セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

TLS 配信問題を解決する TLSVERIFY の使用

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に TLS 配信問題を解決するのに TLSVERIFY を使用する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)で処理するメールに関連して TLS がであることがわかるかもしれエラーかアラートを渡さないか、または戻します。

アプライアンスの CLI からアプライアンスから外部ドメインに TLS 通信をテストするために、使用は tlsverify

mail3.example.com> tlsverify
 
Enter the TLS domain to verify against:
[]> example.com
 
Enter the destination host to connect to. Append the port
(example.com:26) if you are not connecting on port 25:
[example.com]> mxe.example.com:25
 
Connecting to 1.1.1.1 on port 25.
Connected to 1.1.1.1 from interface 10.10.10.10.
Checking TLS connection.
TLS connection established: protocol TLSv1, cipher RC4-SHA.
Verifying peer certificate.
Verifying certificate common name mxe.example.com.
TLS certificate match mxe.example.com
TLS certificate verified.
TLS connection to 1.1.1.1 succeeded.
 
TLS successfully connected to mxe.example.com.
TLS verification completed.

上記の出力はからのコマンドを示しますこのアプライアンスから IP アドレス 1.1.1.1 が付いている宛先に TLS 確認を tlsverify

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118581