会議 : Cisco TelePresence Server

ワン・ダイレクションの TelePresence パケットロスおよび悪いオーディオ/視覚品質

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に TelePresence 製品の 1 方向のパケットロスおよび生じるその方向の悪いオーディオ/視覚品質の問題を解決する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco TelePresence IPゲートウェイ(GW) 3500/メディアサービス エンジン(MSE) IPGW ブレード
  • Cisco TelePresence IP ビデオ会議記録(VCR) 2200/MSE VCR ブレード
  • Cisco TelePresence ISDN GW 3200 および 3241/MSE 8310 および 8321 ISDN ブレード
  • Cisco TelePresence Mulitpoint 制御 装置(MCU) 4200/MSE 8420
  • Cisco TelePresence MCU 4500
  • Cisco TelePresence MSE 8510 ブレード
  • Cisco TelePresence Server
  • Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)
  • Cisco TelePresence シリアル GW 3340/MSE 8330 ブレード

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco TelePresence IP GW 3500/MSE IPGW ブレード
  • Cisco TelePresence IP VCR 2200/MSE VCR ブレード
  • Cisco TelePresence ISDN GW 3200 および 3241/MSE 8310 および 8321 ISDN ブレード
  • Cisco TelePresence MCU 4200/MSE 8420
  • Cisco TelePresence MCU 4500
  • Cisco TelePresence MSE 8510 ブレード
  • Cisco TelePresence Server
  • Cisco TelePresence ビデオ コミュニケーション コミュニケーション・サーバ
  • Cisco TelePresence シリアル GW 3340/MSE 8330 ブレード

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

1 方向のパケットロスおよび悪いオーディオ/視覚品質を経験します。

解決策

1 方向の大量のパケットロスに出会う場合、これはネットワークで二重モード の ミスマッチによりによってどこかに引き起こすことができます。

  • 二重モード の ミスマッチはイーサネットケーブルの一端の装置が機器からの別の双方向設定をもう一方で備えていると発生します。

    : 多くの場合デュプレクスモードは 2 つの装置の間でオート・ネゴシエートされます; ただし、オート ネゴシエーションはデバイスが両方とも自動に設定 される場合その時だけはたらきます。 1 つのデバイスが自動に設定 され、他に他のどの設定もあれば、オート デバイスは 100/Half でそれ自身を設定します。 ミスマッチ問題のもっとも一般的な原因は 1 つのデバイスが 100/Full に設定 される他が自動に設定 される シナリオであり。



  • IP 上のビデオ会議に新しい場合、ネットワークで二重モード の ミスマッチがしばらくあるかもしれません。 TCPトラフィックは見過ごされた渡すかもしれないが UDP トラフィックは失われますそれによって減速します。
  • ルートの各デバイスに多数の ping の使用のルート上のパケットロスを検出することができる複数のツールがあります。 この情報は二重モード の ミスマッチがあるデバイスを取付けるのを助けます。 ケーブルの各終わりにデバイスが同じスピード/デュプレックス設定を備えていたりまたは自動へ両方のセットであるようにデバイス設定を変更して下さい。

    • Codian Cisco 得られたデバイスで、これはネットワーク > ポート A およびネットワーク > ポート B ページで設定 されます。 詳細については、オンライン ヘルプを参照して下さい。

    • Cisco VC で、これはイーサネット ページ(システム > イーサネット)で設定 されます。 Cisco は両方とも 1000/Full に設定 されれば スイッチがオート・ネゴシエートすることができなければ Cisco VC およびイーサネット スイッチが両方自動に設定 されることを推奨します。


Document ID: 118431