音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity 接続 TIMG は呼び出しを正しくルーティングしません

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はまたは PBX IP メディア ゲートウェイ(PIMG) T1 スレーブ IP メディア ゲートウェイに(入る呼び出しが TIMG)正しくルーティングされませんとき問題を記述したものです。 PBX がボイスメール アクセスのための Unity 接続に統合ことができるように TIMGs および PIMGs は可能にします。 いくつかの PBX はこの統合が簡易メッセージ デスク インターフェイス(SMDI)、MCI、または MD-110 によってあることを必要とします。 これはそれを呼び出し情報が PBX からの TIMG または PIMG へのシリアルポート接続によって渡されることを意味します。 ためにシリアルケーブルが接続する PIMG マスターでか TIMG は設定されます。 必要な他の TIMGs または PIMGs がある場合これらはスレーブでおよび呼び出し情報のためのマスターへの外観をために設定されます。

著者:Cisco TAC エンジニア、Scott Hills

問題

マスターおよびスレーブ設定の 2つ以上の TIMGs/PIMGs があります。 コールがマスターに入って来るとき、コールは適切な Unity 接続音声メール ボックス メッセージに転送されます。

マスター PIMG からのページのスクリーン ショット例はここにあります:

ただし、コールがスレーブ TIMG に入って来るときコールは開始グリーティングによって応答されます。 コールは開始グリーティングに TIMG からの Unity 接続に送信 される勧誘に「転換がないので転送します: 」どのメールボックス 拡張 コールがに行く必要があるか言う中行。

マスターで見られる呼び出し情報の例はここにあります:

08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     0D
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     0A
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     4D
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     44
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     30
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     30
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     30
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     30
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     30
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     30
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     31
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     4E
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     31
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     39
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     31
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     38
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     20
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     39
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     31
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     39
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     33
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     33
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     33
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     33
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     34
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     38
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     35
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     20
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     0D
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     0A
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Code     siSrvSerialInputEvent
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     From Serial: 0D 0A 4D 44 30 30 30 30 30 30 31
4E 31 39 31 38 20 39 31 39 33 33 33 33 34 38 35 20 0D 0A 19 00
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Prot     19
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Code     siSrvPrcCpidFromSwitch ltn = 1,
src=9133333485, Dst = <NULL>, Redir = 1918, Reason = NoAns
08-28 17:54:28.078 [SiIp      ] Code     sertrans_ServerLocateClient 1
08-28 17:54:28.078 [SiIp      ] Code     sertrans_ServerLocateClient 1=client1
08-28 17:54:28.078 [SiIp      ] Code     _TaskMainClientReceive received data 516
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Code     serial_client_cb
08-28 17:54:28.078 [Si        ] Code         SI_TYPE_CPID 1:NoAns (9193333485->->1918)
08-28 17:54:28.078 [Tel-1     ] Code     GetChannelFromLogicalChannelNum
LogicalChanNum 0 span 0 channel 1
08-28 17:54:28.078 [Tel-1     ] Code     t1casReportNewCpid
08-28 17:54:28.078 [Tel-1     ] Event    Cpid (9193333485,->,->1918,) (NoAns)
08-28 17:54:28.078 [Tel-1     ] Warn     t1casReportNewCpid err: no call for cpid
08-28 17:54:28.078 [Tel-1     ] Code     t1casReportNewCpid saving pre-call cpid for
serial
08-28 17:54:29.195 [SiIp      ] Code     _TaskMainServerReceive(4) received 516 bytes
08-28 17:54:29.195 [SiIp      ] Code     _TaskMainServerReceive(4) keep-alive 1
received
08-28 17:54:29.195 [SiIp      ] Code     _TaskMainServerReceive(4) sending keep-alive
response

問題の例は誘いますスレーブで見られてここにあります:

08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     <----INVITE sip:Anonymous@14.48.4.88:5060 SIP/2.0
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     From:"Anonymous"<sip:Anonymous@14.48.4.92:5060;
user=phone>;vnd.pimg.port=1;tag=133B324631353641000BCF02
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     To:"Anonymous"<sip:Anonymous@14.48.4.88:5060>
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Contact:<sip:14.48.4.92:5060>
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Content-Type:application/sdp
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Supported:replaces,early-session,100rel
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Allow:INVITE,BYE,CANCEL,REFER,NOTIFY,OPTIONS,
REGISTER,INFO,ACK,PRACK
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Expires:120
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Call-ID:02061555D6F5009A000012BC@test.local
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     CSeq:1 INVITE
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Max-Forwards:70
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     User-Agent:PBX-IP Media Gateway
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Via:SIP/2.0/UDP 14.48.4.92:5060;
branch=z9hG4bKDC0A05314DD4ED48CEEEA72BD196FC38
08-28 17:54:30.453 [VoIP      ] Prot     Content-Length:245

これは呼び出し情報をマスター TIMG/PIMG へのシリアルケーブルを渡って転送されるが、Logical Terminal Number (LTN) 情報は T1 中央認証サービス(CAS)のポートと物理的 な コールが入った調和しませんので起こります。

解決策

TIMG で、> シリアル > スイッチ プロトコル各ポートのための論理展開数を設定するために『Configuration』 を選択 して下さい。

PBX 設定からの TIMG LTN およびポート番号を一致する。 PBX にチャネル T1 CAS 回線利用率どの LTN かどれを示す表があります。 PBX からのこの情報を最初に判別し、TIMG でそれをそれに応じて設定 して下さい。 マスター チャネル 1-24 のために LTN 1-24 およびスレーブ チャネル 1-24 のための LTN 25-48 を使用することは可能性のあるです。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118443