セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

アプリケーション エラーは何を」意味するために共有される/VTLStatus.py 「か。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は「共用/VTLStatus.py」アプリケーション エラーを記述したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア。

アプリケーション エラーは何を」意味するために共有される/VTLStatus.py 「か。

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)で、この問題に関連しているアラート テキストの 2 つの主要なバリアントがあります:

An application fault occurred:
('shared/VTLStatus.py getVTLstatus|42', "<type
'exceptions.UnboundLocalError'>", "local variable 'fp' referenced
before assignment", '[shared/VTLStatus.py getVTLstatus|42]')
An application fault occurred:
('shared/VTLStatus.py getVTLstatus|37', "<type
'exceptions.UnboundLocalError'>", "local variable 'vtl_score_pattern'
referenced before assignment", '[shared/VTLStatus.py getVTLstatus|37]')

このアプリケーション エラーはウイルス発生フィルター ステータスのグラフィカル表示だけに影響を与える一時問題です。 アラートはプロセスと共に発行されますアプライアンスで頻繁に実行する。 従ってそのように ESA のパフォーマンスに嵌入的である問題なしで少数のアラートを、受け取ることは可能性のあるで安全に無視することができます。

Cisco の推奨事項は ESA の AsyncOS の電流およびサポート対象バージョンを実行するようにすることです。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 118563