サービス品質(QoS) : DiffServ

6500/7600 の(SUP720)設定例における均一 MPLS DiffServ トンネリング モード

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は Supervisor Engine SUP720 Policy Feature Card 3 (PFC3)がある 7600/6500 のルータ Cisco で完了する必要がある最低限の設定ステップを記述したものです。 これらのステップが必要となりますマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)のために利用可能 な均一差別化サービス(DiffServ)トンネリング モードを設定し、確認するためにあります。

ジャイナ教 Ruchir によって貢献される Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • VPN のための MPLS および MPLS

  • IP 優先順位、Type of Service (ToS)および DiffServ に関連している概念

  • モジュラ QoS コマンド ライン インターフェース CLI (MQC)を使用する QoS パケット マーキングおよび分類

使用するコンポーネント

PE ルータおよび CEルータとして機能する Cisco 2911 ルータとして機能するこの文書に記載されている情報は Cisco 7600 ルータに基づいています。 ただし、この資料は特定のソフトウェア および ハードウェア バージョンに制限 されません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

背景説明

この資料はネットワーク管理者が 7600/6500 SUP720 PFC3 の均一 MPLS DiffServ モードを設定するのを助けることを向けます。 資料の他に関しては、「MLS QoS」が 6500/7600 のルータでグローバルに 有効に なることが仮定されます。

デフォルト動作


Figure 1

パケットに関しては 6500/7600 ルータの LAN モジュールを入力する、デフォルトの動作は QoS 値を信頼することではないです。 これは Differentiated Services Code Point (DSCP) 3 のパケットが PE1 を入力するとき、PE1 はこの DSCP を信頼しないし、ゼロと等しい内部DSCP値を設定 することを意味します。 実験値(EXP)を得るために MPLS 側の方のパケット出力 PE1 が、PE1 内部DSCP値を使用し、貼られるすべての MPLS ラベルのこの EXP 値(この場合ゼロ)を設定 する時。

6500/7600 ルータは一番外レイヤ3 (L3)カプセル化の QoS マーキングしかしないことができます。 MPLS 状況への IP では一番外 L3 カプセル化は MPLS です、従って QoS マーキングは MPLS ラベルでだけされ、IP ヘッダーはそのまま残ります。 こういうわけでインターフェイスで設定された信頼文がなかったのに IP ヘッダーで維持される DSCP 3 を見ます。

均一トンネルモード

DiffServ トンネリング 均一モードに QoS のエンドツーエンドに達する 1 層だけあります。


図2

ラベルのインポジション(IP > ラベル)

  • 着信 IP パケットの IP 優先順位が、プッシュされたすべてのラベルの MPLS EXP ビットにコピーされます。

  • DSCP ビットの最初の 3 ビットはすべてのプッシュされたラベルの MPLS EXP ビットにコピーされます。

  • この手法は ToS Reflection(TOS の反映)とも呼ばれています。

MPLS フォワーディング(ラベル > ラベル)

  • EXP は交換されたり/プッシュされる新しいラベルにコピーされます転送されるか、または課されたとき。

  • ラベル インポジションで、下にあるラベルは現在のラベルスタックに追加される新しいラベルの値と修正されません。

  • ラベルのディスポジション(disposition)では、新たに表れるようになったラベルの EXP ビットに、取り外したラベルの EXP ビットはコピーされません。

ラベル(ラベル > IP)の開封

ラベル ディスポジションで、EXP ビットは最近露出された IPパケットの IP precedence/DSCP フィールドにコピーされます。 6500/7600 ルータにおける均一モードを有効に するために、このツー ステップ設定が必要となります:

  1. PE-CE インターフェイスの入力のイネーブル信頼。

    信頼文が CE の方に設定 するかわりに、直面するインターフェイスの下で IP ヘッダーで現在の QoS 値からゼロへの内部 DSCP、デバイス得る内部 DSCP を設定された後。 この内部DSCP値が今出力で EXP 値を得るのに使用されています。 一番外 L3 カプセル化のだけ変更が完了すると同時にパケット出力が PE1 デバイス、IP ヘッダーの QoS 値そのまま残る時。


    図 3

    IP オペレーションへの MPLS の出力 PE のちょうどこの設定によって、デバイスは MPLS ヘッダから IP ヘッダーに実験値をコピーしません。 そうするために、次 の ステップにリストされている追加設定が必要となります。

  2. PE-CE インターフェイスの出力のイネーブル プロパゲート COS。

    出力 PE-CE インターフェイスで均一モードの設定を完了するために設定される必要性非表示 interface level コマンド MPLS プロパゲート COS があります。 このコマンドは MPLS ヘッダの EXP 値から IP DSCP 値を得、次に IP ヘッダーのこの値を書き換えます。

    PFC は VPN のすべてのインターフェイスに有効に なる EXP 伝搬がある場合その時だけ EXP 値を伝搬させます。 これは隠しコマンドがはたらく伝搬のためにバーチャルルーティングおよびフォワーディング(VRF)のすべてのインターフェイスにある必要があることを意味します。 また集約 VPN ラベルのために、再循環場合の EXP 伝搬はどの出力 インターフェイスを最終的なパケットが使用するか MPLS 隣接関係が知っていないのでサポートされないかもしれません。

    この設定の後で、均一モードコンフィギュレーションは完了した、示される結果は図 2 実現します。

設定

: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

  1. PE-CE インターフェイスの入方向のポート トラストを設定して下さい。

    入力ポートの信頼 状態を設定するために、この表のステップを完了して下さい:

     
    コマンド
    目的

    ステップ 1

    Router(config)# インターフェイス{{型スロット/ポート} | {ポートチャンネル番号}}

    インターフェイスを設定するために選択します。

    ステップ 2

    ルータ(config-if) # MLS QoS 信頼[DSCP | IP 優先順位 | cos]

    ポートの信頼 状態を設定します。

    ルータ(config-if) # MLS QoS 信頼無しデフォルト信頼 状態に戻ります(信頼できない)。

    手順 3

    ルータ(config-if) #

    コンフィギュレーションモードを終了します。

    ステップ 4Router# show mls QoS [IPv6]設定を確認します。
  2. PE-CE インターフェイスの出方向のプロパゲート COS を設定して下さい。出力 PE ルータを顧客が直面 した インターフェイスで設定するために、この表のステップを完了して下さい:

     
    コマンド
    目的

    ステップ 1

    Router(config)# インターフェイス{{型スロット/ポート} | {ポートチャンネル番号}}

    インターフェイスを設定するために選択します。

    ステップ 2

    ルータ(config-if) # MPLS プロパゲート COS

    根本的な IP DSCP に EXP 値の伝搬を有効に します。

    手順 3

    ルータ(config-if) #

    コンフィギュレーションモードを終了します。

    IP に EXP 伝搬を設定するとき、この情報に注意して下さい:

    • MPLS プロパゲート COS は隠しコマンドであり、コマンドを完全に入力する必要があるかもしれません。
    • VRF 他では伝搬のすべてのインターフェイスに現在である MPLS プロパゲート COS 必要は実施されません。

    この例に MPLS プロパゲート COS キーワードで PE2 のギガビットイーサネットポート 1/1 を設定する方法を示されています:

    PE2# configure terminal
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    PE2(config)# interface gigabitethernet 1/1
    PE2(config-if)# mpls propagate-cos
    PE2(config-if)# end
    PE2#

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連情報



Document ID: 118643