セキュリティ : Cisco AMP for Endpoints

ウィンドウズオペレーティングシステムの FireAMP コネクタをアップグレードして下さい

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

FireAMP コネクタの新しい バージョンはパフォーマンスを改善し、バグをフィックスし、新しい 機能を追加するために時々リリースされます。 この資料は方法で手順を組織を渡って配置される FireAMP コネクタをアップグレードする提供したものです。

Nazmul Rajib およびアレキサンダー Dipasquale によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

Cisco は以下の製品のナレッジがあることを推奨します:

  • FireAMP パブリック Cloud
  • Windows のための FireAMP コネクタ

: 管理者アクセス権は Windows でコネクタをインストールして必要です。

設定

手動アップグレード

新しい バージョンをダウンロードし、管理者としてコンピュータで実行することによって FireAMP コネクタを手動でアップグレードできます。

コネクタ バージョンをアップデートして下さい

最新バージョンをダウンロードしたことを確かめるために、下記のようにステップに従って下さい:

1. アカウント > ビジネスへのナビゲート。

2. デフォルト製品バージョンが最も遅くとして設定 されることを確認して下さい。 そうでなかったら、ビジネス設定を変更するために『Edit』 をクリック することができます。

3. 編集ビジネス ページで、デフォルト コネクタ バージョンを最も遅くとして選択し、設定をアップデートするために Update ボタンをクリックして下さい。

コマンド・ライン スイッチ

コマンド・ライン スイッチを実行したいと思う場合コマンド・ライン プロンプトからのインストールを始めて下さい。 スイッチを使用してコマンド・ラインからインストーラを実行する場合、無言でインストールを完了するために /S スイッチを提供しなければ、まだユーザインターフェイスを参照します。 プロンプト表示されないどんなに、まだ再度ブートするが必要となります。

スイッチを含みたくない場合 Windowsエクスプローラからインストーラを実行できユーザインターフェイスを起動させます。

: 再度ブートするがサービス、ドライバおよびファイルがすべての最新バージョンであることを確認するために必要となります。

ポリシーによる配備

注意: ポリシーによってアップグレードするとき、デフォルト スイッチはインストールのために使用され、前のバージョンのために使用したスイッチを使用しません。

ポリシーへの変更を行なうことによってコンピュータの所定のグループのための FireAMP のバージョンをアップグレードできます。 これらのオプションは一般 > 製品の更新の下で見つけることができます。

設定する必要がある FireAMP ポリシーの製品の更新のためのオプションは下記にあります:

製品バージョン: これはにアップグレードしたいバージョンです。

アップデート サーバ: このオプションは自動的に設定されます。

Update ウィンドウを開始して下さい: これはコネクタがアップグレードの実行と任せられること時点です。

端 Update ウィンドウ: これはコネクタがアップグレードの実行ともはや任せられないこと時点です。

再度ブートする: 再度ブートするが FireAMP アップグレードを完了するために必要となります。

  • 選択したらリブートしないで下さい、ソフトウェアは再度ブートするの後までのシステムで動作することを再開しません。
  • 選択したらリブートすることを頼んで下さい FireAMP アップグレードを完了するように再度ブートするを要求しているユーザはトレイのメッセージを受け取ります。

: メッセージはユーザインターフェイスがポリシーで有効に なる場合その時だけ現れます。

  • 2 分後に再度ブートするを『Force』 を選択 する場合、ユーザは保留中の再度ブートするが設定 されたことを示すシステムメッセージを受け取ります。

 

更新間隔: これは Tetra 定義更新に適用し、FireAMP コネクタ バージョンアップグレードと関連していません。

サード パーティ ツールを使用する配備

Cisco は FireAMP コネクタを配置するためにサード パーティ ツールの使用方法をサポートしません。

確認

ハートビート間隔によっては、コネクタはアップグレードが有効に なり、バックグラウンドでアップグレードを無言で行うこと識別できます。 ユーザインターフェイスがポリシーで有効に なる場合、受け取る唯一の確認はアップグレードが進行中であることを示すトレイのバブル メッセージです。

さらに、再始動は再度ブートする オプションを有効に する場合プロンプトを現われます必要としました。 さもなければサービスが実行されていないことに注意します。

トラブルシューティング

インストールにおいての問題があるためにそれはよくないが問題が発生する場合次の作業を行うことができます:

インストールプロセスの間にローカルシステムで生成されるインストールが失敗した場合、immpro_install.log ファイルを見つけて下さい。 ファイルはさまざまな場所にあるかもしれません。 このファイルのためのもっとも一般的な 位置は次のとおりです:

%TEMP%
%WINDIR%\Temp

ファイルがディレクトリのにない場合、ファイル名をハード ドライブを捜して下さい。 ファイルを見つけることができない場合管理者の資格情報が付いている FireAMP コネクタをインストールするように試みたこと、そしてログまたはテンポラリファイルの書き込みを防いだソフトウェアがないことを確かめて下さい。

immpro_install.log ファイルを見つけたら、詳細事項に関しては Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。

関連資料


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118610