック して下さい

ヒント: 詳細についてはオンライン ヘルプ トピック ビュー エンドポイントまたはエンドポイント グループ統計情報を参照して下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118429