セキュリティ : Cisco E メール セキュリティ アプライアンス

アプリケーション エラー「shared/VTLStatus.py」の意味

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、「shared/VTLStatus.py」アプリケーション エラーについて説明します。

著者:Cisco TAC エンジニア。

アプリケーション エラー「shared/VTLStatus.py」の意味

Cisco E メール セキュリティ アプライアンス(ESA)では、この問題に関連するアラート テキストの主立ったものとして、次の 2 種類があります。

An application fault occurred:
('shared/VTLStatus.py getVTLstatus|42', "<type
'exceptions.UnboundLocalError'>", "local variable 'fp' referenced
before assignment", '[shared/VTLStatus.py getVTLstatus|42]')
An application fault occurred:
('shared/VTLStatus.py getVTLstatus|37', "<type
'exceptions.UnboundLocalError'>", "local variable 'vtl_score_pattern'
referenced before assignment", '[shared/VTLStatus.py getVTLstatus|37]')

このアプリケーション エラーは、ウィルス アウトブレイク フィルタのステータスのグラフィカル表現だけに影響する一時的な問題です。 このアラートは、アプライアンスで頻繁に実行されるプロセスに関連して発行されます。 このため、複数のアラートを受信することがありますが、この問題は ESA のパフォーマンスには影響しないため、無視しても安全上の問題はありません。

ESA でサポートされている最新バージョンの Async OS が稼動していることを確認するようお勧めします。

関連情報



Document ID: 118563