コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX 音声 CSQ 要約レポート 新しい 機能 設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にスーパバイザ 音声 Contact Service Queue (CSQ)要約ライブ Data レポートに新しい待っている連絡先カラムを追加するために Cisco Unified Contact Center Express (UCCX)バージョン 10.0 および 10.5 を設定する方法を記述されています。

ライアン LaFountain、Cisco TAC エンジニア、および Prasanna Channagouda によって貢献される、Cisco 設計。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

待っている連絡先フィールドを設定するために、UCCX バージョン 10.0 または 10.5 の Cisco Finesse デスクトップは使用する必要があります。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

新しい待っている連絡先カラムはキューで待っている連絡先を表示するために使用されます。

: このカラムは Cisco UCCX バージョン 10.6 のデフォルト スーパバイザ 音声 CSQ 要約ライブ Data レポートへ標準付加です。 

この追加の列を示す例はここにあります:

設定

Cisco UCCX バージョン 10.0 および 10.5 をスーパバイザ 音声 CSQ 要約ライブ Data レポートに待っている連絡先カラムを追加するために設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. インストールの時に定義されたアプリケーション管理者として Cisco Unified Intelligence Center にログイン して下さい:



  2. Reports タブを拡張するために『Reports』 をクリック して下さい:



  3. Reports タブから、貯蔵するために > 統一し CCX ライブ データ > スーパバイザを、右クリックしスーパバイザ フォルダを、『Create』 をクリック します下位範疇をナビゲート して下さい:





  4. セキュリティ > ユーザー権限へのナビゲート:



  5. 権限からのための『Reports』 を選択 して下さい: ドロップダウン メニューはストックの下で > 統一した CCX ライブ データ > Supervisorin を左パネルにある用レポート フォルダー作成した下位範疇を選択し、:



  6. 右 の パネルの AllUsers.ReportingUsers をクリックして下さい:



  7. 許可を『Set』 をクリック し、ポップアップ ウィンドウに現われるチェックし、それから『OK』 をクリック して下さい Execute チェックボックスを:



  8. 右 の パネルの AllUsers.Supervisors をクリックし、許可を『Set』 をクリック し、ポップアップ ウィンドウに現われるチェックし、それから『OK』 をクリック して下さい Execute チェックボックスを:



  9. レポート > ストック> 統一し CCX ライブ データ > スーパバイザを、右クリックし音声 CSQ 要約レポートを、作成した下位範疇のこのレポートを保存するために『Save As』 をクリック します ナビゲート して下さい:



  10. 開くタブの View を『Edit』 をクリック して下さい:



  11. 意見を表示するタブが開くクリックし、次に『Edit』 をクリック して下さいときスナップショット オプション ボタンを:



  12. 待っている連絡先を利用可能 なフィールド一覧から選択し、現在のフィールド一覧にそれを移動して下さい。 グリッドの望ましい順序を設定 し、次に『SAVE』 をクリック して下さい:



  13. セキュリティ > ユーザー権限にナビゲート し、権限からのための『Reports』 を選択 して下さい: ドロップダウン メニュー:



  14. ナビゲートはへの、それから、ストックの下で > 統一した CCX ライブ データ > 左パネルのスーパバイザを作成した下位範疇の生成された レポ ート最近選択し:



  15. 右 の パネルの AllUsers.ReportingUsers をクリックして下さい:



  16. 許可を『Set』 をクリック し、ポップアップ ウィンドウに現われるチェックし、それから『OK』 をクリック して下さい Execute チェックボックスを:



  17. 右 の パネルの AllUsers.Supervisors をクリックし、許可を『Set』 をクリック し、ポップアップ ウィンドウに現われるチェックし、それから『OK』 をクリック して下さい Execute チェックボックスを:



  18. New レポートをエクスポートし、ZIP ファイルを抽出し、テキストエディタをレポート名前の XML ファイルを開くのに使用して下さい。

  19. スナップショット ビュー用の新しいビュー ID を見つけ、記録して下さい。 これを達成するために、ファイルの <name>Snapshot</name> を捜し、対応した <CuicGrid> ノードの下に <id> ノードの値を記録して下さい。

    次 の 例はスナップショット ビューの XML データを示します。 この場合、太字の値は新しいビュー ID です:

    -<CuicGrid id="3"><id>3191223510000149000002A20A4E5B35</id><version>3</version>
    <parentRpt reference="1" class="CuicReport"/><name>Snapshot</name><description/>
  20. Cisco Finesse 管理 コンソールにログイン して下さい:



  21. デスクトップ レイアウト タブをクリックして下さい:



  22. デフォルト XML レイアウトを表示するために技巧レイアウト XML をクリックして下さい。

  23. <role>Supervisor</role> レイアウトの下の VoiceIAQStats 小道具では、ビュー ID を新しいものと取り替え、XML を保存して下さい。

    次に例を示します。

    <layout><role>Supervisor</role>

    ...<id>queueData</id><label>finesse.container.tabs.supervisor.queueDataLabel</label>
    <columns><column><gadgets><gadget>https://localhost:8444/cuic/gadget/LiveData/
    LiveDataGadget.jsp?gadgetHeight=310&viewId=3191223510000149000002A20A4E5B35&
    filterId=VoiceIAQStats.esdName=CL</gadget>

確認

設定を確認するために、Cisco Finesse スーパバイザ デスクトップおよびログインから再度署名して下さい。 待っている連絡先カラムはキュー Data タブ音声 CSQ 要約レポートで今表示する必要があります:

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。



Document ID: 118690